専用マスターノード - Amazon Elasticsearch Service

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

専用マスターノード

Amazon Elasticsearch Service では、クラスターの安定性を向上するために専用マスターノードを使用します。専用マスターノードではクラスター管理タスクを実行しますが、データは保持せず、データのアップロードリクエストにも応答しません。このように、クラスター管理タスクをオフロードすると、ドメインの安定性が向上します。他のすべてのノードタイプと同様に、各専用マスターノードに対して時間給を支払います。

以下を追加することをお勧めします。 3つ目 専用マスターノードを各本番 Amazon ES ドメイン。偶数の専用マスターノードは絶対に選択しないでください。

  1. 専用マスターノードが 1 つだと、障害発生時にバックアップがとれません。

  2. 専用マスターノードが 2 つの場合は、障害発生時に新しいマスターノードを選択するためのクォーラムがクラスターにありません。

    クォーラムは、専用マスターノードの数/2 + 1 (直近の整数まで切り捨て) で計算され、ドメインを作成したときに Amazon ES で discovery.zen.minimum_master_nodes に設定されます。

    ここでは 2/2 + 1 = 2 となります。専用マスターノード 1 つが失敗し、バックアップは 1 つのみであれば、クラスターにはクォーラムがなく、新しいマスターを選択できません。

  3. 推奨される専用マスターノード数は 3 つです。マスターノードが失敗したときに 2 つのバックアップノードが使用でき、必要なクォーラム (2) で新しいマスターを選択できます。

  4. 4つの専用マスターノードは3つ以下であり、これを使用すると問題を引き起こす可能性があります。 複数の可用性ゾーン.

    • マスターノード 1 つが失敗した場合、クォーラム (3) で新しいマスターを選択します。2 つのノードが失敗したした場合、そのクォーラムは失われ、専用マスターノードが 3 つの場合と同じ状況になります。

    • 3つの可用性ゾーン構成では、2つのAZには1つの専用マスター ノードがあり、1つのAZには2つのノードがあります。AZが混乱した場合、残りの2つのAZは、新しいマスターを選択するために必要な定足数(3)を持っていません。

  5. 5 つの専用マスターノードは 3 つと同様に機能し、クォーラムを維持しながら 2 つのノードを失うことができます。ただし、一度にアクティブになる専用マスターノードは 1 つしかないため、この設定では 4 つのアイドルノードに対して料金を支払うことになります。多くのお客様は、このレベルのフェイルオーバーは過剰だと考えています。

クラスターに偶数のマスター対象ノードがある場合、Elasticsearch バージョン 7.x 以降では 1 つのノードが無視されるため、投票設定は常に奇数になります。この場合、基本的に専用マスターノード 4 つは 3 つ (2 つは 1 つ) に相当します。

注記

新しいマスターノードを選択するために必要なクォーラムがクラスターにない場合は、クラスターへの書き込みおよび読み取りリクエストの両方が失敗します。この動作は Elasticsearch のデフォルトとは異なります。

専用マスターノードで実行するクラスター管理タスクは次のとおりです。

  • クラスター内のすべてのノードを追跡する

  • クラスター内のインデックスの数を追跡する

  • 各インデックスに属するシャード数を追跡する

  • クラスター内のノードのルーティング情報を保持する

  • クラスター内のインデックス作成やノードの作成/削除など、状態が変化したときにクラスターの状態を更新する

  • クラスターの状態に施された変更を、クラスター内のすべてのノードにわたって複製する

  • クラスター内のデータノードの可用性を監視するハートビートシグナル (定期的なシグナル) を送信することで、すべてのクラスターノードの状態を監視する

以下の図は は、 Amazon ES 10インスタンスのドメインです。インスタンスのうち 7 つはデータノードで、3 つは専用マスターノードです。専用マスターノードのうち、1 つのみがアクティブで、グレーの専用マスターノード 2 つは、アクティブな専用マスターノードが失敗したときのために、バックアップとして待機します。すべてのデータアップロードリクエストは、7 つのデータノードにより保存され、すべてのクラスター管理タスクは、アクティブな専用マスターノードにオフロードされます。

専用マスターノードでは検索およびクエリリクエストを処理しませんが、そのサイズは管理可能なインスタンス、インデックス、シャードの数と大きな相関があります。本番稼働用クラスターにおいて、専用マスターノードには以下のインスタンスタイプをお勧めします。これらの推奨事項は一般的なワークロードに基づいており、お客様の要件によって異なります。多数のシャードまたはフィールドのマッピングがあるクラスターは、大きなインスタンスタイプからメリットを得ることができます。専用マスターノードのメトリクスを監視し、より大きいインスタンスタイプを使用する必要があるかどうかを調べてください。

Instance Count

推奨される最小専用マスターインスタンスタイプ

1–10

c5.large.elasticsearch

10–30

c5.xlarge.elasticsearch

30–75

c5.2xlarge.elasticsearch

75–200

r5.4xlarge.elasticsearch