を使用するAWS Systems ManagerAmazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新する - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用するAWS Systems ManagerAmazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新する

次を使用できます。AWS Systems Managerを使用して、Amazon EFS クライアント(amazon-efs-utils)の管理を簡素化します。AWS Systems Managerである。AWSでインフラストラクチャを表示および制御するために使用できるAWS。とAWS Systems Managerをインストールまたは更新するために必要なタスクを自動化できます。amazon-efs-utilsパッケージを EC2 インスタンスに追加します。ディストリビュータやステートマネージャなどのSystems Manager マネージャ機能を使用すると、次のプロセスを自動化できます。

  • Amazon EFS クライアントのバージョン管理を管理する。

  • Amazon EFS クライアントを一元的に保存し、Amazon EC2 インスタンスに体系的に配布します。

  • Amazon EC2 インスタンスを定義された状態に保つプロセスを自動化します。

詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドを参照してください。

Systems Manager ディストリビュータでサポートされているオペレーティングシステムについて

で使用するには、EC2 インスタンスで次のいずれかのオペレーティングシステムが実行されている必要があります。AWS Systems Managerをクリックすると、Amazon EFS クライアントが自動的に更新またはインストールされます。

プラットフォーム プラットフォームのバージョン アーキテクチャ

Amazon Linux

2017.09、2018.03

x86_64

Amazon Linux 2

2.0

x86_64、arm64 (Amazon Linux 2、A1 インスタンスタイプ)

CentOS

7、8

x86_64

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

7、8

x86_64、arm64 (RHEL 7.6 以降では、A1 インスタンスタイプ)
SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12、15x86_64

Ubuntu Server

16.04、18.04、20.04

x86_64、arm64 (Ubuntu Server 16 以降では、A1 インスタンスタイプ)

を使用する方法AWS Systems Manageramazon-efs-utils を自動的にインストールまたはアップデートするには

amazon-efs-utils パッケージを自動的にインストールまたは更新するように Systems Manager をセットアップするには、1 回限りの設定が 2 つあります。

  1. を設定するAWS Identity and Access Management(IAM) インスタンスプロファイルを使用します。

  2. ステートマネージャによるインストールまたは更新に使用する関連付け (スケジュールを含む) の構成

ステップ 1: 必要なアクセス権限を使用した IAM インスタンスプロファイルの設定

デフォルトでは、AWS Systems ManagerAmazon EFS クライアントを管理し、amazon-efs-utils パッケージをインストールまたは更新する権限がありません。使用して、Systems Manager へのアクセスを許可する必要があります。AWS Identity and Access Management(IAM) インスタンスプロファイルに追加します。インスタンスプロファイルは、起動時に Amazon EC2 インスタンスに IAM ロール情報を渡すコンテナです。

の使用AmazonElasticFileSystemsUtils AWS管理アクセス許可ポリシーを使用して、適切なアクセス許可をロールに割り当てます。インスタンスプロファイル用に新しいロールを作成するか、AmazonElasticFileSystemsUtilsアクセス許可ポリシーを、既存のロールに追加します。その後、Amazon EC2 インスタンスを起動するには、このインスタンスプロファイルを使用する必要があります。詳細については、「」を参照してください。ステップ 4: Systems Manager の IAM インスタンスプロファイルを作成する

ステップ 2: Amazon EFS クライアントをインストールまたは更新するためにステートマネージャーが使用する関連付けを設定する

-amazon-efs-utilsパッケージは、ディストリビューターに含まれており、マネージドの EC2 インスタンスにすぐにデプロイできます。最新バージョンのを表示するにはamazon-efs-utilsをインストールできる、使用できるAWS Systems Managerコンソールまたはお好みのAWSコマンドラインツールに精通している必要があります。ディストリビューターにアクセスするには、https://console.aws.amazon.com/systems-manager/を選択し、ディストリビューター左のナビゲーションペインのをクリックします。の検索Amazonefsutils()Amazon 所有セクションに追加します。選択Amazonefsutilsをクリックして、パッケージの詳細を確認します。詳細については、「」を参照してください。パッケージの表示

ステートマネージャーを使用して、amazon-efs-utilsパッケージをただちに、またはスケジュールに従って管理します。さらに、ことを確認できます。amazon-efs-utils新しい EC2 インスタンスに自動的にインストールされます。ディストリビューターおよびステートマネージャーを使用したパッケージのインストールまたは更新の詳細については、ディストリビューターの操作

Systems Manager コンソールを使用して、インスタンスで amazon-efs-utils パッケージを自動的にインストールまたは更新するには、パッケージのインストールまたは更新のスケジュール (コンソール)。これにより、インスタンスのセットに適用する状態を定義する State Manager の関連付けを作成するよう求められます。関連付けを作成するときは、次の入力を使用します。

  • を使用する場合パラメータ選択するアクション >インストールおよびInstallation Type >インプレース更新

  • を使用する場合ターゲット推奨設定はすべてのインスタンスを選択するを使用して、新規および既存の EC2 インスタンスをすべてターゲットとして登録し、自動的にインストールまたは更新しますAmazonefsutils。または、インスタンスタグを指定したり、インスタンスを手動で選択したり、リソースグループを選択してインスタンスのサブセットに関連付けを適用したりできます。インスタンスタグを指定する場合は、タグを使用して EC2 インスタンスを起動し、AWSSystems Manager を使用して、Amazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新します。

  • を使用する場合スケジュールの指定の推奨設定Amazonefsutilsは 30 日間ごとです。コントロールを使用して、関連付けの cron または rate スケジュールを作成できます。

を使用するにはAWS Systems Managerを使用して、複数の Amazon EFS ファイルシステムを複数の EC2 インスタンスにマウントする方法の詳細については、を使用して複数の EC2 インスタンスへの EFS のマウントAWS Systems Manager