AWS Database Migration Service とは - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Database Migration Service とは

AWS Database Migration Service (AWS DMS) は、リレーショナルデータベース、データウェアハウス、NoSQL データベース、その他の種類のデータストアを移行できるようにするクラウドサービスです。AWS DMS を使用して、データの AWS クラウド への移行や、クラウドとオンプレミスセットアップを組み合わせたものの間でのデータ移行ができます。

AWS DMS を使用すると、ソースデータストアの検出、ソーススキーマの変換、データの移行ができます。

  • ソースデータインフラストラクチャの検出には、DMS Fleet Advisor を利用できます。このサービスは、オンプレミスのデータベースと分析サーバーからデータを収集し、AWS クラウドに移行できるサーバー、データベース、スキーマのインベントリを構築します。

  • 別のデータベースエンジンに移行する場合、DMS Schema Conversion を使用できます。このサービスは、ソーススキーマを自動的に評価して、新しいターゲットエンジンに変換します。AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) をローカル PC にダウンロードして、ソーススキーマを変換するという方法もあります。

  • ソーススキーマを変換し、変換したコードをターゲットデータベースに適用した後、AWS DMS を使用してデータを移行できます。1 回限りの移行を実行したり、継続的に変更をレプリケートしてソースとターゲットの同期を維持したりすることができます。AWS DMS は AWS クラウド の一部であるため、AWS のサービスが提供するコスト効率性、市場投入の迅速化、セキュリティ、柔軟性も得られます。

基本レベルの場合、AWS DMS はレプリケーションソフトウェアを実行する AWS クラウド 内のサーバーとなります。お客様は、ソースとターゲット間の接続を作成して、データの抽出元とロード先を AWS DMS に指示します。その後、このサーバーで実行するタスクのスケジュールを設定して、データを移行します。ターゲットにテーブルとテーブルのプライマリキーが存在しない場合、AWS DMS が自動的に作成します。必要に応じて、ターゲットテーブルを手動で事前に作成することもできます。または、 AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用して、ターゲットテーブル、インデックス、ビュー、トリガーなどの一部またはすべてを作成することもできます。

次の図は、AWS DMS のレプリケーションプロセスを説明しています。


            AWS DMS の開始方法
リファレンス

AWS DMS が実行する移行タスク

AWS DMS は、移行プロジェクトに伴う困難なタスクや手間のかかるタスクの多くをユーザーに代わって実行します。

  • 従来のソリューションでは、キャパシティ分析の実行、ハードウェアとソフトウェアの調達、システムのインストールと管理、インストールのテストとデバッグが必要となります。AWS DMS は、移行に必要となるすべてのハードウェアとソフトウェアのデプロイ、管理、モニタリングを自動的に管理します。AWS DMS 設定プロセスを開始してから数分以内に移行を実行できます。

  • AWS DMS を使用すると、実際のワークロードに合わせて、必要に応じて移行リソースをスケールアップ (またはスケールダウン) できます。例えば、ストレージの追加が必要であると判断した場合、割り当て済みのストレージを簡単に増やして、移行を、通常は数分以内に再開できます。

  • AWS DMS は従量制料金モデルを採用しています。前払いの購入費用や継続的なメンテナンスコストが必要となる従来のライセンスモデルとは異なり、使用した AWS DMS リソースに対してのみ課金されます。

  • AWS DMS は、ハードウェアとソフトウェア、ソフトウェアのパッチ適用、エラーレポートなど、移行サーバーをサポートするすべてのインフラストラクチャを自動的に管理します。

  • AWS DMS は、自動フェイルオーバーを提供します。何らかの理由でプライマリレプリケーションサーバーに障害が発生した場合、サービスをほとんどまたはまったく中断させることなく、バックアップレプリケーションサーバーが引き継ぐことができます。

  • AWS DMS Fleet Advisor は、データインフラストラクチャのインベントリを自動的に作成します。DMS Fleet Advisor は、移行候補を特定して、移行計画に役立つレポートを作成します。

  • AWS DMS Schema Conversion は、ソースデータプロバイダーの移行の複雑さを自動的に評価します。また、データベーススキーマとコードオブジェクトをターゲットデータベースと互換性のある形式に変換して、変換済みのコードを適用します。

  • AWS DMS を使用すると、現在実行しているデータベースエンジンよりコスト効率に優れた最新のデータベースエンジンに切り替えられます。例えば、AWS DMS を使用すると、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) や Amazon Aurora が提供するマネージドデータベースサービスを活用できます。または、Amazon Redshift が提供するマネージドデータウェアハウスサービス、Amazon DynamoDB などの NoSQL プラットフォーム、または Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) などの低コストストレージプラットフォームに移行することもできます。逆に、古いインフラストラクチャから移行しても同じデータベースエンジンを引き続き使用する場合のプロセスも AWS DMS はサポートします。

  • AWS DMS は、現在最も人気のある DBMS エンジンのほぼすべてをソースエンドポイントとしてサポートしています。詳細については、「データの移行のソース」を参照してください。

  • AWS DMS では、幅広い範囲のターゲットエンジンが利用できます。詳細については、「「データ移行のターゲット」」を参照してください。

  • サポート対象の任意のデータソースから、サポート対象の任意のデータターゲットに移行できます。AWS DMS は、サポートされているエンジン間での異種データ移行を完全にサポートしています。

  • AWS DMS を使用すると、データ移行の安全性が確保できます。保存中のデータは AWS Key Management Service (AWS KMS) 暗号化を使用して暗号化されます。移行時は、Secure Socket Layer (SSL) を使用して、ソースからターゲットに移動する転送中のデータを暗号化できます。