CreateMountTarget - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateMountTarget

ファイルシステムのマウントターゲットを作成します。その後、マウントターゲットを使用してファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントできます。

VPC の各アベイラビリティゾーンにマウントターゲットを 1 つ作成できます。特定のアベイラビリティゾーン内の VPC にあるすべての EC2 インスタンスは、特定のファイルシステムの単一マウントターゲットを共有します。アベイラビリティゾーンに複数のサブネットがある場合、サブネットの 1 つにマウントターゲットを作成します。EC2 インスタンスは、それらのファイルシステムにアクセスするためにマウントターゲットと同じサブネットにある必要はありません。

1 ゾーンストレージクラスを使用して、EFS ファイルシステムに対して作成できるマウントターゲットは 1 つだけです。そのマウントターゲットは、ファイルシステムがあるのと同じアベイラビリティーゾーンで作成する必要があります。を使用するAvailabilityZoneNameおよびAvailabiltyZoneIdのプロパティDescribeFileSystemsこの情報を取得するレスポンスオブジェクト。を使用するsubnetIdマウントターゲットの作成時に、ファイルシステムのアベイラビリティーゾーンに関連付けられます。

詳細については、「」を参照してください。Amazon EFS: 機能の説明

ファイルシステムのマウントターゲットを作成するには、ファイルシステムのライフサイクルステータスがavailable。詳細については、「DescribeFileSystems」を参照してください。

リクエストで以下を指定します。

  • マウントターゲットを作成するファイルシステムID。

  • サブネット ID。次のことが決定されます。

    • Amazon EFS がマウントターゲットを作成する VPC

    • Amazon EFS がマウントターゲットを作成するアベイラビリティゾーン

    • Amazon EFS がマウントターゲットの IP アドレスを選択する IP アドレスの範囲 (リクエストで IP アドレスを指定しない場合)

マウントターゲットを作成した後、Amazon EFS は MountTargetIdIpAddress を含むレスポンスを返します。この IP アドレスは、ファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントするときに使用します。ファイルシステムをマウントするときにマウントターゲットの DNS 名を使用することもできます。マウントターゲットを使用してファイルシステムをマウントする EC2 インスタンスは、マウントターゲットの DNS 名をその IP アドレスに解決できます。詳細については、「」を参照してください。機能は次のとおりです。実装の概要

ファイルシステムのマウントターゲットは 1 つの VPC でのみ作成でき、アベイラビリティゾーンごとにマウントターゲットは 1 つだけ存在できます。つまり、ファイルシステムにすでに 1 つ以上のマウントターゲットが作成されている場合、別のマウントターゲットを追加するリクエストで指定されたサブネットは、次の要件を満たす必要があります。

  • 既存のマウントターゲットのサブネットと同じ VPC に属している必要があります

  • 既存のマウントターゲットのどのサブネットとも同じアベイラビリティゾーンに属してはいけません

リクエストが要件を満たす場合、Amazon EFS は次のことを行います。

  • 指定したサブネットに新しいマウントターゲットを作成します。

  • 次のように、サブネットに新しいネットワークインターフェイスも作成します。

    • リクエストが IpAddress を提供する場合、Amazon EFS はその IP アドレスをネットワークインターフェイスに割り当てます。それ以外の場合、Amazon EFS はサブネットの空きアドレスを割り当てます (リクエストにプライマリプライベート IP アドレスが指定されていない場合に Amazon EC2 の CreateNetworkInterface コールが行うのと同じ方法で)。

    • リクエストが SecurityGroups を提供している場合、このネットワークインターフェイスはそれらのセキュリティグループに関連付けられています。それ以外の場合は、サブネットの VPC のデフォルトセキュリティグループに属します。

    • fsmt-id が、マウントターゲット ID である場合、 fs-id FileSystemId であるという説明 Mount target fsmt-id for file system fs-id を割り当てます。

    • ネネットワークインターフェイスの requesterManaged プロパティを true に、requesterId の値を EFS に設定します。

    各 Amazon EFS マウントターゲットには、対応するリクエスタマネージド型の EC2 ネットワークインターフェイスが 1 つあります。ネットワークインターフェイスが作成されると、Amazon EFS はマウントターゲットの説明の NetworkInterfaceId フィールドをネットワークインターフェイス ID に設定し、IpAddress フィールドをそのアドレスに設定します。ネットワークインターフェイスの作成に失敗すると、CreateMountTarget オペレーション全体が失敗します。

注記

-CreateMountTarget呼び出しは、ネットワークインターフェースを作成した後にのみ返されますが、マウントターゲットの状態は変わりません。creatingでは、マウントターゲットの作成ステータスを確認するには、DescribeMountTargetsオペレーション。とりわけ、マウント・ターゲットの状態を返します。

各アベイラビリティーゾーンにマウントターゲットを作成することをお勧めします。別のアベイラビリティゾーンで作成されたマウントターゲットを使用して、アベイラビリティゾーンにファイルシステムを使用する場合は、コストを考慮する必要があります。詳細については、「Amazon EFS」を参照してください。さらに、インスタンスのアベイラビリティーゾーンにローカルなマウントターゲットを常に使用することで、部分的な障害の発生を避けられます。マウントターゲットが作成されているアベイラビリティゾーンが停止した場合、そのマウントターゲットを介してファイルシステムにアクセスすることはできません。

このオペレーションには、ファイルシステムに対する次のアクションに対するアクセス許可が必要です。

  • elasticfilesystem:CreateMountTarget

このオペレーションには、次の Amazon EC2 アクションに対するアクセス許可も必要です。

  • ec2:DescribeSubnets

  • ec2:DescribeNetworkInterfaces

  • ec2:CreateNetworkInterface

リクエストの構文

POST /2015-02-01/mount-targets HTTP/1.1 Content-type: application/json { "FileSystemId": "string", "IpAddress": "string", "SecurityGroups": [ "string" ], "SubnetId": "string" }

URI リクエストパラメータ

リクエストでは URI パラメータを使用しません。

リクエストボディ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

FileSystemId

マウントターゲットを作成するファイルシステムの ID。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 128 です。

Pattern: ^(arn:aws[-a-z]*:elasticfilesystem:[0-9a-z-:]+:file-system/fs-[0-9a-f]{8,40}|fs-[0-9a-f]{8,40})$

: 必須 あり

IpAddress

指定されたサブネットのアドレス範囲内の有効な IPv4 アドレス。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 7 です。 最大長は 15 です。

Pattern: ^[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}$

: 必須 いいえ

SecurityGroups

sg-xxxxxxxx の形式の最大 5 つの VPC セキュリティグループ ID。これらは指定されたサブネットと同じ VPC 用である必要があります。

Type: 文字列の配列

配列メンバー: 最大数は 100 項目です。

長さの制限: 最小長は 11 です。 最大長は 43 です。

Pattern: ^sg-[0-9a-f]{8,40}

: 必須 いいえ

SubnetId

マウントターゲットを追加するサブネットの ID。1 ゾーンストレージクラスを使用するファイルシステムの場合は、ファイルシステムのアベイラビリティーゾーンに関連付けられたサブネットを使用します。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 15 です。 最大長は 47 です。

Pattern: ^subnet-[0-9a-f]{8,40}$

: 必須 あり

レスポンスの構文

HTTP/1.1 200 Content-type: application/json { "AvailabilityZoneId": "string", "AvailabilityZoneName": "string", "FileSystemId": "string", "IpAddress": "string", "LifeCycleState": "string", "MountTargetId": "string", "NetworkInterfaceId": "string", "OwnerId": "string", "SubnetId": "string", "VpcId": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

AvailabilityZoneId

マウントターゲットが存在するアベイラビリティーゾーンの一意で一貫性のある識別子。たとえば、use1-az1は、us-east-1 リージョンの AZ ID で、すべてのリージョンで同じ場所になります。AWS アカウント。

Type: 文字列

AvailabilityZoneName

マウントターゲットがあるアベイラビリティーゾーンの名前。アベイラビリティーゾーンは、それぞれの名前に個別にマッピングされます。AWS アカウント。たとえば、アベイラビリティーゾーンus-east-1aあなたのためAWS アカウントと同じ場所ではないかもしれないus-east-1a別のの場合AWS アカウント。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

Pattern: .+

FileSystemId

マウントターゲットが意図されているファイルシステムの ID。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 128 です。

Pattern: ^(arn:aws[-a-z]*:elasticfilesystem:[0-9a-z-:]+:file-system/fs-[0-9a-f]{8,40}|fs-[0-9a-f]{8,40})$

IpAddress

マウントターゲットを使用してファイルシステムをマウントできるアドレス。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 7 です。 最大長は 15 です。

Pattern: ^[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}$

LifeCycleState

マウントターゲットのライフサイクルステータス。

Type: 文字列

有効な値: creating | available | updating | deleting | deleted | error

MountTargetId

システム割り当てマウントターゲット ID。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 13 です。 最大長は 45 です。

Pattern: ^fsmt-[0-9a-f]{8,40}$

NetworkInterfaceId

Amazon EFS がマウントターゲットを作成したときに作成したネットワークインターフェイスの ID。

Type: 文字列

OwnerId

AWS アカウントリソースを所有する ID。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 14 です。

Pattern: ^(\d{12})|(\d{4}-\d{4}-\d{4})$

SubnetId

マウントターゲットのサブネットの ID。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 15 です。 最大長は 47 です。

Pattern: ^subnet-[0-9a-f]{8,40}$

VpcId

マウントターゲットが設定されている仮想プライベートクラウド (VPC) ID。

Type: 文字列

Errors

AvailabilityZonesMismatch

マウントターゲットに指定されたアベイラビリティーゾーンが、One Zone ストレージクラスに指定されたアベイラビリティーゾーンと異なる場合に返されます。詳細については、「」を参照してください。リージョンおよび 1 ゾーンストレージの冗長性

HTTP ステータスコード: 400

BadRequest

リクエストの形式が正しくない場合や、無効なパラメータ値や必須パラメータがないなどのエラーが含まれている場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 400

FileSystemNotFound

指定されたを返します。FileSystemId値がリクエスタに存在しないAWS アカウント。

HTTP ステータスコード: 404

IncorrectFileSystemLifeCycleState

ファイルシステムのライフサイクル状態が「利用可能」でない場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 409

InternalServerError

サーバー側でエラーが発生した場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 500

IpAddressInUse

リクエストで指定された場合に返されます。IpAddressサブネットで既に使われています。

HTTP ステータスコード: 409

MountTargetConflict

ファイル・システムの既存のマウント・ターゲットに基づいて、マウント・ターゲットが指定された制限のいずれかに違反した場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 409

NetworkInterfaceLimitExceeded

呼び出し側アカウントが、特定ののエラスティックネットワークインターフェイスの制限に達しました。AWS リージョン。クライアントは、Elastic Network Interface をいくつか削除するか、アカウントの上限を引き上げようとします。詳細については、「」を参照してください。Amazon VPC の制限Amazon VPC User Guide(表の「VPC ごとのネットワークインターフェイス」エントリを参照)。

HTTP ステータスコード: 409

NoFreeAddressesInSubnet

次の場合に返されます。IpAddressはリクエストで指定されておらず、サブネットに空きIPアドレスがありません。

HTTP ステータスコード: 409

SecurityGroupLimitExceeded

のサイズが次の場合に返されます。SecurityGroupsリクエストで指定されているのは 5 より大きい値です。

HTTP ステータスコード: 400

SecurityGroupNotFound

指定されたセキュリティグループの 1 つがサブネットの VPC に存在しない場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 400

SubnetNotFound

ID のサブネットがない場合に返されます。SubnetIdリクエストで提供されます。

HTTP ステータスコード: 400

UnsupportedAvailabilityZone

リクエストされた Amazon EFS 機能が指定されたアベイラビリティーゾーンで利用できない場合に返されます。

HTTP ステータスコード: 400

Examples

ファイルシステムへのマウントターゲットの追加

次のリクエストは、ファイルシステムのマウントターゲットを作成します。リクエストでは、必要な値のみを指定します。FileSystemIdおよびSubnetIdパラメータ。リクエストではオプションを提供しないIpAddressおよびSecurityGroupsパラメータ。を使用する場合IpAddressでは、指定されたサブネットで使用可能な IP アドレスの 1 つを使用します。また、オペレーションでは、VPC に関連付けられたデフォルトのセキュリティグループをSecurityGroups

リクエスト例

POST /2015-02-01/mount-targets HTTP/1.1 Host: elasticfilesystem.us-west-2.amazonaws.com x-amz-date: 20140620T221118Z Authorization: <...> Content-Type: application/json Content-Length: 160 {"SubnetId": "subnet-748c5d03", "FileSystemId": "fs-01234567"}

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: 01234567-89ab-cdef-0123-456789abcdef Content-Type: application/json Content-Length: 252 { "MountTargetId": "fsmt-55a4413c", "NetworkInterfaceId": "eni-01234567", "FileSystemId": "fs-01234567", "LifeCycleState": "available", "SubnetId": "subnet-01234567", "OwnerId": "231243201240", "IpAddress": "172.31.22.183" }

ファイルシステムへのマウントターゲットの追加

次のリクエストは、マウントターゲットを作成するためのすべてのリクエストパラメータを指定します。

リクエスト例

POST /2015-02-01/mount-targets HTTP/1.1 Host: elasticfilesystem.us-west-2.amazonaws.com x-amz-date: 20140620T221118Z Authorization: <...> Content-Type: application/json Content-Length: 160 { "FileSystemId":"fs-01234567", "SubnetId":"subnet-01234567", "IpAddress":"10.0.2.42", "SecurityGroups":[ "sg-01234567" ] }

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: 01234567-89ab-cdef-0123-456789abcdef Content-Type: application/json Content-Length: 252 { "OwnerId":"251839141158", "MountTargetId":"fsmt-9a13661e", "FileSystemId":"fs-01234567", "SubnetId":"subnet-fd04ff94", "LifeCycleState":"available", "IpAddress":"10.0.2.42", "NetworkInterfaceId":"eni-1bcb7772" }

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください。