Amazon EKS の使用開始 - Amazon EKS

Amazon EKS の使用開始

このユーザーガイドの多くの手順では、次のコマンドラインツールを使用します。

  • kubectl - Kubernetes クラスターを操作するためのコマンドラインツール。詳細については、「kubectl のインストールまたは更新」を参照してください。

  • eksctl – EKS クラスターで多くの個別のタスクを自動化するために使用するコマンドラインツール。詳細については、「eksctl のインストールまたは更新」を参照してください。

  • AWS CLI – Amazon EKS など AWS のサービスを操作するためのコマンドラインツールです。詳細については、 ユーザーガイドの、「AWS CLI のインストール、更新、およびアンインストールAWS Command Line Interface」を参照してください。AWS CLI のインストール後は、設定も行っておくことをお勧めします。詳細については、 ユーザーガイドの「aws configure でクイック設定AWS Command Line Interface」を参照してください。

Amazon EKS でノードを使用して新しい Kubernetes クラスターを作成するために利用できる 2 つの入門ガイドがあります。

  • Amazon EKS の開始方法 – eksctl – この入門ガイドは、eksctl (Amazon EKS 上に Kubernetes クラスターを作成および管理するためのシンプルなコマンドラインユーティリティ) を使用して、Amazon EKS の開始に必要なすべてのリソースをインストールする方法を解説しています。チュートリアルを完了すると、アプリケーションのデプロイが可能な Amazon EKS クラスターが実行状態になります。このガイドの利用が、Amazon EKS の使用を開始するための最も迅速かつシンプルな手段です。

  • Amazon EKS の開始方法 – AWS Management Console と AWS CLI – この入門ガイドは、AWS Management Console と AWS CLI を使用して Amazon EKS を開始するために必要な、すべてのリソースの作成に役立ちます。チュートリアルを完了すると、アプリケーションのデプロイが可能な Amazon EKS クラスターが実行状態になります。このガイドでは、Amazon EKS クラスターに必要なリソースを手動で個別に作成していきます。ここでの手順に従うことで、各リソースがどのように作成されたか、および、リソース間のやり取りがどのように行われているかなどを、把握できるようになります。