同じアカウントとリージョン内の EventBridge イベントバス間での Amazon イベントの送受信 - Amazon EventBridge

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

同じアカウントとリージョン内の EventBridge イベントバス間での Amazon イベントの送受信

同じ AWS アカウントとリージョンのイベントバス間でイベントを送受信 EventBridge するように を設定できます。 Amazon EventBridge イベントバス

イベントバス間でイベントを送受信 EventBridge するように を設定する場合、送信側イベントバスで IAM ロールを使用して、送信側イベントバスに受信側イベントバスにイベントを送信するアクセス許可を付与します。送信側イベントバスからイベントを受信する許可を受信側イベントバスに付与するには、受信側イベントバスでリソースベースのポリシーを使用します。また、特定のイベントバス、イベントバスに関連する特定のルール、または特定のソースからのイベントを許可または拒否することもできます。ポリシーの例など、イベントバスに対するアクセス許可についての詳細は、「Amazon EventBridge イベントバスのアクセス許可」を参照してください。

アカウント内のイベントバス間でイベントを送受信 EventBridge するように を設定する手順は次のとおりです。

  • 既存の IAM ロールを使用するには、送信側イベントバスのアクセス許可を受信側イベントバスに付与するか、受信側イベントバスのアクセス許可を送信側イベントバスに付与する必要があります。

  • 送信側イベントバスで、受信側イベントバスをターゲットとする 1 つ以上のルールを設定し、IAM ロールを作成します。ロールにアタッチする必要があるポリシーの例については、「ポリシーの例: 同じアカウントのイベントバスにイベントを送信する」を参照してください。

  • 受信側イベントバスで、他のイベントバスからのイベントの受け渡しを許可するアクセス許可を編集します。

  • 受信側イベントで、送信側イベントからのイベントに一致する 1 つ以上のルールを設定します。

    注記

    EventBridge は、送信者イベントバスから受信したイベントを 3 番目のイベントバスにルーティングできません。

1 つのイベントバスから別のイベントバスに送信されたイベントは、カスタムイベントとして請求されます。詳細については、「Amazon EventBridge 料金表」を参照してください。

同じ AWS アカウントとリージョン内の別のイベントバスにイベントを送信するルールの作成

イベントを別のイベントバスに送信するには、イベントバスをターゲットとしてルールを作成します。ターゲットと同じ AWS アカウントとリージョンでイベントバスを指定することは、ルールの作成の一部です。

コンソールを使用して、同じ AWS アカウントおよびリージョン内の別のイベントバスにイベントを送信するルールを作成するには
  1. イベントに反応する Amazon EventBridge ルールの作成」のステップに従います。

  2. ターゲットを選択する」ステップで、ターゲットタイプを選択するように求めるプロンプトが表示された場合:

    1. EventBridge イベントバス を選択します。

    2. 同じ AWS アカウントとリージョンのイベントバスを選択します。

    3. ターゲットとしてのイベントバスでは、ドロップダウンリストからイベントタイプを選択します。

  3. ステップに従ってルールの作成を完了します。