変更処理の DDL 処理のタスク設定 - AWS Database Migration Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

変更処理の DDL 処理のタスク設定

以下の設定により、AWS DMS が変更データキャプチャ (CDC) 中にターゲットテーブルのデータ定義言語 (DDL) の変更を処理する方法が決まります。変更処理の DDL を処理するタスク設定には、次のものがあります。

  • HandleSourceTableDropped – ソーステーブルが削除されたときにターゲットテーブルを削除するには、このオプションを true に設定します。

  • HandleSourceTableTruncated – ソーステーブルが切り捨てられたときにターゲットテーブルを切り捨てるには、このオプションを true に設定します。

  • HandleSourceTableAltered – ソーステーブルが変更されたときにターゲットテーブルを変更するには、このオプションを true に設定します。

次に、変更処理の DDL を処理するタスク設定が、タスク設定 JSON ファイルにどのように表示されるかを示します。

"ChangeProcessingDdlHandlingPolicy": { "HandleSourceTableDropped": true, "HandleSourceTableTruncated": true, "HandleSourceTableAltered": true },
注記

特定のエンドポイントでサポートされている DDL ステートメントについては、そのエンドポイントを説明するトピックを参照してください。