Classic Load Balancer の監視 - Elastic Load Balancing

Classic Load Balancer の監視

次の機能を使用して、ロードバランサーの監視、トラフィックパターンの分析、ロードバランサーとバックエンドインスタンスに関する問題の解決を実行できます。

CloudWatch メトリクス

Elastic Load Balancing は、ロードバランサーとバックエンドインスタンスに関するデータポイントを Amazon CloudWatch に発行します。CloudWatch を使用すると、それらのデータポイントについての統計を、順序付けられた時系列データのセット (メトリクスと呼ばれる) として取得できます。これらのメトリクスを使用して、システムが正常に実行されていることを確認できます。詳細については、「Classic Load Balancer の CloudWatch メトリクス」を参照してください。

Elastic Load Balancing アクセスログ

Elastic Load Balancing のアクセスログは、ロードバランサーに対するリクエストの詳細情報をキャプチャし、それをログファイルとして、指定した Amazon S3 バケットに格納します。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの詳細が含まれます。これらのアクセスログを使用して、トラフィックパターンの分析や、バックエンドアプリケーションのトラブルシューティングを行うことができます。詳細については、「Classic Load Balancer のアクセスログ」を参照してください。

CloudTrail ログ

AWS CloudTrail を使用すると、ご使用の AWS アカウントまたはその代理による Elastic Load Balancing API への呼び出しを記録することができます。CloudTrail は、指定した Amazon S3 バケットのログファイルにその情報を格納します。これらのログファイルを使用して、作成されたリクエスト、リクエストの送信元のソース IP アドレス、リクエストの作成者、リクエストが作成された日時などを判別することにより、ロードバランサーのアクティビティを監視することができます。詳細については、「AWS CloudTrail を使用した Classic Load Balancer の API コールのログ記録」を参照してください。