Amazon EKS 最適化 Amazon Linux AMI(AMI) - Amazon EKS

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon EKS 最適化 Amazon Linux AMI(AMI)

[ Amazon EKS 最適化 Amazon Linux AMI は、 Amazon Linux 2およびは、 のベース画像として機能するように構成されています。 Amazon EKS ノード。AMIは、 Amazon EKS Docker、 kubelet 、および AWS IAM Authenticator。

注記

次のいずれかの表のリンクを選択して、最新の Amazon EKS 最適化 Amazon Linux 地域およびKubernetesバージョンのAMI ID。さまざまなツールを使用して、AWS Systems Manager パラメータで ID を取得することもできます。詳細については、取得中 Amazon EKS 最適化 Amazon Linux AMI ID(AMI ID) を参照してください。

Kubernetes バージョン 1.17.11
サービス対象 x86 x86 アクセラレーション Arm
米国東部 (オハイオ) (us-east-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国東部(バージニア北部) (us-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (オレゴン) (us-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (北カリフォルニア) (us-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アフリカ (ケープタウン) (af-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (香港) (ap-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ムンバイ) (ap-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (東京) (ap-northeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ソウル) (ap-northeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シンガポール) (ap-southeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シドニー) (ap-southeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
カナダ (中部) (ca-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (北京) (cn-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (寧夏) (cn-northwest-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (フランクフルト) (eu-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (アイルランド) (eu-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ロンドン) (eu-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
ヨーロッパ (ミラノ) (eu-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (パリ) (eu-west-3) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ストックホルム) (eu-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中東 (バーレーン) (me-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
南米 (サンパウロ) (sa-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (米国東部) (us-gov-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (US-West) (us-gov-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
Kubernetes バージョン 1.16.13
サービス対象 x86 x86 アクセラレーション Arm
米国東部 (オハイオ) (us-east-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国東部(バージニア北部) (us-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (オレゴン) (us-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (北カリフォルニア) (us-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アフリカ (ケープタウン) (af-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (香港) (ap-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ムンバイ) (ap-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (東京) (ap-northeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ソウル) (ap-northeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シンガポール) (ap-southeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シドニー) (ap-southeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
カナダ (中部) (ca-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (北京) (cn-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (寧夏) (cn-northwest-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (フランクフルト) (eu-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (アイルランド) (eu-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ロンドン) (eu-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
ヨーロッパ (ミラノ) (eu-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (パリ) (eu-west-3) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ストックホルム) (eu-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中東 (バーレーン) (me-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
南米 (サンパウロ) (sa-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (米国東部) (us-gov-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (US-West) (us-gov-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
Kubernetes バージョン 1.15.11
サービス対象 x86 x86 アクセラレーション Arm
米国東部 (オハイオ) (us-east-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国東部(バージニア北部) (us-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (オレゴン) (us-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (北カリフォルニア) (us-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アフリカ (ケープタウン) (af-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (香港) (ap-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ムンバイ) (ap-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (東京) (ap-northeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ソウル) (ap-northeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シンガポール) (ap-southeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シドニー) (ap-southeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
カナダ (中部) (ca-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (北京) (cn-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (寧夏) (cn-northwest-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (フランクフルト) (eu-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (アイルランド) (eu-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ロンドン) (eu-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
ヨーロッパ (ミラノ) (eu-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (パリ) (eu-west-3) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ストックホルム) (eu-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中東 (バーレーン) (me-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
南米 (サンパウロ) (sa-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (米国東部) (us-gov-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (US-West) (us-gov-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
Kubernetes バージョン 1.14.9
サービス対象 x86 x86 アクセラレーション Arm
米国東部 (オハイオ) (us-east-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国東部(バージニア北部) (us-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (オレゴン) (us-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
米国西部 (北カリフォルニア) (us-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アフリカ (ケープタウン) (af-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (香港) (ap-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ムンバイ) (ap-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (東京) (ap-northeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (ソウル) (ap-northeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シンガポール) (ap-southeast-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
アジアパシフィック (シドニー) (ap-southeast-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
カナダ (中部) (ca-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (北京) (cn-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中国 (寧夏) (cn-northwest-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (フランクフルト) (eu-central-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (アイルランド) (eu-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ロンドン) (eu-west-2) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
ヨーロッパ (ミラノ) (eu-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (パリ) (eu-west-3) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
欧州 (ストックホルム) (eu-north-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
中東 (バーレーン) (me-south-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
南米 (サンパウロ) (sa-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (米国東部) (us-gov-east-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
AWS GovCloud (US-West) (us-gov-west-1) AMI ID を表示 AMI ID を表示 AMI ID を表示
重要

これらの AMI には、ノードの最新 AWS CloudFormation テンプレートが必要です。これらの AMI は、以前のバージョンのノードテンプレートで使用することはできません。つまり、クラスターに加えることはできません。これらの AMI を使用するには必ず、既存の AWS CloudFormation ノードスタックを最新のテンプレート (以下の URL) でアップグレードしてください。

https://amazon-eks.s3.us-west-2.amazonaws.com/cloudformation/2020-08-12/amazon-eks-nodegroup.yaml

[ AWS CloudFormation ノードテンプレートは、 Amazon EC2 特殊な ブートストラップ スクリプト. このスクリプトを使用すると、ノードを検出してクラスタの制御プレーンに自動的に接続できます。詳細については、自己管理型の起動 Amazon Linux ノード を参照してください。

Amazon EKS 最適化された加速化 Amazon Linux AMI(AMI)

[ Amazon EKS 最適化された加速化 Amazon Linux AMIは標準の上に構築されています。 Amazon EKS 最適化 Amazon Linux AMI、および は、 Amazon EKS GPUと 推論 ワークロードを基盤としています。

規格の他、 Amazon EKS 最適化された AMI 構成の高速化された AMI には、以下が含まれます。

  • NVIDIA ドライバー

  • nvidia-container-runtime (デフォルトのランタイム)

  • AWS Neuron コンテナランタイム

注記
  • Amazon EKS に最適化された高速 AMI は、GPU ベースおよび Inferentia ベースのインスタンスタイプのみをサポートします。これらのインスタンスタイプは必ず、ノードの AWS CloudFormation テンプレートで指定してください。Amazon EKS に最適化された高速 AMI を使用することで、NVIDIA のエンドユーザーライセンス契約 (EULA) に同意したものとみなされます。

  • Amazon EKS に最適化された高速 AMI は、以前は Amazon EKS 最適化 AMI (GPU サポートあり) と呼ばれていました。

  • 以前のバージョンの Amazon EKS に最適化された高速 AMI では、nvidia-docker リポジトリがインストールされていました。このリポジトリは Amazon EKS AMI バージョン v20200529 以降には含まれません。

GPUベースのワークロードを有効にするには

次の手順では、 を使用して GPU ベースのインスタンスでワークロードを実行する方法について説明します。 Amazon EKS 最適化された加速AMIです。Inferentia ベースのワークロードの使用の詳細については、「Inferentia のサポート」を参照してください。

  1. GPUノードがクラスタに参加した後、 Kubernetes用NVIDIAデバイスプラグイン を、次のコマンドを使用してクラスタ上のDaemonSetとして使用します。

    kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/NVIDIA/k8s-device-plugin/v0.6.0/nvidia-device-plugin.yml
  2. ノードに GPU が割り当てられたことは、次のコマンドを使って確認できます。

    kubectl get nodes "-o=custom-columns=NAME:.metadata.name,GPU:.status.allocatable.nvidia\.com/gpu"

GPU ノードが正しく構成されていることをテストするためにポッドを展開するには

  1. 以下の内容で、nvidia-smi.yaml というファイルを作成します。このマニフェストは、 nvidia-smi ノード上にあります。

    apiVersion: v1 kind: Pod metadata: name: nvidia-smi spec: restartPolicy: OnFailure containers: - name: nvidia-smi image: nvidia/cuda:9.2-devel args: - "nvidia-smi" resources: limits: nvidia.com/gpu: 1
  2. 上記の変更を次のコマンドを使って適用します。

    kubectl apply -f nvidia-smi.yaml
  3. ポッドの実行が終了後、次のコマンドを使用してログを表示します。

    kubectl logs nvidia-smi

    出力:

    Mon Aug 6 20:23:31 2018 +-----------------------------------------------------------------------------+ | NVIDIA-SMI 396.26 Driver Version: 396.26 | |-------------------------------+----------------------+----------------------+ | GPU Name Persistence-M| Bus-Id Disp.A | Volatile Uncorr. ECC | | Fan Temp Perf Pwr:Usage/Cap| Memory-Usage | GPU-Util Compute M. | |===============================+======================+======================| | 0 Tesla V100-SXM2... On | 00000000:00:1C.0 Off | 0 | | N/A 46C P0 47W / 300W | 0MiB / 16160MiB | 0% Default | +-------------------------------+----------------------+----------------------+ +-----------------------------------------------------------------------------+ | Processes: GPU Memory | | GPU PID Type Process name Usage | |=============================================================================| | No running processes found | +-----------------------------------------------------------------------------+

Amazon EKS 最適化されたアーム Amazon Linux AMI(AMI)

Armインスタンスは、Webサーバ、コンテナ化されたマイクロサービス、キャッシングフリート、分散データストアなどのスケールアウトおよびArmベースのアプリケーションに対して、大幅なコスト削減を実現します。クラスタにArmノードを追加する場合は、次の考慮事項を確認してください。

Considerations

  • Arm AMI は 1.15 以降のクラスタにのみ展開できます。

  • クラスタが2020年8月17日以前に導入されている場合、重要なクラスタアドオンマニフェストを1回アップグレードする必要があります。これにより、Kubernetesは、クラスタで使用されている各ハードウェアアーキテクチャに対して正しいイメージを取得できます。クラスタアドオンの更新の詳細については、以下を参照してください。 既存のクラスターの更新. クラスタを2020年8月17日以降に導入した場合、 corednskube-proxy、および Amazon VPC Kubernetesアドオン用CNIプラグインは、すでにマルチアーキテクチャに対応しています。

  • Armノードにデプロイされたアプリケーションは、Arm用にコンパイルする必要があります。

  • _を使用することはできません Amazon FSx for Lustre CSI ドライバー アームで。

  • 既存のクラスタにデーモンセットがデプロイされている場合、または、Armノードもデプロイする新しいクラスタにデーモンセットをデプロイする場合は、デーモンセットがクラスタ内のすべてのハードウェアアーキテクチャで実行できることを確認します。

  • 同じクラスタ内で、アーム・ノード・グループとx86ノード・グループを実行できます。その場合は、次のようなコンテナリポジトリに複数アーキテクチャのコンテナイメージを配置することを検討してください。 Amazon Elastic Container Registry そして、ノードセレクタをマニフェストに追加して、Kubernetesがポッドをどのハードウェアアーキテクチャにデプロイできるかを把握できるようにします。詳細については、以下を参照してください。 マルチアーキテクチャイメージのプッシュ を Amazon ECR ユーザーガイドおよび Amazon ECR用のマルチアーキテクチャコンテナイメージの紹介 ブログ投稿。