Amazon EKS
ユーザーガイド

Amazon EKS クラスター

Amazon EKS クラスターは 2 つの主なコンポーネントで構成されています。

  • Amazon EKS コントロールプレーン

  • コントロールプレーンに登録されている Amazon EKS ワーカーノード

Amazon EKS コントロールプレーンは、etcd、Kubernetes API サーバーなど、Kubernetes ソフトウェアを実行するコントロールプレーンノードで構成されています。コントロールプレーンは AWS によって管理されるアカウントで実行され、Kubernetes API はクラスターに関連付けられている Amazon EKS エンドポイントを使用して公開されます。各 Amazon EKS クラスターコントロールプレーンはシングルテナントで一意であり、独自の Amazon EC2 インスタンスセット上で実行されます。

etcd ノードおよび関連する Amazon EBS ボリュームによって保存されるすべてのデータは暗号化されます。Amazon EKS はマスター暗号化キーを使用して、Amazon EKS サービスによって管理されるボリューム暗号化キーを生成します。

クラスターコントロールプレーンは、複数のアベイラビリティーゾーンで Elastic Load Balancing Network Load Balancer を前面に置いてプロビジョニングされます。Amazon EKS はまた、コントロールプレーンインスタンスからワーカーノードへの接続を提供するために、VPC サブネットの Elastic Network Interface をプロビジョニングします (たとえば、kubectl execlogs、および proxy データフローをサポートします)。

Amazon EKS ワーカーノードは AWS アカウントで実行され、クラスター API サーバーエンドポイントおよびクラスターに作成された証明書ファイルを使用してクラスターのコントロールプレーンに接続します。