AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド

AWS Config での Elastic Beanstalk リソースの検索と追跡

AWS Config は、AWS アカウントにある AWS リソースの設定詳細ビューを提供します。リソース間の関係、設定変更の履歴、関係と設定の時間的な変化を確認できます。AWS Config で定義したルールを使用し、データのコンプライアンスに関するリソースの設定を評価できます。

AWS Config には、いくつかの Elastic Beanstalk リソースタイプが統合されています。

  • アプリケーション

  • アプリケーションバージョン

  • 環境

次のセクションでは、これらのタイプのリソースを記録するように AWS Config を設定する方法について説明します。

AWS Config の詳細については、AWS Config Developer Guide を参照してください。料金情報については、AWS Config 料金表ページを参照してください。

AWS Config のセットアップ

AWS Config を初めて設定する場合は、AWS Config Developer Guide の以下のトピックを参照してください。

Elastic Beanstalk リソースを記録するための AWS Config の設定

デフォルトでは、環境が実行されているリージョンで検出したすべてのサポートされているタイプのリージョナルリソースについて設定の変更が AWS Config で記録されます。AWS Config をカスタマイズすることで、特定のリソースタイプのみの変更を記録するか、グローバルリソースの変更を記録できます。たとえば、Elastic Beanstalk リソースの変更と、Elastic Beanstalk で自動的に起動される他の AWS リソースのサブセットの変更を記録するように AWS Config を設定できます。

次の図に示すAWS Config の [設定] ページでは、記録する Elastic Beanstalk リソースタイプとして、[Application]、[ApplicationVersion]、[Environment] を選択できます。


        選択して記録するリソースタイプを一覧表示する AWS Config 設定ページ

いくつかのリソースタイプを選択すると、[Specific types] リストが次のように表示されます。


        記録対象として選択されたリソースタイプを示す AWS Config 設定ページ

リージョナルリソースグローバルリソースの相違点、およびカスタマイズ手順の詳細については、「AWS Config で記録するリソースの選択」を参照してください。

AWS Config コンソールでの Elastic Beanstalk 設定詳細の表示

AWS Config コンソールを使用して Elastic Beanstalk リソースを探し、その現在の設定および設定の履歴を確認できます。次の例では Elastic Beanstalk 環境に関する情報を見つける方法を示します。

AWS Config コンソールで Elastic Beanstalk 環境を見つけるには

  1. AWS Config コンソールを開きます。

  2. [リソース] を選択します。

  3. [リソースのインベントリ] ページで、[リソース] を選択します。

  4. [Resource type] メニューを開き、[ElasticBeanstalk] までスクロールし、1 つ以上の Elastic Beanstalk リソースタイプを選択します。次の図の [1] を参照してください。

    注記

    アプリケーション用に Elastic Beanstalk で作成した他のリソースタイプの設定の詳細を表示するには、その他のリソースタイプを選択します。たとえば、[EC2] の下の [インスタンス] を選択します。

  5. Look up を選択します。次の図の [2] を参照してください。

    
            検索するリソースタイプを一覧表示する AWS Config リソースインベントリページ
  6. AWS Config に表示されたリソースのリストで、リソース ID を選択します。

    
            リソースを一覧表示する AWS Config リソースインベントリページ

選択したリソースに関する設定の詳細などの情報が AWS Config に表示されます。


        Elastic Beanstalk 環境に関する設定の詳細を表示する AWS Config リソース詳細ページ

記録した設定の詳細全体を表示するには、[View Details] を選択します。


        Elastic Beanstalk 環境に関する設定の詳細を表示する AWS Config リソース詳細ページ

このページでリソースを検索して情報を表示する他の方法については、AWS Config Developer Guideの「AWS リソースの設定および履歴の表示」を参照してください。

AWS Config ルールでの Elastic Beanstalk リソースの評価

AWS Config ルールを作成して、Elastic Beanstalk リソースの最適な設定内容を定義できます。事前定義済みの AWS マネージド Config ルールを使用するか、カスタムルールを定義することができます。AWS Config は、リソースの設定変更を継続的に追跡し、これらの変更がルールの条件に違反していないかどうかを確認します。AWS Config コンソールには、ルールとリソースのコンプライアンスステータスが表示されます。

リソースがルールに違反していて非準拠としてフラグが設定されていると、AWS Config は Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックを使用してアラートを送信できます。このような AWS Config アラートをプログラムで使用する場合は、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューを Amazon SNS トピックの通知エンドポイントとして使用します。たとえば、だれかが環境の Auto Scaling グループの設定を変更したときに、ワークフローを開始するようなコードを作成できます。

ルールの設定と使用の詳細については、AWS Config Developer Guideの「AWS Config ルールでのリソースの評価」を参照してください。