でのリソースへのタグ付けAWSDatabase Migration Service - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でのリソースへのタグ付けAWSDatabase Migration Service

タグはAWSDatabase Migration Service (AWS DMS) を使用して、リソースにメタデータを追加できます。さらに、これらのタグをAWS Identity and Access Managementへのアクセスを管理する (IAM) ポリシーAWSDMS リソースにどのようなアクションを適用できるかを制御するためにAWSDMS リソースです。最後に、これらのタグを使用して、類似のリソースの費用をグループ化することで、コストを追跡できます。

すべてAWSDMS リソースにはタグ付けできます。

  • 証明書

  • エンドポイント

  • イベントサブスクリプション

  • レプリケーションインスタンス

  • レプリケーションサブネット(セキュリティ)グループ

  • レプリケーションタスク

アンAWSDMS タグは、名前と値のペアです。AWSDMS リソースです。その名前はキーと呼ばれます。キーの値の指定は省略可能です。タグを使用して、任意の情報を割り当てることができますAWSDMS リソースです。たとえば、タグキーを使用してカテゴリを定義し、タグ値をそのカテゴリのアイテムにすることができます。例えば、「project」というタグキーと「Salix」というタグ値を定義して、AWSDMSリソースはSalixプロジェクトに割り当てられています。タグを使用して、AWSEnvironment=test や environment=production などを使用して、テスト用に使用されているような DMS リソースです。関連するメタデータの追跡が簡単になるように、一貫した一連のタグキーを使用することをお勧めします。AWSDMS リソースです。

タグを使用してAWS独自のコスト構造を反映するように法案。そのためには、サインアップして、タグキー値が含まれた AWS アカウントの請求書を取得する必要があります。次に、結合したリソースのコストを見るには、同じタグキー値のリソースに従って請求書情報を整理します。たとえば、複数のリソースに特定のアプリケーション名のタグを付け、請求情報を整理することで、複数のサービスを利用しているアプリケーションの合計コストを確認することができます。詳細については、「」を参照してください。コスト配分タグの使用()AWS Billing and Cost Managementユーザーガイド

EASAWSDMS リソースにはタグセットがあり、それぞれのAWSDMS リソースです。タグセットには、最大 10 個のタグを格納でき、空にすることもできます。タグをAWSリソースに対する既存のタグと同じキーを持つ DMS リソースの場合、古い値は新しい値によって上書きされます。

AWSは、タグに意味を適用しません。タグは文字列として厳密に解釈されます。AWSDMS は、AWSリソースの作成時に使用する設定によっては、DMS リソースが使用されます。

以下のリストでは、AWSDMS タグです。

  • タグキーは、必須のタグ名です。文字列値は、1〜128 文字の Unicode 文字です。「aws:」をプレフィックスとして使用することはできません。または「dms:」. 文字列には、一連の Unicode 文字、数字、空白、「_」、「.」、「/」、「=」、「+」、「-」 (Java 正規表現: "^([\\p{L}\\p{Z}\\p{N}_.:/=+\\-]*)$") を含めることができます。

  • タグ値は、タグの省略可能な文字列値です。文字列値は、1〜256 文字の Unicode 文字です。「aws:」をプレフィックスとして使用することはできません。または「dms:」. 文字列には、一連の Unicode 文字、数字、空白、「_」、「.」、「/」、「=」、「+」、「-」 (Java 正規表現: "^([\\p{L}\\p{Z}\\p{N}_.:/=+\\-]*)$") を含めることができます。

    値はタグセット内で一意である必要はなく、null を指定できます。例えば、project/Trinity と cost-center/Trinity のタグセット内に 1 つのキーと値のペアを使用できます。

「」AWS CLIまたはAWSタグを追加、一覧表示、削除するための DMS APIAWSDMS リソースです。を使用する場合AWS CLIまたはAWSDMS API を使用するには、Amazon リソースネーム (ARN) を指定する必要があります。AWS作業する DMS リソースです。ARN の作成の詳細については、「AWS DMS の Amazon リソースネーム (ARN) の構築」を参照してください。

タグはリソース承認用にキャッシュに格納されます。このため、でのタグの追加や更新AWSDMS リソースには数分かかることがあります。

API

タグを追加、一覧表示、または削除できます。AWSを使用して DMS リソースAWSDMS.

  • タグをAWSDMS リソースを使用するには、 AddTagsToResourceオペレーション.

  • 割り当てられているタグを一覧表示するにはAWSDMS リソースを使用するには、ListTagsForResourceオペレーション.

  • タグを削除するにはAWSDMS リソースを使用するには、RemoveTagsFromResourceオペレーション.

必要な ARN を作成する方法の詳細については、「AWS DMS の Amazon リソースネーム (ARN) の構築」を参照してください。

を使用して XML を操作する場合AWSDMS API では、タグでは以下のスキーマを使用します。

<Tagging> <TagSet> <Tag> <Key>Project</Key> <Value>Trinity</Value> </Tag> <Tag> <Key>User</Key> <Value>Jones</Value> </Tag> </TagSet> </Tagging>

以下の表に示しているのは、使用可能な XML タグとその特性のリストです。キーと値では大文字と小文字が区別されます。たとえば、project=Trinity と PROJECT=Trinity は 2 つの別個のタグです。

タグ付け要素 説明
タグセット タグセットは、Amazon RDS リソースに割り当てられるすべてのタグのコンテナーです。リソースごとに割り当て可能なのは 1 つのタグセットのみです。TagSet を使用するには、AWSDMS.
Tag タグはユーザー定義のキーと値のペアです。1 ~ 10 個のタグをタグセットに含めることができます。
キー

キーはタグの必須の名前です。文字列値は、1〜128 文字の Unicode 文字です。「dms:」をプレフィックスとして使用することはできません。または "aws:"。文字列には、一連の Unicode 文字、数字、空白、「_」、「.」、「/」、「=」、「+」、「-」(Java 正規表現: "^([\\p{L}\\p{Z}\\p{N}_.:/=+\\-]*)$") を含めることができます。

キーはタグセットに対して一意である必要があります。たとえば、タグセットでキーが同じで値が異なるキーと値のペアは使用できません。たとえば、project/Trinity や project/Xanadu は使用できません。

値はタグの省略可能な値です。文字列値は、1〜256 文字の Unicode 文字です。「dms:」をプレフィックスとして使用することはできません。または "aws:"。文字列には、一連の Unicode 文字、数字、空白、「_」、「.」、「/」、「=」、「+」、「-」(Java 正規表現: "^([\\p{L}\\p{Z}\\p{N}_.:/=+\\-]*)$") を含めることができます。

値はタグセット内で一意である必要はなく、null を指定できます。例えば、project/Trinity と cost-center/Trinity のタグセット内に 1 つのキーと値のペアを使用できます。