レプリケーションインスタンスを再起動する - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レプリケーションインスタンスを再起動する

AWS DMS レプリケーションインスタンスを再起動して、レプリケーションエンジンを再開できます。再起動すると、レプリケーションインスタンスは一時的に機能停止になります。その間、インスタンスのステータスは [Rebooting] に設定されます。AWS DMS インスタンスがマルチ AZ 用に設定されている場合、再起動はフェイルオーバーにより実行できます。再起動が完了すると、AWS DMS イベントが作成されます。

あなたのAWS DMSインスタンスはマルチ AZ 配置の場合は、計画的なフェイルオーバーを 1 つのAWS再起動時にアベイラビリティーゾーンを別のアベイラビリティーゾーンに設定します。の計画的なフェールオーバーを強制する場合AWS DMSインスタンス、AWS DMSは、別のアベイラビリティーゾーンでスタンバイインスタンスに自動的に切り替わる前に、現在のインスタンスでアクティブな接続を閉じます。計画されたフェールオーバーで再起動すると、計画されたフェールオーバーイベントをシミュレートできます。AWS DMSインスタンス (レプリケーションインスタンスクラスをスケーリングする場合など)。

注記

再起動によって、あるアベイラビリティーゾーンから別のアベイラビリティーゾーンへのフェールオーバーが強制されると、アベイラビリティーゾーンの変更が数分間反映されないことがあります。このラグは、AWS Management Consoleへの呼び出しで、AWS CLIおよびAWS DMSAPI.

再起動の発生時にレプリケーションインスタンスで実行されている移行タスクがある場合、データは失われず、再起動が完了するとタスクが再開されます。移行タスクのテーブルがバルクロードの途中の場合 (全ロードフェーズ)、DMS はそれらのテーブルの移行を最初から再開します。移行タスクのテーブルが継続的なレプリケーションフェーズにある場合、再起動が完了するとタスクが再開されます。

ステータスが [AWS DMSAvailable] 状態にない場合、 レプリケーションインスタンスを再起動することはできません。AWS DMS インスタンスは、以前の要求による変更、またはメンテナンスウィンドウのアクションなど、いくつかの理由で使用できない場合があります。AWS DMS レプリケーションインスタンスの再起動に必要な時間は、通常短時間です (5 分未満)。

レプリケーションインスタンスを再起動するには、AWSconsole.

レプリケーションインスタンスを再起動するにはAWSconsole

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開きAWS DMSコンソール ()https://console.aws.amazon.com/dms/v2/

  2. ナビゲーションペインで [Replication instances] を選択します。

  3. 再起動するレプリケーションインスタンスを選択します。

  4. [Reboot] を選択します。

  5. レプリケーションインスタンスの再起動] ダイアログボックスで、[フェイルオーバーで再起動しますか?] を選択します (マルチ AZ 配置のレプリケーションインスタンスを設定した場合で、別のAWSアベイラビリティーゾーン。

  6. [Reboot] を選択します。

レプリケーションインスタンスを再起動するには、以下のパラメータを指定して AWS CLI reboot-replication-instance コマンドを使用します。

  • --replication-instance-arn

例 シンプルな再起動の例

次の AWS CLI の例では、レプリケーションインスタンスを再起動します。

aws dms reboot-replication-instance \ --replication-instance-arn arn of my rep instance

例 フェイルオーバーによるシンプルな再起動の例

次の AWS CLI の例では、フェイルオーバーによりレプリケーションインスタンスを再起動します。

aws dms reboot-replication-instance \ --replication-instance-arn arn of my rep instance \ --force-failover

レプリケーションインスタンスを再起動するには、以下のパラメータを指定して AWS DMS API の RebootReplicationInstance アクションを使用します。

  • ReplicationInstanceArn = arn of my rep instance

例 シンプルな再起動の例

次のコードの例では、レプリケーションインスタンスを再起動します。

https://dms.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=RebootReplicationInstance &DBInstanceArn=arn of my rep instance &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-09-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140425/us-east-1/dms/aws4_request &X-Amz-Date=20140425T192732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=1dc9dd716f4855e9bdf188c70f1cf9f6251b070b68b81103b59ec70c3e7854b3

例 フェイルオーバーによるシンプルな再起動の例

次のコードの例では、レプリケーションインスタンスを再起動し、別のAWSアベイラビリティーゾーン。

https://dms.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=RebootReplicationInstance &DBInstanceArn=arn of my rep instance &ForceFailover=true &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-09-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140425/us-east-1/dms/aws4_request &X-Amz-Date=20140425T192732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=1dc9dd716f4855e9bdf188c70f1cf9f6251b070b68b81103b59ec70c3e7854b3