Amazon EKS クラスター - Amazon EKS

Amazon EKS クラスター

Amazon EKS クラスターは、主要な 2 つのコンポーネントで構成されています。

  • Amazon EKS コントロールプレーン

  • コントロールプレーンに登録された Amazon EKS ノード

Amazon EKS コントロールプレーンは、etcd や Kubernetes API サーバーなどの Kubernetes ソフトウェアを実行するコントロールプレーンノードで設定されています。コントロールプレーンは AWS によって管理されるアカウントで実行され、Kubernetes API はクラスターに関連付けられた Amazon EKS エンドポイントを介して公開されます。各 Amazon EKS クラスターのコントロールプレーンは、一意かつシングルテナントであり、固有の Amazon EC2 インスタンスセット上で実行されます。

etcd ノードおよび関連する Amazon EBS ボリュームによって格納されているすべてのデータに対しては、AWS KMS を使用した暗号化が行われます。クラスターコントロールプレーンは、複数のアベイラビリティーゾーンに渡ってプロビジョニングされ、Elastic Load Balancing Network Load Balancer によって前面に置かれます。また、Amazon EKS は、VPC サブネット内に Elastic Network Interface もプロビジョニングします。これにより、コントロールプレーンインスタンスからノードへの接続が可能になります (例えば、kubectl exec logs proxy のデータフローをサポートします)。

重要

Amazon EKS 環境では、アップストリームガイダンスのとおり、etcd ストレージは 8 GB に制限されます。現在のデータベースのサイズで、etcd_db_total_size_in_bytes メトリクスをモニタリングできます。

Amazon EKS ノードは、ユーザーの AWS アカウントで実行されます。クラスターのコントロールプレーンへの接続は、API サーバーエンドポイントや、クラスターのために作成された証明書ファイル経由で行われます。

注記
  • Amazon EKS ネットワーク」で、Amazon EKS のさまざまなコンポーネントがどのように機能するかについて、ご確認いただけます。

  • 接続されたクラスタについては、Amazon EKS Connectorをご覧ください。