タスク設定の補足データを指定する - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスク設定の補足データを指定する

一部の AWS DMS エンドポイントのレプリケーションタスクを作成または変更する場合、そのタスクで移行を実行するための追加情報が必要になる場合があります。DMS コンソールのオプションを使用して、この追加情報を指定できます。または、DMS API オペレーションの CreateReplicationTask または ModifyReplicationTaskTaskData パラメータを使用して指定することもできます 。

ターゲット エンドポイントが Amazon Neptune の場合、テーブルマッピングを補足するマッピングデータを指定する必要があります。この補足マッピングデータは、ソースのリレーショナルデータを Neptune データベースが使用できるターゲット グラフデータに変換する方法を指定します。この場合、2 つの形式のいずれかを使用できます。詳細については、ターゲットとしての用の Gremlin および R2RML を使用したグラフマッピングルールの指定を参照してください。