Amazon Elastic Transcoder とは - Amazon Elastic Transcoder

コストを節約し、より多くの機能を利用しましょう AWS Elemental MediaConvert

MediaConvert は、高度なトランスコーディング機能を幅広く提供する、新しいファイルベースの動画トランスコーディングサービスです。オンデマンド料金は 1 分あたり 0.0075 USD からです。もっと読む

既に Amazon Elastic Transcoder をご使用中ですか? MediaConvertへの移行は簡単です。詳細については、移行プロセスに関する貴重な情報やその他のリソースへのリンクを記載した本概要を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Elastic Transcoder とは

Amazon Elastic Transcoder では、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存したメディアファイルをユーザーの再生デバイスに対応した形式のメディアファイルに変換できます。たとえば、サイズが大きい高品質のデジタルメディアファイルを、ユーザーがモバイルデバイス、タブレット、ウェブブラウザ、および接続したテレビで再生できる形式に変換できます。

Elastic Transcoder には以下の 4 つの構成要素があります。

  • ジョブは、トランスコーディングの処理を実行します。各ジョブが 1 つのファイルを最大 30 の形式に変換できます。たとえば、1 つのメディアファイルを 6 つの異なる形式に変換する場合は、1 つのジョブを作成することで、6 つのすべての形式のファイルを作成できます。

    ジョブの作成時に、トランスコードするファイルの名前や、Elastic Transcoder によってトランスコード済みファイルに付けられる名前など、いくつかの設定を指定します。トランスコードする形式ごとに、プリセットと呼ばれるテンプレート (以下を参照) を指定します。テンプレートには、トランスコードしたファイルに使用するオーディオと動画の設定が含まれます。

  • パイプラインは、変換ジョブを管理するキューです。ジョブを作成するとき、ジョブを追加するパイプラインを指定します。Elastic Transcoder によってパイプライン内のジョブの処理がスタートされます。処理は、キューにジョブを追加した順序で行われます。複数の形式にトランスコードするようにジョブを設定した場合は、ジョブで形式を指定した順に Elastic Transcoder によって各形式のファイルが作成されます。

    通常の設定では、標準的な優先度のジョブ用と、高い優先度のジョブ用に 2 つのパイプラインを作成します ほとんどのジョブは優先度が標準であるパイプラインに入ります。優先度が高いパイプラインは、ファイルを直ちに変換する必要がある場合にのみ使用します。

    新しいジョブの作成時にパイプラインにジョブがすでにある場合、Elastic Transcoder によって最新のジョブがキューに格納され、リソースがそのパイプラインに使用可能になるとすぐにそのジョブが開始されます。パイプラインでそのリソースがすべて使用中である場合は、現在処理中のいずれかのジョブズの処理が完了すると、Elastic Transcoder によってパイプライン内の次のジョブの処理が開始されます。

    パイプラインでは同時に複数のジョブを処理できます。ただしジョブの実行に要する時間は、変換するファイルのサイズやジョブの仕様によって大きく異なります。したがってジョブは必ずしも、作成した順に完了するわけではありません。

    パイプラインを一時停止することで、ジョブの処理を一時停止できます。

  • プリセットは、メディアファイルに対してある形式から別の形式へのトランスコードを行うための設定の大半が含まれているテンプレートです。Elastic Transcoder には、一般的な形式 (iPod と iPhone の複数のバージョンなど) 用にデフォルトのプリセットがいくつか用意されています。デフォルトのプリセットに含まれていない形式用に独自のプリセットを作成することもできます。使用するプリセットはジョブの作成時に指定します。

  • 通知は、ジョブのステータスを知らせる機能で、必要に応じて Elastic Transcoder と Amazon Simple Notification Service で設定できます。例えば、Elastic Transcoder によるジョブ処理の開始時や、Elastic Transcoder によるジョブの終了時を知らせるように設定したり、ジョブの処理中に Elastic Transcoder で警告またはエラーが発生したときに知らせるように設定することができます。通知により、ジョブが終了したかどうかを調べるためのポーリングが不要になります。通知はパイプラインの作成時に設定します。

Elastic Transcoder リソースのリージョンの選択

パイプラインやジョブは、特定のリージョンと密接に関連付けられています。パイプラインやジョブを作成する場合、現在のリージョンで作成されます。新しいジョブの作成する場合は、現在のリージョンのパイプラインを指定する必要があります。

Elastic Transcoder リソースとは異なるリージョンの Amazon S3 バケットを指定することもできますが、AWS リージョン間でのファイル転送には追加料金が発生するためお勧めしません。

リージョン間の料金の詳細については、「Amazon S3 料金表」の「データ転送料金表」を参照してください。