での Metric Math の使用 Amazon EFS - Amazon Elastic File System

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

での Metric Math の使用 Amazon EFS

Metric Math の使用により、複数の CloudWatch メトリクスをクエリし、数式を使用して、これらのメトリクスに基づく新しい時系列を作成できます。作成された時系列を CloudWatch コンソールで視覚化でき、ダッシュボードに追加できます。たとえば、Amazon EFS メトリクスを使用して、60 で割った DataRead オペレーションのサンプル数を取得できます。結果は、指定された 1 分間の 1 秒あたりのファイルシステムにおける読み込みの平均数です。Metric Math の詳細については、https://docs.aws.amazon.com/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/using-metric-math.html の「Amazon CloudWatch ユーザーガイド.Metric Math を使用する」を参照してください。

以下は、 で役立ついくつかのメトリクス数式です。Amazon EFS.

Metric Math: スループット MiB(/秒)

ある期間の平均スループット (MiB/秒) を計算するには、まず合計の統計 (DataReadIOBytes、、DataWriteIOBytesMetadataIOBytesまたは ) を選択しますTotalIOBytes。次に、値を に変換しMiB、その期間の秒数で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: ( の合計 TotalIOBytes ÷ 1,048,576 ( に変換するMiBため)) ÷ その期間の秒数

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1
  • DataReadIOBytes

  • DataWriteIOBytes

  • MetadataIOBytes

  • TotalIOBytes

sum 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1 (m1/1048576)/PERIOD(m1)

Metric Math: パーセントスループット

このメトリクスの数式では、さまざまな I/O タイプ—に使用される全体的なスループットの割合 (たとえば、読み取りリクエストによって駆動される合計スループットの割合) を計算します。いずれかの I/O タイプ (DataReadIOBytes、、DataWriteIOBytesまたは  MetadataIOBytes) によって特定の期間に使用されるスループット全体に対する割合を計算するには、まず、それぞれの合計統計に 100 を掛けます。次に、その結果を同じ期間の TotalIOBytes の合計の統計で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: (DataReadIOBytes の合計 x 100 (パーセントに変換するため)) ÷ TotalIOBytes の合計

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1
  • TotalIOBytes

sum 1 分
m2
  • DataReadIOBytes

sum 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1 (m2*100)/m1

Metric math: 許可されたスループット使用率の割合

ある期間の許可されたスループット使用率 (MeteredIOBytes) を計算するには、まずスループットMiBを /秒で 100 倍します。次に、その結果をPermittedThroughput同じ期間の MiB に変換された の合計の統計で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: (スループットのメトリクス数式 (MiB/秒 x 100) (パーセントに変換するため)) ÷ ( の合計 PermittedThroughput ÷ 1,048,576 (バイトを に変換するためMiB))。

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1

MeteredIOBytes

sum 1 分
m2

PermittedThroughput

sum 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1

(m1/1048576)/PERIOD(m1)

e2 m2/1048576
e3 ((e1)*100)/(e2)

Metric math: スループット IOPS

ある期間の 1 秒あたりの平均オペレーション数 (IOPS) を算出するには、サンプル数の統計 (DataReadIOBytesDataWriteIOBytesMetadataIOBytes または TotalIOBytes) をその期間の秒数で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: DataWriteIOBytes のサンプル数 ÷ その期間の秒数

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1
  • DataReadIOBytes

  • DataWriteIOBytes

  • MetadataIOBytes

  • TotalIOBytes

サンプル数 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1 m1/PERIOD(m1)

Metric math: IOPS の割合

ある期間のさまざまな I/O タイプ (DataReadIOBytesDataWriteIOBytes、または MetadataIOBytes) の 1 秒あたりの IOPS の割合を計算するには、まず、それぞれのサンプル数の統計に 100 を掛けます。次に、その値を同じ期間の TotalIOBytes のサンプル数の統計で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: (MetadataIOBytes のサンプル数 x 100 (パーセントに変換するため)) ÷ TotalIOBytes のサンプル数

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1
  • TotalIOBytes

サンプル数 1 分
m2
  • DataReadIOBytes

  • DataWriteIOBytes

  • MetadataIOBytes

サンプル数 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1 (m2*100)/m1

Metric Math: の平均 I/O サイズ KiB

ある期間の平均 I/O サイズ ( 内KiB) を計算するにはDataReadIOBytes、、、または DataWriteIOBytes メトリクスのそれぞれの合計統計をMetadataIOBytes、そのメトリクスの同じサンプル数の統計で割ります。

たとえば、このようなロジックがあるとします: ( の合計 DataReadIOBytes ÷ 1,024 ( に変換するKiBため)) ÷ のサンプル数  DataReadIOBytes

この場合、CloudWatch メトリクス情報は次のようになります。

ID 使用可能なメトリクス 統計 間隔
m1
  • DataReadIOBytes

  • DataWriteIOBytes

  • MetadataIOBytes

sum 1 分
m2
  • DataReadIOBytes

  • DataWriteIOBytes

  • MetadataIOBytes

サンプル数 1 分

ユーザーの Metric Math ID と式は以下のようになります。

ID
e1 (m1/1024)/m2

の AWS CloudFormation テンプレートを使用した Metric Math の使用 Amazon EFS

AWS CloudFormation テンプレートを使用してメトリクス数式を作成することもできます。このようなテンプレートの 1 つを のAmazon EFSチュートリアルからダウンロードしてカスタマイズして使用できますGitHub。 AWS CloudFormation テンプレートの使用の詳細については、の「AWS テンプレートCloudFormationの使用」を参照してくださいAWS CloudFormation ユーザーガイド。