全ロードタスク設定 - AWS Database Migration Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

全ロードタスク設定

全ロード設定には、以下のものが含まれます。

  • 全ロードセットアップ時にターゲットのロードを処理する方法を指定するには、TargetTablePrepMode オプションに次のいずれかの値を指定します。

    • DO_NOTHING – 既存のターゲットテーブルのデータとメタデータには影響を与えません。

    • DROP_AND_CREATE – 既存のテーブルが削除され、新しいテーブルがその場所に作成されます。

    • TRUNCATE_BEFORE_LOAD – テーブルメタデータに影響を与えずにデータが切り捨てられます。

  • 全ロードが完了するまでプライマリキーや一意のインデックスの作成を遅らせるには、CreatePkAfterFullLoadこのオプションを true に設定します。

  • 全ロードタスクと CDC が有効なタスクの場合、次の Stop task after full load completes のオプションを設定できます。

    • StopTaskCachedChangesApplied – 全ロードが完了してキャッシュされた変更が適用された後にタスクを停止するには、このオプションを true に設定します。

    • StopTaskCachedChangesNotApplied – キャッシュされた変更が適用される前にタスクを停止するには、このオプションを true に設定します。

  • 並行してロードするテーブルの最大数を指定するには、MaxFullLoadSubTasks オプションを設定します。デフォルトは 8、最大値は 49 です。

  • 全ロードオペレーションを開始する前に、AWS DMS がトランザクションのクローズを待機する秒数を設定できます。これを行うには、タスクの開始時にトランザクションが開いている場合は、TransactionConsistencyTimeout オプションを設定します。デフォルト値は 600 (10 分) です。AWS DMS は、開いているトランザクションがある場合でも、タイムアウト値に到達すると全ロードを開始します。全ロードのみのタスクは 10 分間待機せず、即座に開始されます。

  • まとめて転送可能なイベントの最大数を指定するには、CommitRate オプションを設定します。デフォルト値は 10000 で、最大値は 50000 です。