AWS Encryption SDK for Java - AWS Encryption SDK

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Encryption SDK for Java

このトピックでは、AWS Encryption SDK for Java をインストールして使用する方法について説明します。でのプログラミングに関する詳細は、AWS Encryption SDK for Java「」を参照してください。aws-encryption-sdk-javaのリポジトリー GitHub。API のドキュメントについては、AWS Encryption SDK for Java の Javadoc を参照してください。

前提条件

AWS Encryption SDK for Java をインストールする前に、以下の前提条件を満たしていることを確認してください。

Java 開発環境

Java 8 以降が必要になります。Oracle のウェブサイトで Java SE のダウンロードに移動し、Java SE Development Kit (JDK) をダウンロードして、インストールします。

Oracle JDK を使用する場合は、Java Cryptography Extension (JCE) 無制限強度の管轄ポリシーファイルをダウンロードして、インストールする必要があります。

Bouncy Castle

AWS Encryption SDK for Java には、Bouncy Castle が必要です。

  • AWS Encryption SDK for Java バージョン 1.6.1 以降では、Bouncy Castle を使用して暗号化オブジェクトをシリアル化および逆シリアル化します。この要件を満たすには、Bouncy Castle または Bouncy Castle FIPS を使用できます。Bouncy Castle FIPS のインストールおよび設定については、Bouncy Castle FIPS のドキュメントの特にユーザーガイドセキュリティポリシーの PDF を参照してください。

  • AWS Encryption SDK for Java のそれより前のバージョンでは、Bouncy Castle の Java 用の暗号化 API を使用します。この要件は、FIPS 非対応の Bouncy Castle によってのみ満たされます。

Bouncy Castle がインストールされていない場合は、Bouncy Castle 最新リリースに移動して、使用している JDK に対応するプロバイダーファイルをダウンロードします。また、Apache Maven標準のバウンシーキャッスルプロバイダーのアーティファクトを入手するには (bcprov-ext-jdk15オン) または弾むキャッスル FIPS (bc-fips).

AWS SDK for Java (オプション)

AWS Encryption SDK for Java は AWS SDK for Java を必要としません。ただし、AWS SDK for Javaを使用する場合に必要です。AWS Key Management Service(AWS KMS) をマスターキープロバイダーとして作成します。これは、このガイドの Java のコード例のいくつかでも必要です。

で始まるAWS Encryption SDK for Javaバージョン 2.4.0 は、AWS Encryption SDK for Javaは、バージョン 1.x と 2.x の両方をサポートします。AWS SDK for Java。AWS Encryption SDKのコードAWS SDK for Java1.x と 2.x は相互運用可能です。例えば、でデータを暗号化することができます。AWS Encryption SDKサポートしているコードAWS SDK for Java1.x をサポートしているコードを使用して復号化するAWS SDK for Java 2.x(またはその逆)。のバージョンAWS Encryption SDK for Java2.4.0 より前のサポートのみAWS SDK for Javax. のバージョンの更新に関する詳細は、「」を参照してください。AWS Encryption SDK「」を参照してください。Migrating toAWS Encryption SDKバージョン 2.0。x以降

をアップデートするときAWS Encryption SDK for Javaコードの「」AWS SDK for Java1.xAWS SDK for Java 2.xで、への参照を置換してAWSKMSインタフェースにAWS SDK for Java1.x を参照してKmsClientインタフェースにAWS SDK for Java 2.x。-AWS Encryption SDK for Javaは、KmsAsyncClientインタフェース。また、コードを更新してAWS KMS内の関連オブジェクトkmssdkv2名前空間、代わりにkms名前空間。

AWS SDK for Java をインストールするには、Apache Maven を使用します。

  • 依存関係として AWS SDK for Java 全体をインポートするには、pom.xml ファイルでそれを宣言します。

  • のの依存関係のみを作成するにはAWS KMSモジュールの「」AWS SDK for Java1.x、の指示に従ってください特定のモジュールの指定とし、artifactIdaws-java-sdk-kms

  • のの依存関係のみを作成するにはAWS KMSモジュールの「」AWS SDK for Java2.x、の指示に従ってください特定のモジュールの指定。設定:groupIdsoftware.amazon.awssdkartifactIdkms

その他の変更については、を参照してください。「」の相違点AWS SDK for Java1.x と 2.xのAWS SDK for Java 2.x開発者ガイド の最初のリリースです。

Java の例AWS Encryption SDK開発者ガイドの「」AWS SDK for Java 2.x。

インストール

AWS Encryption SDK for Java は、以下の方法でインストールできます。

手動

をインストールするにはAWS Encryption SDK for Java、クローンを作成するか、ダウンロードするaws-encryption-sdk-java GitHubrepository.

Apache Maven の使用

AWS Encryption SDK for Java は、Apache Maven で以下の依存関係の定義を使用して入手できます。

<dependency> <groupId>com.amazonaws</groupId> <artifactId>aws-encryption-sdk-java</artifactId> <version>2.0.0</version> </dependency>

SDK をインストールしたら、「」を見て開始します。Java コードの例このガイドと「」Javadoc on GitHub