タスクの移動 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスクの移動

ユースケースに次のいずれかの状況が該当する場合は、タスクを別のレプリケーション インスタンスに移動できます。

  • 現在、特定のタイプのインスタンスを使用していて、別のインスタンスタイプに切り替える必要があるとします。

  • 現在のインスタンスは多くのレプリケーション タスクによって過負荷になり、ロードを複数のインスタンスに分割する必要があるとします。

  • インスタンスストレージがいっぱいで、ストレージやコンピューティングのスケーリングの代替手段として、タスクをそのインスタンスからより強力なインスタンスに移動したいと考えています。

  • AWS DMS の新しくリリースされた機能を使いたいが、新しいタスクを作成して移行を再開したくありません。代わりに、レプリケーション インスタンスをこの機能をサポートする新しい AWS DMS バージョンでスピンアップし、既存のタスクをそのインスタンスに移動したいとします。

コンソールでタスクを選択し、[Move] (移動) を選択して、タスクを移動できます。CLI コマンドまたは API オペレーション MoveReplicationTask を使用してタスクを移動することもできます。移動できるのは、任意のデータベースエンジンがターゲットエンドポイントとして指定されているタスクです。

ターゲット レプリケーション インスタンスに、移動するタスクを保存するのに十分なストレージ領域があることを確認します。それ以外の場合は、タスクを移動する前に、ターゲット レプリケーション インスタンス用のスペースを確保するようにストレージをスケーリングします。

また、ターゲットレプリケーションインスタンスが現在のレプリケーションインスタンスと同じまたはそれ以降の AWS DMS エンジンバージョンで作成されていることを確認します。

注記
  • タスクを、現在常駐する同じレプリケーション インスタンスに移動することはできません。

  • タスクが移動している間、タスクの設定は変更できません。

  • 実行したタスクのステータスは移動する前に [Stopped] (停止) または [Failed] (失敗)、[Failed-move] (移動失敗)である必要があります。

DMS タスクの移動に関連するタスクのステータスは[Moving] (移動中) と[Failed-move](移動失敗) の 2 つあります。ステータス変更の詳細については、「タスクのステータス」をご参照ください。

タスクの移動後、移行前評価を有効にして実行し、移動したタスクを実行する前に、ブロックしている問題をチェックできます。