Amazon EBS Snapshot Lock の使用 - Amazon EBS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EBS Snapshot Lock の使用

次の手順に従って Amazon EBS Snapshot Lock を使用します。

スナップショットのロック

pending または completed 状態にあるスナップショットはロックできます。詳細については、「Amazon EBS Snapshot Lock の考慮事項」を参照してください。

Console
スナップショットをロックするには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. ロックするスナップショットを選択し、[アクション][スナップショット設定][スナップショットロックの管理] の順に選択します。

  4. [スナップショットをロック] を選択します。

  5. [ロックモード] には、[ガバナンスモード] または [コンプライアンスモード] のいずれかを選択します。詳細については、「ロックモード」を参照してください。

  6. [ロック期間] では、次のいずれかの操作を行います。

    • スナップショットを特定の期間ロックするには、[スナップショットのロック期間] を選択し、期間を日単位または年単位で入力します。

    • スナップショットを特定の日付と時刻までロックするには、[スナップショットのロック期間終了日] を選択し、有効期限の日付と時刻を選択します。

    詳細については、「ロック期間」を参照してください。

  7. (コンプライアンスモードのみ) [クーリングオフ期間] には、スナップショットのロックを解除してロック設定を変更できるクーリングオフ期間を指定します。詳細については、「クーリングオフ期間」を参照してください。

  8. (コンプライアンスモードのみ) スナップショットをコンプライアンスモードでロックし、クーリングオフ期間が終了した後はスナップショットのロック解除ができなくなることを確認するには、[確認] を選択します。

  9. [ロック設定を保存] を選択します。

AWS CLI
ガバナンスモードでスナップショットをロックするには

lock-snapshot AWS CLI コマンドを使用します。--snapshot-id には、ロックするスナップショットの ID を指定します。--lock-mode の場合、governance を指定します。スナップショットを特定の期間ロックする場合は、--lock-duration にスナップショットをロックする期間を指定します。または、スナップショットを特定の日付までロックする場合は、--expiration-date にロックの有効期限が切れる日付と時刻を UTC タイムゾーン (YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ) で指定します。

$ aws ec2 lock-snapshot --snapshot-id snapshot_id \ --lock-mode governance \ --lock-duration 1-36500_days | --expiration-date YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ
スナップショットをコンプライアンスモードでロックするには

lock-snapshot AWS CLI コマンドを使用します。--snapshot-id には、ロックするスナップショットの ID を指定します。--lock-mode の場合、compliance を指定します。--cool-off-period には、必要に応じてクーリングオフ期間を時間単位で指定します。スナップショットを特定の期間ロックする場合は、--lock-duration にスナップショットをロックする期間を指定します。または、スナップショットを特定の日付までロックする場合は、--expiration-date にロックの有効期限が切れる日付と時刻を UTC タイムゾーン (YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ) で指定します。

$ aws ec2 lock-snapshot --snapshot-id snapshot_id \ --lock-mode compliance \ --cool-off-period 1-72_hours \ --lock-duration 1-36500_days | --expiration-date YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ

スナップショットをロック解除する

スナップショットをロック解除できるのは、スナップショットがガバナンスモードでロックされている場合、またはコンプライアンスモードでロックされていても、まだクーリングオフ期間内である場合のみです。

Console
スナップショットをロック解除するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. ロックを解除するスナップショットを選択し、[アクション][スナップショット設定][スナップショットロックの管理] の順に選択します。

  4. [スナップショットのロック解除] を選択し、もう一度 [スナップショットのロック解除] を選択して確定します。

AWS CLI
スナップショットをロック解除するには

unlock-snapshot AWS CLI コマンドを使用します。--snapshot-id には、ロック解除するスナップショットの ID を指定します。

$ aws ec2 unlock-snapshot --snapshot-id snapshot_id

スナップショットのロック設定を更新する

許可される更新内容はロック状態によって異なります。

  • governance – ロックモードの変更およびロック期間または有効期限日の延長または短縮を行うことができます。

  • compliance-cooloff – ロックモードの変更、クーリングオフ期間の延長または短縮、およびロック期間または有効期限日の延長または短縮を行うことができます。

  • compliance – ロック期間または有効期限日の延長のみ行うことができます。

Console
スナップショットロック設定を更新するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. ロック設定を変更するスナップショットを選択し、[アクション][スナップショット設定][スナップショットロックの管理] の順に選択します。

  4. 必要に応じて設定を更新し、[ロック設定を保存] を選択します。

AWS CLI
スナップショットロック設定を更新するには

lock-snapshot AWS CLI コマンドを使用します。--snapshot-id には、ロック設定を更新するスナップショットの ID を指定します。次に、変更するオプションのみを指定します。

スナップショットロック設定を表示する

スナップショットのロック設定を表示するには、次のいずれかの方法を使用します。

Console
スナップショットロック設定を表示するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. ロック設定を表示するスナップショットを選択し、[アクション][スナップショット設定][スナップショットロックの管理] の順に選択します。

AWS CLI
スナップショットロック設定を表示するには

describe-locked-snapshots コマンドを使用します。 AWS CLI --snapshot-ids には、ロック設定を表示するスナップショットの ID を指定します。

$ aws ec2 describe-locked-snapshots --snapshot-ids snapshot_id