モニタリングツール - Amazon Elastic Transcoder

モニタリングツール

AWS では、Elastic Transcoder のモニタリングに使用できるさまざまなツールを提供しています。これらのツールの中には、自動モニタリングを設定できるものもあれば、手操作を必要とするものもあります。モニタリングタスクをできるだけ自動化することをお勧めします。

自動モニタリングツール

以下の自動化されたモニタリングツールを使用して、Elastic Transcoder を監視し、問題が発生したときにレポートできます。

  • Amazon CloudWatch Alarms – Watch a single metric over a time period that you specify, and perform one or more actions based on the value of the metric relative to a given threshold over a number of time periods. The action is a notification sent to an Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) topic or Amazon EC2 Auto Scaling policy. CloudWatch alarms do not invoke actions simply because they are in a particular state; the state must have changed and been maintained for a specified number of periods. For more information, see Amazon CloudWatch によるモニタリング.

  • Amazon CloudWatch Logs – Monitor, store, and access your log files from AWS CloudTrail or other sources. For more information, see Monitoring Log Files in the Amazon CloudWatch ユーザーガイド.

  • AWS CloudTrail Log Monitoring – Share log files between accounts, monitor CloudTrail log files in real time by sending them to CloudWatch Logs, write log processing applications in Java, and validate that your log files have not changed after delivery by CloudTrail. For more information, see Working with CloudTrail Log Files in the AWS CloudTrail User Guide.

手動モニタリングツール

Elastic Transcoder のモニタリングでもう 1 つ重要な点は、CloudWatch アラームの対象外の項目を手動でモニタリングすることです。Elastic Transcoder および CloudWatch の AWS コンソールダッシュボードには、AWS 環境の状態が一目でわかるビューが表示されます。CloudTrail のログファイルを確認することもお勧めします。

  • Elastic Transcoder ダッシュボードには、次の内容が表示されます。

    • パイプラインとそのステータス

  • CloudWatch ホームページには、次の内容が表示されます。

    • 現在のアラームとステータス

    • アラームとリソースのグラフ

    • サービス状態ステータス

    さらに、CloudWatch を使用して次のことが行えます。

    • 重視するサービスをモニタリングするためのカスタマイズしたダッシュボードを作成する

    • メトリクスデータをグラフ化して、問題のトラブルシューティングを行い、傾向を確認する

    • AWS リソースのすべてのメトリクスを検索して、参照する

    • 問題があることを通知するアラームを作成/編集する