AWS DMSのメンテナンスウィンドウの操作 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DMSのメンテナンスウィンドウの操作

すべての AWS DMS レプリケーションインスタンスには週次のメンテナンスウィンドウが用意されており、その期間内に、利用可能なシステムの変更が適用されます。メンテナンスウィンドウは、変更やソフトウェアのパッチなどが実行されるタイミングをコントロールする機会と考えることができます。

特定の週の間にメンテナンスが必要であると AWS DMS が判断する場合、メンテナンスは、レプリケーションインスタンスの作成時に選択した 30 分のメンテナンス時間中に行われます。AWS DMS は、30 分のメンテナンス時間中にほとんどのメンテナンスを完了します。ただし、大規模な変更の場合より長い時間がかかる場合があります。

レプリケーションインスタンスを作成したときに選択した 30 分のメンテナンスウィンドウは、それぞれに割り当てられた 8 時間の中で選択されます。AWSリージョン。レプリケーションインスタンスの作成時に希望のメンテナンスウィンドウを指定しない場合、AWS DMS では、ランダムに選択した曜日にメンテナンスウィンドウを割り当てます。マルチ AZ 配置を使用するレプリケーションインスタンスの場合、メンテナンスを完了するにはフェイルオーバーが必要になる場合があります。

次の表に、各のメンテナンスウィンドウを示しますAWSをサポートするリージョンAWS DMS。

リージョン 時間ブロック
アジアパシフィック (シドニー) リージョン 12:00~20:00 UTC
アジアパシフィック (東京) リージョン 13:00~21:00 UTC
アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン 17:30 ~ 01:30 UTC
アジアパシフィック (ソウル) リージョン 13:00~21:00 UTC
アジアパシフィック (シンガポール) リージョン 14:00~22:00 UTC
カナダ (中部) リージョン 06:29 ~ 14:29 UTC
中国 (北京) リージョン 06:00~14:00 UTC
中国 (寧夏) リージョン 06:00~14:00 UTC
欧州 (ストックホルム) リージョン 23:00~07:00 UTC
欧州 (フランクフルト) リージョン 23:00~07:00 UTC
リージョン ‐ 欧州 (アイルランド) 22:00~06:00 UTC
欧州 (ロンドン) リージョン 06:00~14:00 UTC
欧州 (パリ) リージョン 23:00~07:00 UTC
南米 (サンパウロ) リージョン 13:00~21:00 UTC
米国東部 (バージニア北部) リージョン 600 03:00~11:00 UTC
米国東部 (オハイオ) リージョン 03:00~11:00 UTC
米国西部 (北カリフォルニア) リージョン 06:00~14:00 UTC
米国西部 (オレゴン) リージョン - 600 06:00~14:00 UTC
AWS GovCloud (米国西部) 06:00~14:00 UTC

既存の移行タスクにおけるメンテナンスの効果

インスタンスで AWS DMS 移行タスクが実行されている場合、パッチが適用されると次のイベントが発生します。

  • 移行タスクのテーブルで継続的な変更フェーズ (CDC) のレプリケートを実行している場合、AWS DMS は、パッチが適用されている間、タスクを一時停止します。その後、パッチが適用されると、移行は中断されたところから再開します。

  • パッチの適用時に AWS DMS がテーブルを移行中の場合、AWS DMS はテーブルの移行を再開します。

メンテナンスウィンドウ設定の変更

AWS Management Console、AWS CLI、または AWS DMS API を使用して、メンテナンスウィンドウの時間を変更できます。

メンテナンスウィンドウの時間枠は、AWS Management Console を使用して変更できます。

コンソールを使用して優先メンテナンスウィンドウを変更するには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開きAWS DMSコンソール ()https://console.aws.amazon.com/dms/v2/

  2. ナビゲーションペインで [Replication instances] を選択します。

  3. 変更するレプリケーションインスタンスを選択してから、[Modify] を選択します。

  4. [Maintenance] タブを展開し、メンテナンスウィンドウの日時を選択します。

  5. [Apply changes immediately] を選択します。

  6. [Modify] を選択します。

必要なメンテナンスウィンドウを調整するには、以下のパラメータを指定して AWS CLI modify-replication-instance コマンドを使用します。

  • --replication-instance-identifier

  • --preferred-maintenance-window

以下のようになりますAWS CLIの例では、メンテナンスウィンドウを火曜日の午前 4:00 から 4:30 UTC に設定します 。

aws dms modify-replication-instance \ --replication-instance-identifier myrepinstance \ --preferred-maintenance-window Tue:04:00-Tue:04:30

必要なメンテナンスウィンドウを調整するには、以下のパラメータを指定して AWS DMS API の ModifyReplicationInstance アクションを使用します。

  • ReplicationInstanceIdentifier = myrepinstance

  • PreferredMaintenanceWindow = Tue:04:00-Tue:04:30

次のコード例では、メンテナンスウィンドウを火曜日の午前 4:00 から 4:30 UTC に設定します。。

https://dms.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyReplicationInstance &DBInstanceIdentifier=myrepinstance &PreferredMaintenanceWindow=Tue:04:00-Tue:04:30 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-09-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140425/us-east-1/dms/aws4_request &X-Amz-Date=20140425T192732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=1dc9dd716f4855e9bdf188c70f1cf9f6251b070b68b81103b59ec70c3e7854b3