CreateDatasetImportJob - Amazon Forecast

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateDatasetImportJob

トレーニングデータを Amazon Forecast データセットにインポートします。トレーニングデータの場所は Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットと、データをインポートするデータセットの Amazon リソースネーム (ARN)。

指定する必要があります。 DataSource オブジェクトには、Amazon Forecast がデータのコピーを作成し、内部 AWS システムで処理するため、Amazon Forecast がデータにアクセスするために引き受けることができる AWS ID およびアクセス管理(IAM)ロールが含まれています。詳細については、「Amazon Forecast のアクセス許可を設定する」を参照してください。

トレーニングデータは CSV 形式である必要があります。区切りはカンマ (,) でなければなりません。

特定の CSV ファイル、S3 バケットまたは S3 バケット内のフォルダへのパスを指定できます。後者の2つのケースでは、Amazon Forecastはすべてのファイルを最大10,000ファイルまでインポートできます。

データセットのインポートは集計されないため、最新のデータセットインポートは、予測子のトレーニング時または予測の生成時に使用されるものです。最新のデータセットインポートに、前回のインポート以降に収集された新しいデータだけでなく、モデル化するすべてのデータが含まれていることを確認します。

指定した条件でフィルター処理されたすべてのデータセットインポートジョブのリストを取得するには、 ListDatasetImportJobs オペレーション.

リクエストの構文

{ "DatasetArn": "string", "DatasetImportJobName": "string", "DataSource": { "S3Config": { "KMSKeyArn": "string", "Path": "string", "RoleArn": "string" } }, "GeolocationFormat": "string", "Tags": [ { "Key": "string", "Value": "string" } ], "TimestampFormat": "string", "TimeZone": "string", "UseGeolocationForTimeZone": boolean }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

DatasetArn

データをインポートする Amazon Forecast データセットの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9\-\_\.\/\:]+$

必須: はい

DatasetImportJobName

データセットインポートジョブの名前。現在のタイムスタンプを名前に含めることをお勧めします。たとえば、20190721DatasetImport。これは、取得を避けるのに役立ちますResourceAlreadyExistsException例外

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

Pattern: ^[a-zA-Z][a-zA-Z0-9_]*

必須: はい

DataSource

インポートするトレーニングデータの場所と Amazon Forecast がデータへのアクセスのために引き受けることができる AWS Identity and Access Management (IAM) ロール。トレーニングデータは Amazon S3 バケットに保存する必要があります。

暗号化が使用されている場合、DataSourceは AWS Key Management Service (KMS) キーを含める必要があり、IAM ロールはキーにアクセスするための Amazon Forecast アクセス許可を許可する必要があります。KMS キーと IAM ロールは、EncryptionConfigパラメータの CreateDataset オペレーション.

タイプ: DataSource オブジェクト

必須: はい

GeolocationFormat

ジオロケーション属性の形式。ジオロケーション属性は、次の 2 つのいずれかにフォーマットできます。

  • LAT_LONG-10進形式の緯度と経度(例:47.61_-122.33)

  • CC_POSTALCODE(米国のみ)-国コード (米国) と 5 桁の郵便番号が続きます (例:US_98121)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9_]+$

必須: いいえ

Tags

データセットの分類と整理に役立つデータセットのインポートジョブに適用し、サービスの分類と整理に役立つオプションのメタデータ。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。

タグには以下のような基本制限があります。

  • リソースあたりのタグの最大数は 50 です

  • タグキーは、リソースごとにそれぞれ一意である必要があります。また、各タグキーに設定できる値は 1 つのみです。

  • キーの最大長-128 Unicode 文字 (UTF-8)

  • 値の最大長-256 文字 (Unicode) (UTF-8)。

  • 複数の サービス間およびリソース間でタグ付けスキーマを使用する場合、他のサービスでも許可される文字に制限が適用されることがあるのでご注意ください。一般的に使用が許可される文字は、UTF-8 で表現できる文字、数字、スペース、および +、-、=、.、_、:、/、@。

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • 使用しないaws:,AWS:、またはその大文字または小文字の組み合わせを、キーに対するプレフィックスとして使用できます。これらの文字列は AWS による使用のために予約されています。このプレフィックスが含まれるタグキーを編集したり削除することはできません。値には、この接頭辞を付けることができます。タグ値にawsをプレフィックスとして使用しても、キーがない場合は、Forecastはそのタグをユーザータグと見なし、50タグの制限に対してカウントされます。key prefix のみを持つタグawsリソースあたりのタグ数の制限時に計算されません。

Type: の配列 Tag objects

配列メンバー: 最小項目数は 0 です。最大数は 200 項目です。

必須: いいえ

TimestampFormat

データセット内のタイムスタンプの形式。指定する形式は、DataFrequencyデータセットが作成されたときに指定された。以下の形式がサポートされています。

  • yyyyy-MM-dd

    次のデータ頻度の場合: Y、M、W、D

  • 「Yyy-MM-dd HH: mm: ss」

    次のデータ頻度の場合: H、30分、15 分、1 分、およびオプションで、Y、M、W、D

フォーマットが指定されていない場合、Amazon Forecast では、フォーマットが「yyyyy-MM-dd HH: mm: ss」になります。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9\-\:\.\,\'\s]+$

必須: いいえ

TimeZone

データセット内のすべてのアイテムに対する単一のタイムゾーン。このオプションは、すべてのタイムスタンプが 1 つのタイムゾーン内にあるデータセットの場合、またはすべてのタイムスタンプが 1 つのタイムゾーンに正規化されている場合に最適です。

詳細については、ジョダタイムAPI有効なタイムゾーン名の完全なリストについては、

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9\/\+\-\_]+$

必須: いいえ

UseGeolocationForTimeZone

ジオロケーション属性からタイムゾーン情報を自動的に取得します。このオプションは、複数のタイムゾーンのタイムスタンプを含み、それらのタイムスタンプが現地時間で表現されるデータセットに最適です。

Type: ブール値

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "DatasetImportJobArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

DatasetImportJobArn

データセットインポートジョブの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9\-\_\.\/\:]+$

Errors

InvalidInputException

無効な値または有効な範囲を超える値が含まれているため、リクエストを処理できません。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

アカウントあたりのリソースの数の上限を超えました。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceAlreadyExistsException

この名前のリソースが既に存在します。別の名前でもう一度試してください。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

その Amazon リソースネーム (ARN) のリソースが見つかりません。ARN を確認して、もう一度お試しください。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、以下を参照してください。