AWS Encryption SDK for Java - AWS Encryption SDK

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Encryption SDK for Java

このトピックでは、 AWS Encryption SDK for Java をインストールして使用する方法について説明します。 AWS Encryption SDK for Java を使用したプログラミングの詳細については、GitHub の aws-encryption-sdk-java リポジトリを参照してください。API のドキュメントについては、Javadoc向けの AWS Encryption SDK for Java 。

Prerequisites

AWS Encryption SDK for Java をインストールする前に、以下の前提条件を満たしていることを確認してください。

Java 開発環境

Java 8 以降が必要になります。Oracle のウェブサイトで Java SE のダウンロードに移動し、Java SE Development Kit (JDK) をダウンロードして、インストールします。

Oracle JDK を使用する場合は、Java Cryptography Extension (JCE) 無制限強度の管轄ポリシーファイルをダウンロードして、インストールする必要があります。

Bouncy Castle

AWS Encryption SDK for Java には、Bouncy Castle が必要です。

  • AWS Encryption SDK for Java バージョン 1.6.1 以降では、Bouncy Castle を使用して暗号化オブジェクトをシリアル化および逆シリアル化します。この要件を満たすには、Bouncy Castle または Bouncy Castle FIPS を使用できます。Bouncy Castle FIPS のインストールおよび設定については、Bouncy Castle FIPS のドキュメントの特にユーザーガイドセキュリティポリシーの PDF を参照してください。

  • AWS Encryption SDK for Java のそれより前のバージョンでは、Bouncy Castle の Java 用の暗号化 API を使用します。この要件は、FIPS 非対応の Bouncy Castle によってのみ満たされます。

Bouncy Castle がインストールされていない場合は、Bouncy Castle 最新リリースに移動して、使用している JDK に対応するプロバイダーファイルをダウンロードします。また、Apache Maven を使用して、標準の Bouncy Castle プロバイダー (bcprov-ext-jdk15on) のアーティファクトや Bouncy Castle FIPS (bc-fips) のアーティファクトを取得することもできます。

AWS SDK for Java(オプション)

AWS Encryption SDK for Java には、AWS SDK for Java は必要ありません。ただし、AWS SDK for Javaバージョン 1.11を使用する場合に必要ですAWS Key Management Service(AWS KMS) をマスターキープロバイダーとして設定します。これは、このガイドの Java のコードの例のいくつかでも必要です。

AWS SDK for Java をインストールするには、Apache Maven を使用します。操作全体をインポートするAWS SDK for Java依存関係として宣言するには、pom.xmlファイルを開きます。AWS KMS モジュールにのみ依存関係を作成するには、特定のモジュールを指定する手順に従って artifactIdaws-java-sdk-kms に設定します。

Installation

AWS Encryption SDK for Java は、以下の方法でインストールできます。

手動

AWS Encryption SDK for Java をインストールするには、GitHub の aws-encryption-sdk-java リポジトリを複製またはダウンロードします。

Apache Maven の使用

AWS Encryption SDK for Java は、Apache Maven で以下の依存関係の定義を使用して入手できます。

<dependency> <groupId>com.amazonaws</groupId> <artifactId>aws-encryption-sdk-java</artifactId> <version>2.0.0</version> </dependency>

SDK をインストールしたら、このガイドの Java コード例GitHub の Javadoc を見て開始します。