モニタリングする CloudWatch アラームの作成Elastic Transcoder - Amazon Elastic Transcoder

モニタリングする CloudWatch アラームの作成Elastic Transcoder

CloudWatch アラームを作成できます。これは、アラームの状態が変わったときに Amazon SNS メッセージを送信します。アラームは、指定期間にわたって単一のメトリクスを監視し、その値と複数期間に対するしきい値との比較結果に基づいて 1 つ以上のアクションを実行します。アクションは、Amazon SNS トピックまたは Auto Scaling ポリシーに送信される通知です。アラームは、持続している状態変化に対してのみアクションを呼び出します。CloudWatch アラームは、単に特定の状態にあるというだけでアクションを呼び出すわけではありません。状態が変わり、それが指定した数の期間にわたって持続している必要があります。

ジョブが開始するまでの待機時間を追跡することはできますか?

Standyby Time メトリクスを使用して、パイプラインでジョブのトランスコーディングを開始するまでにかかる時間を追跡できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Create Alarm] を選択します。これにより、[Create Alarm Wizard] が起動します。

  3. [AWS/ElasticTranscoder Metrics (AWS/ElasticTranscoder メトリクス)] を選択し、Elastic Transcoder メトリクスをスクロールして [Standby Time (スタンバイ時間)] メトリクスを見つけます。アラームを作成する [Standby Time] メトリクスを選択し、[Next] をクリックします。

  4. [Name]、[Description]、[Whenever] のそれぞれにメトリクスの値を入力します。

  5. [アクション] で、既存の Amazon SNS トピックを選択します。

    Amazon SNS 通知の詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドの「トピックの作成」を参照してください。

  6. [Create Alarm] を選択します。

エラーのためジョブが失敗したときに、通知されるようにするには?

Job Errored メトリクスを使用して、無効な入力パラメーターによってパイプラインで失敗したジョブの数を追跡できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Create Alarm] を選択します。これにより、[Create Alarm Wizard] が起動します。

  3. [AWS/ElasticTranscoder Metrics (AWS/ElasticTranscoder メトリクス)] を選択し、Elastic Transcoder メトリクスをスクロールして [Job Errored (エラーが発生したジョブ)] メトリクスを見つけます。アラームを作成する [Job Errored] メトリクスを選択し、[Next] をクリックします。

  4. [Name]、[Description]、[Whenever] のそれぞれにメトリクスの値を入力します。

  5. [アクション] で、既存の Amazon SNS トピックを選択します。

    Amazon SNS 通知の詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドの「トピックの作成」を参照してください。

  6. [Create Alarm] を選択します。

ジョブが完了したときに、通知されるようにするには?

Jobs Completed メトリクスを使用して、パイプラインがトランスコードされたジョブの数を追跡できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Create Alarm] を選択します。これにより、[Create Alarm Wizard] が起動します。

  3. [AWS/ElasticTranscoder Metrics (AWS/ElasticTranscoder メトリクス)] を選択し、Elastic Transcoder メトリクスをスクロールして [Jobs Completed (完了したジョブ)] メトリクスを見つけます。アラームを作成する [Jobs Completed] メトリクスを選択し、[Next] をクリックします。

  4. [Name]、[Description]、[Whenever] のそれぞれにメトリクスの値を入力します。

  5. [アクション] で、既存の Amazon SNS トピックを選択します。

    Amazon SNS 通知の詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドの「トピックの作成」を参照してください。

  6. [Create Alarm] を選択します。