Amazon EBS スナップショットのアーカイブ - Amazon EBS

Amazon EBS スナップショットのアーカイブ

Amazon EBS Snapshots Archive は、頻繁な検索や高速な検索を必要としない、アクセス頻度の低いスナップショットを低コストで長期保存するために使用できる新しいストレージ階層です。

デフォルトでは、スナップショットを作成すると、Amazon EBS スナップショットスタンダード階層に保存されます(標準階層)。標準階層に保存されるスナップショットは、増分です。これは、最新のスナップショットが作成された後に変更された、ボリューム内のブロックのみが保存されることを意味します。

スナップショットをアーカイブすると、増分スナップショットはフルスナップショットに変換され、標準階層から Amazon EBS Snapshots Archive 階層 (アーカイブ階層) に移動します。完全なスナップショットには、スナップショットの作成時にボリュームに書き込まれたすべてのブロックが含まれます。

アーカイブされたスナップショットにアクセスする必要がある場合は、アーカイブ階層から標準階層に復元し、アカウント内の他のスナップショットと同じ方法で使用できます。

Amazon EBS Snapshots Archive では、90 日以上保存する予定で、ほとんどアクセスする必要のないスナップショットに対して、スナップショットストレージコストを最大 75% 削減できます。

一般的なユースケースを以下に示します。

  • プロジェクト終了時のスナップショットなど、ボリューム内の唯一のスナップショットをアーカイブする

  • コンプライアンス上の理由から、ある時点の、完全な増分スナップショットをアーカイブします。

  • 毎月、四半期ごと、または年ごとの増分スナップショットをアーカイブします。

考慮事項と制約事項

考慮事項
  • 最小アーカイブ期間は 90 日です。90 日間の最小アーカイブ期間より前にアーカイブされたスナップショットを削除または永続的に復元すると、アーカイブ階層の残りの日数に対して請求され、最も近い時間に四捨五入されます。詳細については、料金と請求を参照してください。

  • スナップショットのサイズによっては、アーカイブ階層から標準階層にアーカイブスナップショットを復元するのに最大 72 時間かかる場合があります。

  • アーカイブされるスナップショットは、常に完全なスナップショットです。完全なスナップショットには、スナップショットの作成時にボリュームに書き込まれたすべてのブロックが含まれます。完全なスナップショットは、作成元の増分スナップショットよりも大きくなります。ただし、標準階層にボリュームの増分スナップショットが 1 つしかない場合、アーカイブ階層の完全なスナップショットのサイズは、標準階層のスナップショットと同じサイズになります。これは、ボリュームの最初のスナップショットが常に完全なスナップショットであるためです。

  • 毎月、毎四半期、または毎年のスナップショットのアーカイブをお勧めします。単一ボリュームの毎日の増分スナップショットをアーカイブすると、標準ティアで保持する場合と比較してコストが高くなる可能性があります。

  • スナップショットがアーカイブされると、スナップショット系統内の他のスナップショットによって参照されるスナップショットのデータは標準階層で保持されます。標準階層で保持される参照データに関連するデータおよびストレージコストは、系統内の次のスナップショットに割り当てられます。これにより、系列内の後続のスナップショットがアーカイブの影響を受けないことが保証されます。

  • ごみ箱の保持ルールに一致するアーカイブスナップショットを削除すると、アーカイブされたスナップショットは、保持ルールで定義されている保持期間中、ごみ箱に保持されます。スナップショットを使用するには、まずそのスナップショットをごみ箱から復元し、次にアーカイブ階層から復元する必要があります。詳細については、「ごみ箱」および「料金と請求」を参照してください。

  • アーカイブされたスナップショットをブロックデバイスマッピングに使用したり、Amazon EBS ボリュームを作成したりすることはできません。

  • AWS Backup コンソール、API、またはコマンドラインツールを使用して AWS Backup によって作成されたスナップショットをアーカイブできます。詳細については、「AWS Backup 開発者ガイド」の「バックアッププランの作成」を参照してください。

制限事項
  • completed 状態にあるスナップショットのみアーカイブできます。

  • アーカイブできるのは、アカウント内で所有しているスナップショットだけです。共有されているスナップショットをアーカイブするには、まずスナップショットをアカウントにコピーしてから、スナップショットコピーをアーカイブします。

  • アーカイブされたスナップショットを使用するには、まずそのスナップショットを標準階層に復元する必要があります。CreateVolume および RunInstances API オペレーションでスナップショットからボリュームを作成する場合や、スナップショットを共有またはコピーする場合には、スタンダード階層への復元が必要です。詳細については、「アーカイブされたスナップショットの復元」を参照してください。

  • 1 つ以上の AMI に関連付けられているスナップショットをアーカイブできるのは、関連付けられている AMI がすべて無効になっている場合に限ります。詳細については、「AMI の無効化」を参照してください。

  • 関連付けられたスナップショットが一時的に復元された場合、無効になっている AMI を有効にすることはできません。AMI を有効にする前に、関連付けられたすべてのスナップショットを完全に復元する必要があります。

  • スナップショットのアーカイブまたはスナップショットの復元プロセスは、開始後にキャンセルできません。

  • アーカイブされたスナップショットは共有できません。他のアカウントと共有しているスナップショットをアーカイブすると、スナップショットが共有されているアカウントは、スナップショットがアーカイブされた後にアクセスできなくなります。

  • アーカイブされたスナップショットはコピーできません。アーカイブされたスナップショットをコピーする必要がある場合は、まずそのスナップショットを復元する必要があります。

  • ローカルスナップショットでは、高速スナップショット復元を有効化できません。高速スナップショット復元は、スナップショットがアーカイブされると自動的に無効になります。高速スナップショット復元を使用する必要がある場合は、スナップショットを復元した後で、手動で有効にする必要があります。

料金と請求

アーカイブされたスナップショットは、1 GB あたり 0.0125 ドル/月 の料金が請求されます。たとえば、100 GiB のスナップショットをアーカイブすると、1 か月あたり 1.25 ドル (100 GiB * 0.0125 ドル) が請求されます。

スナップショットの復元は、復元されたデータ 1 GB あたり 0.03 ドルの料金が請求されます。たとえば、アーカイブ階層から 100 GiB のスナップショットを復元すると、3 ドル (100 GiB * 0.03 ドル) が 1 回請求されます。

スナップショットが標準階層に復元された後、スナップショットは 1 GB あたり 0.05 ドル のスナップショット標準料金が請求されます。

詳細については、Amazon EBS の料金表を参照してください。

最小アーカイブ期間の請求

最小アーカイブ期間は 90 日です。90 日間の最小アーカイブ期間より前にアーカイブされたスナップショットを削除または永続的に復元すると、残りの日分のアーカイブ階層ストレージ料金に相当する日数の日割り計算で、最も近い時間に四捨五入された料金が請求されます。たとえば、40 日後にアーカイブされたスナップショットを削除または完全に復元すると、最小アーカイブ期間の残りの 50 日間分の料金が請求されます。

注記

最小アーカイブ期間が 90 日前にアーカイブされたスナップショットを一時的に復元しても、この料金は発生しません。

一時的復元

スナップショットを一時的に復元すると、スナップショットはアーカイブ階層から標準階層に復元され、スナップショットのコピーはアーカイブ階層に残ります。一時復元期間の間、標準階層のスナップショットとアーカイブ層のスナップショットコピーの両方に対して請求されます。一時的に復元されたスナップショットが標準階層から削除されると、そのスナップショットに対する請求はなくなり、アーカイブ階層内のスナップショットに対してのみ請求されます。

永続的復元

スナップショットを永続的に復元すると、スナップショットはアーカイブ層から標準階層にリストアされ、スナップショットはアーカイブ階層から削除されます。スナップショットに対して請求されるのは、標準階層のみです。

スナップショットの削除

アーカイブ中にスナップショットを削除すると、すでにアーカイブ階層に移動されたスナップショットデータに対して請求されます。このデータには 90 日の最小アーカイブ期間が適用され、削除時にそれに応じて請求されます。例えば、100 GiB のスナップショットをアーカイブし、40 GiB のみがアーカイブされた後にスナップショットを削除すると、アーカイブ済みの 40 GiB の最小アーカイブ期間 90 日分の料金 1.50 USD が請求されます (1 GB あたり 0.0125 USD/月 * 40 GB * (90 日 * 24 時間) / (24 時間/日 * 30 日/月))。

アーカイブ階層からの復元中にスナップショットを削除すると、スナップショットのフルサイズのスナップショット復元に対して請求されます (スナップショットサイズ* 0.03 USD)。たとえば、アーカイブ層から 100 GiB のスナップショットを復元し、スナップショットの復元が完了する前にスナップショットを削除すると、3 USD (100 GiB のスナップショットサイズ* 0.03 ドル) が請求されます。

ごみ箱

アーカイブされたスナップショットは、ごみ箱に入っている間、アーカイブされたスナップショットの料金で請求されます。ごみ箱にあるアーカイブされたスナップショットには、90 日間の最小アーカイブ期間が適用され、最小アーカイブ期間より前にごみ箱によって削除された場合は、それに応じて請求されます。つまり、保持ルールによってアーカイブされたスナップショットがごみ箱から最低期間 90 日前に削除された場合、残りの日分の料金が請求されます。

スナップショットのアーカイブ中に保持ルールに一致するスナップショットを削除すると、アーカイブされたスナップショットは、保持ルールで定義されている保持期間中、ごみ箱に保持されます。これは、アーカイブされたスナップショットの料金で請求されます。

スナップショットのリストア中に保持ルールに一致するスナップショットを削除すると、復元されたスナップショットは保持期間の残りの期間ごみ箱に保持され、標準のスナップショットレートで請求されます。復元されたスナップショットを使用するには、まずそのスナップショットをごみ箱から復元する必要があります。

詳細については、「ごみ箱」を参照してください。

コスト追跡

AWS Cost and Usage Report にアーカイブされたスナップショットは、同じリソース ID と Amazon リソースネーム (ARN) を使用します。詳細については、AWS Cost and Usage Report ユーザーガイドを参照してください。

次の使用タイプを使用して、関連するコストを識別できます。

  • SnapshotArchiveStorage— 月間データストレージの手数料

  • SnapshotArchiveRetrieval — スナップショット復元の 1 回払い料金

  • SnapshotArchiveEarlyDelete — 最小アーカイブ期間 (90 日) 前にスナップショットを削除または永続的に復元する手数料

クォータ

このセクションでは、アーカイブされたスナップショットと進行中のスナップショットのデフォルトのクォータについて説明します。

クォータ デフォルトのクォータ
ボリュームあたりのアーカイブされたスナップショット 25
アカウントごとの進行中のスナップショットアーカイブ 25
アカウントごとの進行中のスナップショットリストア 5

ターゲット容量のデフォルトの制限を超える容量が必要な場合は、AWS Support センターの [ケースの作成] フォームから制限の引き上げをリクエストできます。