Amazon Elastic File System とは - Amazon Elastic File System

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon Elastic File System とは

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、AWS クラウドサービスおよびオンプレミスリソースで使用するための、シンプルでスケーラブル、かつ伸縮自在なフルマネージド型の NFS ファイルシステムを提供します。アプリケーションを停止させることなく、オンデマンドでペタバイト規模までスケールするよう設計されており、ファイルの追加や削除に応じて自動的に拡張/縮小されるため、拡張に対応するための容量のプロビジョニングや管理は不要になります。Amazon EFS には、ファイルシステムをすばやく簡単に作成および設定できるシンプルなウェブサービスインターフェイスがあります。このサービスでは、ユーザーに代わってすべてのファイルストレージインフラストラクチャを管理するため、複雑なデプロイ、パッチ適用、および複雑なファイルシステム設定の保守を行う必要がありません。

Amazon EFS はネットワークファイルシステムバージョン 4 (NFSv4.1 および NFSv4.0) プロトコルをサポートするので、現在お使いのアプリケーションやツールも Amazon EFS とシームレスに動作します。複数の Amazon EC2 インスタンスが 1 つの Amazon EFS ファイルシステムに同時にアクセスすることができるため、複数のインスタンスまたはサーバーで実行されているワークロードとアプリケーションに共通のデータソースを提供できます。

Amazon EFS では、ファイルシステムで使用されるストレージに対してのみ支払いを行い、最低料金やセットアップ料金はありません。Amazon EFS には、スタンダードアクセスと低頻度アクセスの 2 つのストレージクラスがあります。スタンダードストレージクラスは、頻繁にアクセスされるファイルを格納するために使用されます。低頻度アクセス (IA) ストレージクラスは、低コストのストレージクラスで、アクセス頻度が低く長期間保存されるファイルをコスト効率よく格納するように設計されています。詳細については、「EFSストレージ クラス」を参照してください。プロビジョニングされたスループットに関連するコストは、指定したスループット値によって決まります。詳細については、「Amazon EFS 料金表」を参照してください。

このサービスは、拡張性、可用性、耐久性に優れた設計となっています。 Amazon EFS ファイルシステムは、AWS リージョンの複数のアベイラビリティーゾーンにデータとメタデータを格納します。EFS ファイルシステムはペタバイト規模で拡張でき、高レベルのスループットを促進して、Amazon EC2 インスタンスからデータへの大規模な並列アクセスを可能にします。

Amazon EFS は、強いデータの整合性とファイルのロックなどのファイルシステムアクセスのセマンティクスが提供されます。詳細については、「Amazon EFS でのデータ整合性」を参照してください。Amazon EFS では、Portable Operating System Interface (POSIX) アクセス権限を通じてファイルシステムへのアクセスを制御することができます。詳細については、「Amazon EFS のセキュリティ」を参照してください。

Amazon EFS は、セキュリティおよびコンプライアンス要件を満たすための認証、承認、および暗号化の各機能をサポートしています。Amazon EFS では、ファイルシステムの 2 つの形式の暗号化として、転送中の暗号化と保管時の暗号化をサポートしています。Amazon EFS ファイルシステムを作成する場合、保管時の暗号化を有効にすることができます。これを行うと、データとメタデータはすべて暗号化されます。伝送中の暗号化は、ファイルシステムをマウントする際に有効にできます。EFS への NFS クライアントのアクセスは、AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーとネットワークセキュリティポリシー (セキュリティグループなど) の両方によって制御されます。詳細については、「Amazon EFS でのデータの暗号化」、「Amazon EFS の Identity and access management」、および「NFS クライアントの Amazon EFS ファイルシステムへのネットワークアクセスのコントロール」を参照してください。

Amazon EFS は、さまざまなワークロードに必要なスループット、IOPS、および低レイテンシーを実現するように設計されています。Amazon EFS では、2 つのパフォーマンスモードおよび 2 つのスループットモードから選択できます。

  • デフォルトの汎用パフォーマンスモードは、ウェブ配信環境、コンテンツ管理システム、ホームディレクトリ、一般的なファイルサービスなど、レイテンシーの影響を受けやすいユースケースに最適です。最大 I/O モードのファイルシステムは、ファイルメタデータのオペレーションに伴うレイテンシーがわずかに高くなる代わりに、より高いレベルの集計スループットおよびオペレーション数/秒へとスケールできます。詳細については、「パフォーマンスモード」を参照してください。

  • デフォルトのバーストスループットモードを使用して、ファイルシステムが大きくなるに従ってスループットが拡張します。プロビジョニングされたスループットモードを使用すると、保存されたデータ量とは別に、ファイルシステムのスループットを指定できます。詳細については、「Amazon EFS のパフォーマンス」を参照してください。

注記

Microsoft Windows– ベースの Amazon EC2 インスタンスでの Amazon EFS の使用はサポートされていません。

Amazon EFS を初めてお使いになる方向けの情報

Amazon EFS を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

  1. Amazon EFS 製品と料金の概要については、「Amazon EFS」を参照してください。

  2. Amazon EFS に関する技術的な概要については、Amazon EFS: 仕組み を参照してください。

  3. 入門演習を試してみます。

Amazon EFS の詳細情報について、次のトピックでそのサービスについて詳しく説明します。