AWS Database Migration Service のクォータ - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Database Migration Service のクォータ

以下で、リソースクォータと命名に関する制約について説明します。AWS Database Migration Service(AWS DMS).

データベースの最大サイズ。AWS DMSが移行できるかどうかは、いくつかの要因によって異なります。ソース環境、ソースデータベースのデータのディストリビューション、ソースシステムの使用頻度などがあります。

ご利用のシステムがAWS DMSそれをテストすることです。設定を実行するため徐々に開始します。次にいくらか複雑なオブジェクトを追加します。最後に、テストとして全負荷を試みます。

AWS Database Migration Service のリソースクォータ

ERAAWSアカウントには、各AWS数上の地域AWS DMSリソースを作成します。リソースのクォータに達すると、そのリソースを作成するための追加の呼び出しは、失敗して例外が発生します。

以下の表に一覧表示されています。AWS DMSリソースとそのクォータAWSリージョン。

リソース デフォルトのクォータ
API リクエストスロットリング 1 秒あたり 100 リクエストの最大数
API リクエストのリフレッシュレート 1 秒あたり 4 回のリクエスト
ユーザーごとのレプリケーションインスタンス 60
レプリケーションインスタンスの合計ストレージ容量 30,000
ユーザーごとのイベントサブスクリプション 60
ユーザーごとのレプリケーションサブネットグループ 60
レプリケーションサブネットグループあたりのサブネット 60
ユーザーごとのエンドポイント 1000
レプリケーションインスタンスごとのエンドポイント 100
ユーザーごとのタスク 600
レプリケーションインスタンスごとのタスク 200
ユーザーごとの証明書 100

API リクエストのスロットリングクォータとリフレッシュレートの詳細については、API リクエストの調整について

ストレージの 30,000 GBクォータは、AWS DMSレプリケーションインスタンスのAWSリージョン。ターゲットとソースの同期が間に合わなかった場合に変更をキャッシュするためや、ログ情報を保存するために、このストレージは使用されます。

API リクエストの調整について

AWS DMSは、変化するが、最大 API 要求クォータを 1 秒あたり 100 回の API 呼び出しでサポートしています。つまり、API リクエストがこのレートを超えるとスロットルされます。また、かかる時間に応じて、1 秒あたり API 呼び出しを少なくすることができますAWS DMSをクリックして、別の API リクエストを行う前にクォータを更新します。このクォータは、API 呼び出しを直接行う場合と、AWS DMSマネジメントコンソール。

API リクエストのスロットリングがどのように機能するかを理解するには、AWS DMSは、API リクエストを追跡するトークンバケットを維持します。このシナリオでは、バケット内の各トークンを使用して、1 つの API 呼び出しを実行できます。バケットには一度に 100 個以下のトークンを含めることができます。API 呼び出しを行うと、AWS DMSがバケットから 1 つのトークンを削除します。1 秒以内に 100 個の API 呼び出しを行うと、バケットは空になり、別の API 呼び出しを試みる試みは失敗します。API呼び出しを行わない1秒ごとに、AWS DMSは、バケットに 4 つのトークンを追加します。トークンは最大 100 個です。これはAWS DMSAPI リクエストのリフレッシュレート。スロットリング後の任意の時点で、バケットにトークンが追加されると、呼び出しが再びスロットルされるまで、トークンと同じ数の追加の API 呼び出しを使用できるようになります。

使用している場合AWS CLIを使用してスロットルされた API 呼び出しを実行し、AWS DMS次のようなエラーを返します。

An error occurred (ThrottlingException) when calling the AwsDmsApiCall operation (reached max retries: 2): Rate exceeded

ここ,AwsDmsApiCallの名前です。AWS DMSスロットルされた API 操作 (たとえば、DescribeTableStatistics。その後、スロットルを回避するために、十分な遅延の後に再試行または別の呼び出しを行うことができます。

注記

Amazon EC2 などの他のサービスによって管理される API リクエストの調整とは異なり、AWS DMS。