データベースコネクタの追加 - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データベースコネクタの追加

クラスターの作成時に設定分類を使用して JDBC コネクターのプロパティを設定できます。設定分類は presto-connector で始まります (例: presto-connector-postgresql)。設定分類は、Amazon EMR リリースバージョンによって異なります。最新のリリースバージョンで使用可能な設定分類については、」Configuration classificationsAmazon EMR 5.33.0 向けです。Amazon EMR のバージョンを使用している場合は、「」を参照してください。Amazon EMR 5.x リリースバージョン設定分類について。各コネクターで設定できるプロパティの詳細については、https://prestodb.io/docs/current/connector.html を参照してください。

例 — PostgreSQL JDBC コネクターでのクラスターの設定

PostgreSQL コネクターがインストールおよび設定されたクラスターを起動するには、(などの) 設定分類を指定する、設定分類を指定する JSON ファイルを作成する必要があります。myConfig.json—以下の内容で、それをローカルに保存します。

設定に応じて、接続プロパティを置き換え、PostgreSQL コネクタ「プレストドキュメント」のトピックを参照してください。

[ { "Classification": "presto-connector-postgresql", "Properties": { "connection-url": "jdbc:postgresql://example.net:5432/database", "connection-user": "MYUSER", "connection-password": "MYPASS" }, "Configurations": [] } ]

クラスターを作成するときは、以下の例に示すように --configurations オプションを使用して JSON ファイルへのパスを参照します。myConfig.json は、コマンドを実行したのと同じディレクトリにあります。

aws emr create-cluster --name PrestoConnector --release-label emr-5.33.0 --instance-type m5.xlarge \ --instance-count 2 --applications Name=Hadoop Name=Hive Name=Pig Name=Presto \ --use-default-roles --ec2-attributes KeyName=myKey \ --log-uri s3://my-bucket/logs --enable-debugging \ --configurations file://myConfig.json