Elastic Load Balancing
Application Load Balancer

Application Load Balancer 用の HTTP リスナーを作成する

リスナーとは接続リクエストをチェックするプロセスです。ロードバランサーを作成するときにリスナーを定義し、いつでもロードバランサーにリスナーを追加できます。

このページの情報は、ロードバランサー用の HTTP リスナーを作成するのに役立ちます。ロードバランサーに HTTPS リスナーを追加するには、「Application Load Balancer 用の HTTPS リスナーを作成する」を参照してください。

前提条件

  • 転送アクションをデフォルトのリスナールールに追加するには、利用可能なターゲットグループを指定する必要があります。詳細については、「ターゲットグループの作成」を参照してください。

HTTP リスナーを追加する

クライアントからロードバランサーへの接続用のプロトコルとポート、およびデフォルトのリスナールールのターゲットグループでリスナーを設定します。詳細については、「リスナーの設定」を参照してください。

コンソールを使用した HTTP リスナーを追加するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ロードバランサー] を選択します。

  3. ロードバランサーを選択し、[Listeners (リスナー)]、[Add listener (リスナーの追加)] を選択します。

  4. [Protocol : port (プロトコル: ポート) で、[HTTP] を選択してデフォルトのポートのままにするか、別のポートを入力します。

  5. [Default actions (デフォルトアクション)] で、次のいずれかを実行します。

    • [アクションの追加]、[転送先] の順に選択し、ターゲットグループを選択します。

    • [アクションの追加]、[リダイレクト先] の順に選択し、リダイレクト先の URL を指定します。詳細については、「リダイレクトアクション」を参照してください。

    • [アクションの追加]、[Return fixed response (固定レスポンスを返す)] の順に選択し、レスポンスコードと (オプション) レスポンスの本文を指定します。詳細については、「固定レスポンスアクション」を参照してください。

    アクションを保存するには、チェックマークアイコンを選択します。

  6. [Save] を選択します。

  7. (オプション) パスパターンまたはホスト名に基づいてリクエストを転送する追加のリスナールールを定義する方法については、「ルールの追加」を参照してください。

AWS CLI を使用した HTTP リスナーを追加するには

create-listener コマンドを使用してリスナーとデフォルトのルールを作成し、create-rule コマンドを使用して追加のリスナールールを定義します。