Amazon EventBridge のモニタリング - Amazon EventBridge

Amazon EventBridge のモニタリング

EventBridgeは、一致したイベントの数から、ターゲットルールによって呼び出された回数まで、あらゆるメトリクスを毎分 Amazon CloudWatch に送信します。

次のビデオでは、CloudWatch による EventBridge の動作のモニタリングと監査についてレビューしています。

EventBridge のメトリクス

AWS/Events 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

これらのメトリクスはすべてカウントを単位として使用するため、Sum および SampleCount が最も有用な統計となります。

メトリクス 説明

DeadLetterInvocations

イベントに反応してルールのターゲットが呼び出されなかった回数。これには、呼び出しによって同じルールが再度実行され、無限ループが発生したものが含まれます。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

FailedInvocations

完全に失敗した呼び出しの回数。これには、再試行された呼び出しや、再試行の後に成功した呼び出しは含まれません。また、DeadLetterInvocations にカウントされる失敗した呼び出しもカウントされません。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

Invocations

イベントに反応してルールのターゲットが呼び出された回数。これには、成功した呼び出しと失敗した呼び出しが含まれますが、スロットルされた試行と再実行された試行は完全に失敗するまで含められません。DeadLetterInvocations は含まれません。

注記

EventBridge がこのメトリクスを CloudWatch に送信するのは、ゼロでない場合のみです。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

InvocationsFailedToBeSentToDlq

デッドレターキューに移動できなかった呼び出しの数。デッドレターキューエラーは、アクセス許可エラー、使用できないリソース、またはサイズ制限が原因で発生する可能性があります。

注記

EventBridge がこのメトリクスを CloudWatch に送信するのは、ゼロでない場合のみです。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

InvocationsSentToDlq

デッドレターキューに移動された呼び出しの数。

注記

EventBridge がこのメトリクスを CloudWatch に送信するのは、ゼロでない場合のみです。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

ThrottledRules

実行を試行されたが、スロットルされているルールの数。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

TriggeredRules

実行されて任意のイベントに一致したルールの数。

このメトリクスは、ルールがトリガーされるまで CloudWatch で表示されません。

有効なディメンション: RuleName

単位: 個

MatchedEvents

いずれかのルールと一致したイベントの数。

有効なディメンション: なし

単位: 個

EventBridge メトリクスのディメンション

EventBridgeのメトリクスには 1 つのディメンション、つまりソート可能な属性があり、それを以下に示します。

ディメンション 説明
RuleName

使用可能なメトリクスをルール名でフィルタ処理します。