AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド

Elastic Beanstalk インスタンスプロファイル

インスタンスプロファイルは、Elastic Beanstalk 環境で起動されたインスタンスに適用される IAM ロールです。Elastic Beanstalk 環境の作成時、インスタンスによる以下のアクションに使用されるインスタンスプロファイルを指定します。

  • アプリケーションバージョン を Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) から取得する

  • ログを Amazon S3 に書き込む

  • AWS X-Ray 統合環境で、デバッグデータを X-Ray にアップロードする

  • (マルチコンテナ Docker 環境)Amazon Elastic Container Service によるコンテナのデプロイの調整

  • ワーカー環境で、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューから読み取る

  • (ワーカー環境)Amazon DynamoDB によるリーダーの選択

  • (ワーカー環境)Amazon CloudWatch へのインスタンスヘルスメトリクスのパブリッシュ

AWSElasticBeanstalkWebTier 管理ポリシーには、環境内のインスタンスからログを Amazon S3 にアップロードし、デバッグ情報を X-Ray に送信するためのステートメントが含まれます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "BucketAccess", "Action": [ "s3:Get*", "s3:List*", "s3:PutObject" ], "Effect": "Allow", "Resource": [ "arn:aws:s3:::elasticbeanstalk-*", "arn:aws:s3:::elasticbeanstalk-*/*" ] }, { "Sid": "XRayAccess", "Action": [ "xray:PutTraceSegments", "xray:PutTelemetryRecords" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" }, { "Sid": "CloudWatchLogsAccess", "Action": [ "logs:PutLogEvents", "logs:CreateLogStream", "logs:DescribeLogStreams", "logs:DescribeLogGroups" ], "Effect": "Allow", "Resource": [ "arn:aws:logs:*:*:log-group:/aws/elasticbeanstalk*" ] } ] }

Elastic Beanstalk には、その他の用途に使用する AWSElasticBeanstalkWorkerTierAWSElasticBeanstalkMulticontainerDocker といった管理ポリシー もあります。コンソールまたは EB CLI で環境を作成すると、Elastic Beanstalk は、これらすべてのポリシーをデフォルトのインスタンスプロファイル aws-elasticbeanstalk-ec2-role にアタッチします。

ウェブアプリケーションで他の AWS サービスへのアクセスが必要な場合、インスタンスプロファイルに、これらのサービスへのアクセスを許可するステートメントまたは管理ポリシーを追加します。

インスタンスプロファイルの詳細については、Elastic Beanstalk インスタンスプロファイルを管理するを参照してください。