AWS Systems Manager を使用して、Amazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新する - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Systems Manager を使用して、Amazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新する

以下を使用できます。AWS Systems ManagerAmazon EFS クライアントの管理を簡素化するため (amazon-efs-utils).AWS Systems ManagerはAWSでインフラストラクチャを表示および制御するために使用できるサービスAWS。AWS Systems Manager により、EC2 インスタンスの amazon-efs-utils パッケージでインストールまたは更新に必要なタスクを自動化できます。ディストリビューターやステートマネージャなどのSystems Manager 機能を使用すると、次のプロセスを自動化できます。

  • Amazon EFS クライアントのバージョン管理の維持

  • Amazon EFS クライアントを Amazon EC2 インスタンスに集中的に保存し、体系的に配布します。

  • Amazon EC2 インスタンスを定義された状態に保つプロセスを自動化します。

詳細については、AWS Systems Managerユーザーガイド を参照してください。

インストール時に Amazon EFS クライアントが実行する処理

Amazon EFS クライアントを使用して Amazon のモニタリングを自動化します。 CloudWatch ファイルシステムのマウントステータスとアップグレードのログstunnel一部の Linux ディストリビューションの最新バージョンに戻します。Systems Manager を使用して Amazon EC2 インスタンスに Amazon EFS クライアントをインストールすると、以下のアクションが実行されます。

  • をインストールしますbotocoreで説明されているのと同じ手順を使用してパッケージ化するbotocore のインストール。Amazon EFS クライアントでは、botocoreEFS ファイルシステムのマウントステータスを監視します。

  • での EFS ファイルシステムのマウントステータスの監視を可能にします CloudWatch 更新によるログefs-utils.conf。詳細については、「EFS ファイルシステムのマウントステータスのモニタリング」を参照してください。

  • EC2 インスタンスが実行の場合RHEL7またはCentOS7、Amazon EFS クライアントは自動的にアップグレードしますstunnelで説明しています。stunnel のアップグレード。アップグレードstunnelTLS を使用して EFS ファイルシステムを正常にマウントするために必要であり、stunnel同梱のバージョンRHEL7そしてCentOS7Amazon EFS クライアントはサポートされていません (amazon-efs-utils).

Systems Manager Distributor でサポートされているオペレーティングシステム

EC2 インスタンスは、Amazon EFS クライアントを自動でアップグレードまたはインストールするために AWS Systems Manager と使用するために、次のいずれかのオペレーティングシステムが実行されている必要があります。

プラットフォーム プラットフォームのバージョニング アーキテクチャ

Amazon Linux

2017.09

x86_64

Amazon Linux 2

2.0

x86_64, arm64 (Amazon Linux 2、A1 インスタンスタイプ)

CentOS

7、8

x86_64

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

7、8

x86_64, arm64 (RHEL 7.6 以降、A1 インスタンスタイプ)
SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12、8x86_64

Ubuntu Server

16.04 4、18.04

x86_64, arm64 (Ubuntu Server 16 以降、A1 インスタンスタイプ)

を使用する方法AWS Systems Manager自動的にインストールまたは更新する amazon-efs-utils

Systems Manager をセットアップして、自動的にインストールまたは更新するには、2 つのワンタイム設定が必要です。 amazon-efs-utils パッケージ化する。

  1. 必要なアクセス権限を持つ AWS Identity and Access Management (IAM) インスタンスプロファイルを設定する。

  2. State Manager によるインストールまたは更新に使用される関連付け (スケジュールを含む) を設定する

ステップ 1: 必要なアクセス権限を持つ IAM インスタンスプロファイルを設定する

デフォルトでは、AWS Systems Managerは Amazon EFS クライアントを管理し、をインストールまたは更新するアクセス許可がありません amazon-efs-utils パッケージ化する。AWS Identity and Access Management (IAM) インスタンスプロファイルを使用して Systems Manager へのアクセスを許可する必要があります。インスタンスプロファイルは、起動時に Amazon EC2 インスタンスに IAM ロール情報を渡すコンテナです。

AmazonElasticFileSystemsUtils AWS マネージドアクセス許可ポリシーを使用して、ロールに適切なアクセス許可を割り当てます。インスタンスプロファイルの新しいロールを作成するか、既存のロールに対する AmazonElasticFileSystemsUtils 権限ポリシーを追加できます。次に、このインスタンスプロファイルを使用して、Amazon EC2 インスタンスを起動する必要があります。詳細については、次を参照してください。ステップ 4: Systems Manager の IAM インスタンスプロファイルを作成する

ステップ 2: Amazon EFS クライアントをインストールまたは更新するためにステートマネージャーが使用する関連付けを設定する

amazon-efs-utils パッケージはディストリビューターに含まれており、マネージド EC2 インスタンスにデプロイできます。インストール可能な amazon-efs-utils の最新バージョンを表示するには、AWS Systems Manager コンソールまたは任意の AWS コマンドラインツールを使用します。Distributor にアクセスするには、https://console.aws.amazon.com/systems-manager/ を開き、左側のナビゲーションペインで Distributor を選択します。Amazonが所有 セクションの「AmazoneFsutils」に置きます。AmazoneFsutils を選択し、パッケージの詳細を確認します。詳細については、「パッケージを表示する」を参照してください。

ステートマネージャを使用すると、マネージド EC2 インスタンスを直ちに、またはスケジュールに従って amazon-efs-utils パッケージをインストールまたは更新できます。さらに、amazon-efs-utils が新しい EC2 インスタンスに自動的にインストールされることを確認できます。Distributor および State Manager を使用したパッケージのインストールまたは更新の詳細については、「Distributor の使用」を参照してください。

を自動的にインストールまたは更新するには amazon-efs-utils Systems Manager コンソールを使用してインスタンスにパッケージ化するには、を参照してください。パッケージのインストールまたは更新のスケジュール (コンソール)。これにより、一連のインスタンスに適用する状態を定義する State Manager の関連付けを作成するように求められます。関連付けを作成するときは、次の入力を使用します。

  • パラメータでは、アクション > インストール および インストールのタイプ > インプレース更新 を選択します。 

  • ターゲット では、推奨設定は すべてのインスタンスを選択する であり、自動的にインストールまたは AmazoneFsutils を更新するにはターゲットとして新規および既存の EC2 インスタンスを登録します。または、インスタンスタグを指定したり、インスタンスを手動で選択したり、リソースグループを選択してインスタンスのサブセットに関連付けを適用することもできます。インスタンスタグを指定する場合は、タグを使用して EC2 インスタンスを起動し、AWS Systems Manager が自動的に Amazon EFS クライアントをインストールまたは更新することを許可する必要があります。

  • スケジュールの指定 では、AmazoneFsutils の推奨設定は30日ごとです。コントロールを使用して、cron または関連付けの rate スケジュールを作成できます。

AWS Systems Manager を使用して複数の Amazon EFS ファイルシステムを複数の EC2 インスタンスにマウントするには、「AWS Systems Manager を使用して EFS を複数の EC2 インスタンスにマウントする」を参照してください。