Serverless AWS DMS の使用 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Serverless AWS DMS の使用

AWS DMS Serverless は、自動プロビジョニング、スケーリング、組み込みの高可用性、 pay-for-use 請求モデルを提供し、運用の俊敏性を高め、コストを最適化する機能です。サーバーレスという特徴により、容量の見積もり、プロビジョニング、コスト最適化、レプリケーションエンジンのバージョン管理やパッチ適用などのレプリケーションインスタンス管理タスクの必要性が最小限に抑えられます。

AWS DMS Serverless では、 の現在の機能 AWS DMS (このドキュメントでは AWS DMS 標準と呼びます) と同様に、エンドポイントを使用してソース接続とターゲット接続を作成します。ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントを作成した後、特定のレプリケーションの設定を含むレプリケーション設定を作成します。このレプリケーションを起動、停止、変更、または削除して、レプリケーションを管理できます。各レプリケーションには、データベース移行の要件に応じて構成できる設定があります。これらの設定は、JSON ファイルまたは の AWS DMS セクションを使用して指定します AWS Management Console。レプリケーション設定の詳細については、AWS DMS 「エンドポイントの使用」を参照してください。レプリケーションの開始後、 AWS DMS Serverless はソースデータベースに接続し、データベースのメタデータを収集してレプリケーションのワークロードを分析します。このメタデータを使用して、 は必要な容量を AWS DMS 計算してプロビジョニングし、データレプリケーションを開始します。

次の図は、 AWS DMS サーバーレスレプリケーションプロセスを示しています。


            AWS DMS サーバーレスレプリケーションの状態

注記

AWS DMS Serverless はデフォルトのエンジンバージョンを使用します。デフォルトのエンジンのバージョンの詳細については、「リリースノート」を参照してください。

AWS DMS Serverless の詳細については、以下のトピックを参照してください。