アラームの管理 - AWS Elastic Beanstalk

アラームの管理

Elastic Beanstalk コンソールを使用して、モニタリングしているメトリクスに対するアラームを作成できます。アラームを使用すると、AWS Elastic Beanstalk 使用環境の変化をモニタリングしやすくなり、問題が発生する前に簡単に特定して影響を緩和できます。たとえば、環境の CPU 使用率が特定のしきい値を超えた場合に通知するアラームを設定し、潜在的な問題が発生する前に気づくことができます。詳細については、「Elastic Beanstalk を Amazon CloudWatch に使用する」を参照してください。

注記

Elastic Beanstalk は CloudWatch を使用してモニタリングやアラームを行います。CloudWatch コストの平均が、使用したアラームの AWS アカウントに適用されます。

特定のメトリクスのモニタリングの詳細については、「ベーシックヘルスレポート」を参照してください。

アラームの状態を確認するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[リージョン] のリストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[Alarms] を選択します。

    
          Elastic Beanstalk コンソールの環境アラームページ

    このページには、既存のアラームのリストが表示されます。アラーム状態にあるアラームは、 
            warning icon
          (警告) のフラグが付けられます。

  4. アラームをフィルタリングするには、ドロップダウンメニューを選択してから、[フィルター] を選択します。

  5. アラームを編集または削除するには、それぞれ 
            cog icon
          (編集) または 
            X icon
          (削除) を選択します。

アラームを作成するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[リージョン] のリストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[Monitoring] を選択します。

  4. アラームを作成するメトリクスを見つけて、 
            bell icon
          (アラーム) を選択します。[アラームの追加] ページが表示されます。

    
          Elastic Beanstalk コンソールのアラームの追加ダイアログ
  5. アラームについての詳細を入力します:

    • [Name]: このアラームの名前。

    • [Description] (オプション): このアラームの内容の短い説明。

    • [Period]: 読み取り間隔。

    • [Threshold]: アラームがトリガーされるためのメトリクスの動作と超えるべき値を指定します。

    • [Change state after]: アラームの状態変更をトリガーするしきい値を超えた後の時間。

    • [Notify]: アラームの状態が変更された時に通知される Amazon SNS トピック。

    • [Notify when state changes to]:

      • [OK]: メトリクスの値が、定義されたしきい値の範囲内にあります。

      • [Alarm]: 定義したしきい値を超えたメトリクス。

      • [Insufficient data]: アラームが開始されたか、メトリクスが利用可能でないか、またはメトリクスがアラームの状態を決定するためのデータが不足しています。

  6. [Add (追加)] を選択します。環境の更新中は環境ステータスがグレーになります。作成したアラームを表示するには、ナビゲーションペインで [Alarms (アラーム)] を選択します。