Elastic Load Balancing
Application Load Balancer

Application Load Balancer の使用開始

このチュートリアルでは、ウェブベースインターフェイスである AWS マネジメントコンソールを使用して Application Load Balancer を実践的に説明します。最初の Application Load Balancer を作成するには、次のステップを完了します。

または、Network Load Balancer を作成するには、Network Load Balancer 用ユーザーガイドの「Network Load Balancer の開始方法」を参照してください。Classic Load Balancer を作成するには、クラシックロードバランサー 用ユーザーガイドの「Classic Load Balancer の作成」を参照してください。

開始する前に

  • EC2 インスタンスに使用する 2 つのアベイラビリティーゾーンを決定します。これらの各アベイラビリティーゾーンに少なくとも 1 つのパブリックサブネットがある Virtual Private Cloud (VPC) を設定します。これらのパブリックサブネットは、ロードバランサーを設定するために使用されます。その代わりに、これらのアベイラビリティーゾーンの他のサブネットで EC2 インスタンスを起動することができます。

  • 各アベイラビリティーゾーンで少なくとも 1 つの EC2 インスタンスを起動します。必ず、Apache や Internet Information Services (IIS) などのウェブサーバーを各 EC2 インスタンスにインストールします。これらのインスタンスのセキュリティグループでは、ポート 80 の HTTP アクセスを許可していることを確認してください。

ステップ 1: ロードバランサーの種類の選択

Elastic Load Balancing は 3 種類のロードバランサーをサポートしています。このチュートリアルでは、Application Load Balancer を作成します。

Application Load Balancer を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、ロードバランサーのリージョンを選択します。EC2 インスタンス用に使用したリージョンと同じリージョンを必ず選択してください。

  3. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ロードバランサ―] を選択します。

  4. [Create Load Balancer] を選択します。

  5. [Application Load Balancer] で [作成] を選択します。

ステップ 2: ロードバランサーとリスナーの設定

[ロードバランサーの設定] ページで、次の手順を完了します。

ロードバランサーとリスナーを設定するには

  1. [名前] に、ロードバランサーの名前を入力します。

    Application Load Balancer の名前は、リージョンの Application Load Balancer および Network Load Balancer セット内で一意にする必要があります。最大 32 文字で、英数字とハイフンのみ使用できます。先頭と末尾にハイフンを使用することはできず、「internal-」で始めることはできません。

  2. [スキーム] および [IP アドレスタイプ] については、デフォルト値のままにします。

  3. [リスナー] では、デフォルトを保持します。これは、ポート 80 で HTTP トラフィックを受け入れるリスナーです。

  4. [アベイラビリティーゾーン] で、EC2 インスタンスに使用する VPC を選択します。EC2 インスタンスの起動に使用した各アベイラビリティーゾーンについて、アベイラビリティーゾーンを選択し、そのアベイラビリティーゾーンのパブリックサブネットを選択します。

  5. [Next: Configure Security Settings (次へ: セキュリティ設定の構成)] を選択します。

  6. このチュートリアルでは、HTTPS リスナーを作成しません。[Next: Configure Security Groups (次へ: セキュリティグループの設定)] を選択します。

ステップ 3: ロードバランサーのセキュリティグループの設定

ロードバランサーのセキュリティグループは、リスナーポートとヘルスチェックポートの両方で登録済みターゲットとの通信を許可する必要があります。コンソールはユーザーに代わって、ロードバランサーに正しいプロトコルとポートを指定するルールを持つセキュリティグループを作成できます。希望する場合には、独自のセキュリティグループを作成して選択することもできます。詳細については、「推奨ルール」を参照してください。

[セキュリティグループの設定] ページで、次の手順を実行し、Elastic Load Balancing を使用して、ユーザーの代わりにロードバランサーのセキュリティグループを作成します。

ロードバランサーのセキュリティグループを設定するには

  1. [Create a new security group] を選択します。

  2. セキュリティグループの名前と説明を入力するか、デフォルトの名前と説明を維持します。この新しいセキュリティグループには、[ロードバランサーの設定] ページで選択したロードバランサーリスナーポートへのトラフィックを許可するルールが含まれます。

  3. [Next: Configure Routing (次へ: ルーティングの設定)] を選択します。

ステップ 4: ターゲットグループの設定

リクエストルーティングで使用されるターゲットグループを作成します。リスナーのデフォルトルールは、このターゲットグループ内の登録済みターゲットにリクエストをルーティングします。ロードバランサーは、ターゲットグループに定義されたヘルスチェック設定を使用してこのターゲットグループ内のターゲットの状態を確認します。[ルーティングの設定] ページで、次の手順を完了します。

ターゲットグループを設定するには

  1. [ターゲットグループ] で、デフォルトの [新しいターゲットグループ] を保持します。

  2. [名前] に、新しいターゲットグループの名前を入力します。

  3. デフォルトのターゲットタイプ (インスタンス)、プロトコル (HTTP)、およびポート (80) を保持します。

  4. [ヘルスチェック] で、デフォルトの設定を保持します。

  5. [Next: Register Targets (次へ: ターゲットの登録)] を選択します。

ステップ 5: ターゲットグループへのターゲットの登録

[ターゲットの登録] ページで、次の手順を完了します。

インスタンスをターゲットグループに登録するには

  1. [インスタンス] で、1 つ以上のインスタンスを選択します。

  2. デフォルトポート (80) を保持し、[登録済みに追加] を選択します。

  3. インスタンスの選択が完了したら、[Next: Review (次へ: 確認)] を選択します。

ステップ 6: ロードバランサ―の作成とテスト

ロードバランサーを作成する前に、選択した設定を確認します。ロードバランサーを作成した後で、EC2 インスタンスにトラフィックを送信するかどうかを検証します。

ロードバランサーを作成してテストするには

  1. [確認] ページで、[作成] を選択します。

  2. ロードバランサーが正常に作成されたことが通知されたら、[閉じる] を選択します。

  3. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ターゲットグループ] を選択します。

  4. 新しく作成したターゲットグループを選択します。

  5. [ターゲット] タブで、インスタンスの準備ができていることを確認します。インスタンスのステータスが initial の場合、インスタンスがまだ登録の途中であるか、正常と見なされるのに必要なヘルスチェックの最小数に合格しなかったと考えられます。少なくとも 1 つのインスタンスのステータスが healthy であれば、ロードバランサーをテストできます。

  6. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ロードバランサ―] を選択します。

  7. 新しく作成したロードバランサーを選択します。

  8. [説明] タブで、ロードバランサーの DNS 名 (例: my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com) をコピーします。インターネットに接続したウェブブラウザのアドレスフィールドに DNS 名を貼り付けます。すべて適切な場合は、ブラウザにサーバーのデフォルトページが表示されます。

  9. (省略可能) 追加のリスナールールを定義するには、「ルールの追加」を参照してください。

ステップ 7: ロードバランサーの削除 (オプション)

ロードバランサーが利用可能になると、ロードバランサーの実行時間に応じて 1 時間ごと、または 1 時間未満の時間について課金されます。不要になったロードバランサーは削除できます。ロードバランサーが削除されると、ロードバランサーの課金も停止されます。ロードバランサーを削除しても、ロードバランサーに登録されたターゲットには影響を与えません。たとえば、EC2 インスタンスは実行され続けます。

ロードバランサーを削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ロードバランサ―] を選択します。

  3. 任意のロードバランサーのチェックボックスを選択し、[アクション]、[削除] を選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[はい、削除する] を選択します。