Amazon EFS でのデータの暗号化 - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EFS でのデータの暗号化

Amazon EFS は、ファイルシステムの 2 つの暗号化形式、転送時の暗号化と保管時のデータの暗号化をサポートします。Amazon EFS ファイルシステムを作成する場合、保管時のデータの暗号化を有効にすることができます。後でファイルシステムをマウントする時、伝送中のデータの暗号化を有効にすることができます。

コマンドラインインターフェイスまたは API を使用して AWS にアクセスするときに FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合は、FIPS エンドポイントを使用します。利用可能な FIPS エンドポイントの詳細については、連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2 を参照してください。

暗号化を使用する場合

保管時のデータとメタデータの暗号化が必要な企業または規制ポリシーの対象となる組織の場合は、保管時に暗号化されたファイルシステムを作成し、転送中のデータの暗号化を使用してファイルシステムをマウントすることをお勧めします。

関連トピック

Amazon EFS を使用した暗号化の詳細については、次の関連するトピックを参照してください。