パブリックおよびプライベートレプリケーション インスタンス - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パブリックおよびプライベートレプリケーション インスタンス

レプリケーションのインスタンスに、インスタンスがソースデータベースとターゲットデータベースへの接続に使用するパブリックまたはプライベート IP アドレスがあるかどうかを指定できます。

プライベート レプリケーション インスタンスには、レプリケーション ネットワーク外からアクセスできないるプライベート IP アドレスがあります。ソースとターゲットのデータベースの両方が、レプリケーション インスタンスの VPC に接続されている同じネットワーク内にあるとき、レプリケーション インスタンスを使用します。ネットワークは VPN、AWS Direct Connect、VPC ピア接続を使用して VPC に接続できます。

VPC ピア接続は、同じネットワーク内にあるかのように各 VPC のプライベート IP アドレスを使用してルーティングできるようにする、2 つの VPC 間のネットワーキング接続です。VPC ピアリングの詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の「VPC ピアリング」をご参照ください。

パブリック レプリケーション インスタンスは、レプリケーション インスタンスの VPC セキュリティグループ、レプリケーション インスタンスのパブリック IP アドレス、または NAT ゲートウェイのパブリック IP アドレスを使用できます。これらの接続によって、データ移行に使用するネットワークが形成されます。