Network Load Balancer のターゲットグループを作成する - Elastic Load Balancing

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Network Load Balancer のターゲットグループを作成する

Network Load Balancer のターゲットをターゲットグループに登録します。デフォルトでは、ロードバランサーはターゲットグループに指定したポートとプロトコルを使用して登録済みターゲットにリクエストを送信します。ターゲットグループに各ターゲットを登録するときに、このポートを上書きできます。

ターゲットグループを作成すると、タグを追加できます。

トラフィックをターゲットグループ内のターゲットにルーティングするには、リスナーを作成し、リスナーのデフォルトアクションでターゲットグループを指定します。詳細については、「リスナールール」を参照してください。複数のリスナーで同じターゲットグループを指定できますが、これらのリスナーは同じ Network Load Balancer に属している必要があります。ロードバランサーでターゲットグループを使用するには、ターゲットグループが他のロードバランサーのリスナーによって使用されていないことを確認する必要があります。

ターゲットグループのタグはいつでも追加または削除できます。詳細については、「ターゲットグループへのターゲットの登録」を参照してください。ターゲットグループのヘルスチェック設定を変更することもできます。詳細については、「ターゲットグループのヘルスチェック設定を変更する」を参照してください。

コンソールを使用してターゲットグループを作成するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ターゲットグループ] を選択します。

  3. [ターゲットグループの作成] を選択します。

  4. [基本設定] ページで、以下を実行します。

    1. [Choose a target type] (ターゲットタイプの選択) で、インスタンス ID でターゲットを登録する場合は [Instances] (インスタンス)、IP アドレスでターゲットを登録する場合は [IP addresses] (IP アドレス)、Application Load Balancer をターゲットとして登録する場合は [Application Load Balancer] を選択します。

    2. [ターゲットグループ名] に、ターゲットグループの名前を入力します。この名前はリージョンごと、アカウントごとに一意である必要があり、最大 32 文字の英数字またはハイフンのみを使用する必要があり、先頭と末尾にハイフンを使用することはできません。

    3. [Protocol] で、次のようにプロトコルを選択します。

      • リスナープロトコルが TCP の場合は、[TCP] または [TCP_UDP] を選択します。

      • リスナープロトコルが TLS の場合は、[TCP] または [TLS] を選択します。

      • リスナープロトコルが UDP の場合は、 [UDP] または [TCP_UDP] を選択します。

      • リスナープロトコルが TCP_UDP の場合は、[TCP_UDP] を選択します。

    4. (オプション) [ポート] で、必要に応じてデフォルト値を変更します。

    5. [IP アドレスタイプ] で、IPv4 または IPv6 を選択します。このオプションは、ターゲットタイプがインスタンスまたは IP アドレスで、プロトコルが TCP または TLS の場合にのみ使用できます。

      IPv6 ターゲットグループをデュアルスタックロードバランサーに関連付ける必要があります。ターゲットグループ内のすべてのターゲットは、同じ IP アドレスタイプである必要があります。ターゲットグループが作成されると、IP アドレスタイプを変更することはできません。

    6. [VPC] には、ターゲットを登録する仮想プライベートクラウド (VPC) を選択します。

  5. [ヘルスチェック] ペインで、必要に応じてデフォルト設定を変更します。[ヘルスチェックの詳細設定] で、ヘルスチェックポート、カウント、タイムアウト、インターバルを選択し、成功コードを指定します。ヘルスチェックが [異常なしきい値] のカウントを連続して超えると、ロードバランサーはターゲットを停止中の状態にします。ヘルスチェックが [正常なしきい値] のカウントを連続して超えると、ロードバランサーはターゲットを稼働状態に戻します。詳細については、「ターゲットグループのヘルスチェック」を参照してください。

  6. (オプション) タグを追加するには、[タグ] を展開して、[タグを追加] を選択し、タグキーとタグ値を入力します。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. [ターゲットの登録] ページで、次のように 1 つ以上のターゲットを追加します。

    • ターゲットタイプがインスタンスである場合は、インスタンスを選択し、[保留中として以下を含める] を選択します。

      注: IPv6 ターゲットグループに登録する場合、インスタンスにプライマリ IPv6 アドレスが割り当てられている必要があります。

    • ターゲットタイプが IP アドレスの場合は、ネットワークを選択し、IP アドレスとポートを入力して、[保留中として以下を含める] を選択します。

  9. [ターゲットグループの作成] を選択します。

を使用してターゲットグループを作成するには AWS CLI

ターゲットグループを作成するには create-target-group コマンド、ターゲットグループにタグを付けるには add-tags コマンド、ターゲットを追加するには register-targets コマンドを使用します。