AWS マネジメントコンソールでの環境の状態のモニタリング - AWS Elastic Beanstalk

AWS マネジメントコンソールでの環境の状態のモニタリング

Elastic Beanstalk コンソールからアプリケーションの動作情報にアクセスできます。コンソールは、環境の状態とアプリケーションの状態を一目で分かるように表示します。コンソールの [環境] ページおよび各アプリケーションのページで、リスト上の環境はステータスを示すために色分けされています。

Elastic Beanstalk コンソールで環境を監視するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、リージョンのドロップダウンリストでリージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[Monitoring] を選択します。

[Monitoring] ページには、環境全体の統計(CPU 使用率や平均レイテンシー)が表示されます。全体の統計に加え、時間ごとのリソース使用率を示すモニタリンググラフも表示されます。グラフの任意の場所をクリックして、詳細情報を表示できます。

注記

デフォルトでは、基本的な CloudWatch メトリクスだけが有効化されていて、5 分周期でデータを返します。環境の設定を変更することで、より粒度の高い、1 分単位の CloudWatch メトリクスを有効化することもできます。

概要

環境の状態の概要は、画面の上部近くに表示されます。


        Elastic Beanstalk コンソールの環境モニタリングページにある環境の状態概要セクション

概要パネルには、環境内で一定期間に発生したアクティビティに関するカスタマイズ可能な概要が示されます。[期間] ドロップダウンを選択し、時間の長さを選択して、1 分から 1 日の間の情報を表示します。

モニタリンググラフ

概要の下には、環境全体の状態に関する一定期間のデータを示すグラフがあります。[期間] ドロップダウンを選択し、時間の長さを選択して、各 2 つのプロットポイント間の時間が 1 分から 1 日の期間になるように設定します。[Time Range (時間範囲)] ドロップダウンを選択し、時間の長さを選択して、グラフの時間軸が 3 時間から 2 週間の期間になるように設定します。


        Elastic Beanstalk コンソールの環境モニタリングページにある環境の状態モニタリングセクション

モニタリングコンソールのカスタマイズ

いずれかのモニタリングセクションの横にある [編集] を選択して、表示する情報をカスタマイズします。


        Elastic Beanstalk コンソールの環境モニタリングページのセクションをカスタマイズする

既存の項目を削除するには、右上隅にある 
          X icon
        を選択します。

概要またはグラフを追加するには

  1. [概要] セクションまたは [モニタリング] セクションで [編集] をクリックします。

  2. [Resource] を選択します。サポートされているリソースは、環境の Auto Scaling グループ、Elastic Load Balancing ロードバランサー、および環境そのものです。

  3. リソースの [CloudWatch metric] を選択します。サポートされているメトリクスの詳細な一覧については、「環境の Amazon CloudWatch カスタムメトリクスのパブリッシュ」を参照してください。

  4. [Statistic] を選択します。デフォルトの統計情報は、選択された CloudWatch メトリクスに関する、期間(概要の場合)またはプロットポイント間(グラフの場合)の平均値です。

  5. [Description] を入力します。これは、モニタリングコンソールに表示される項目のラベルになります。

  6. [Add (追加)] を選択します。

  7. これまでの手順を繰り返して項目を追加するか、[保存] を選択してセクションの変更を終了します。

各リソースのメトリクスやディメンションについては、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch の名前空間、ディメンション、メトリクスのリファレンス」を参照してください。

Elastic Load Balancing および Amazon EC2 のメトリクスは、すべての環境で有効になっています。

拡張ヘルスレポートでは、モニタリングコンソールで自動的に EnvironmentHealth メトリクスが有効になり、グラフが 1 つ追加されます。追加のメトリクスを環境設定で有効にすると、これらをモニタリングコンソールで使用できるようになります。拡張ヘルスでは、マネジメントコンソールに [Health] ページも追加されます。

注記

追加の CloudWatch メトリクスを使用環境用に有効にした場合、レポートが開始されメトリクスの一覧に表示されるまでに数秒かかります。この一覧を使用して、グラフと概要の統計情報を追加することができます。

拡張ヘルスレポートで使用可能なメトリクスについては、「環境の Amazon CloudWatch カスタムメトリクスのパブリッシュ」を参照してください。