IP アドレスを使用してマウントする - Amazon Elastic File System

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

IP アドレスを使用してマウントする

DNS 名を使用して Amazon EFS ファイルシステムをマウントする代わりに、Amazon EC2 インスタンスでマウントターゲットの IP アドレスを使用してファイルシステムをマウントできます。IP アドレスによるマウントは、DNS ホスト名を無効にした VPC や ClassicLink を使用してマウントした EC2-Classic インスタンスなど DNS が無効になっている環境でも機能します。ClassicLink に関する詳細は、『Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド』の「ClassicLink」を参照してください。

デフォルトで DNS 名を使用してファイルシステムをマウントするように設定されたアプリケーションのフォールバックオプションとして、マウントターゲット IP アドレスを使用してファイルシステムのマウントを設定することもできます。マウントターゲット IP アドレスに接続する場合、EC2 インスタンスは接続先インスタンスと同じアベイラビリティーゾーンのマウントターゲット IP アドレスを使用してマウントする必要があります。

次の手順を使用して、EFS ファイルシステムのマウントターゲット IP アドレスをコンソールから取得できます。

EFS ファイルシステムのマウントターゲット IP アドレスを取得するには

  1. Amazon Elastic File System コンソール (https://console.aws.amazon.com/efs/) を開きます。

  2. [File systems (ファイルシステム)] で、EFS ファイルシステムの [Name (名前)] 値を選択します。

  3. [Mount targets (マウントターゲット)] テーブルで、EFS ファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントするために使用する [Availability Zone (アベイラビリティーゾーン)] を特定します。

  4. 選択した [Availability Zone (アベイラビリティーゾーン)] と関連付けられた [IP address (IP アドレス)] を書き留めておきます。

次に示すように、マウントターゲットの IP アドレスを mount コマンドで指定できます。

$ sudo mount -t nfs -o nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2,noresvport mount-target-IP:/ ~/efs-mount-point

AWS CloudFormation で IP アドレスを使用してマウントする

AWS CloudFormation テンプレートで IP アドレスを使用してファイルシステムをマウントすることもできます。詳細については、GitHub のコミュニティが提供している設定ファイルの awsdocs/elastic-beanstalk-samplesstorage-efs-mountfilesystem-ip-addr.config を参照してください。