TCP/IP スタックの移植 - FreeRTOS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

TCP/IP スタックの移植

このセクションでは、オンボード TCP/IP スタックの移植とテストについて説明します。プラットフォームが TCP/IP および TLS 機能を別のネットワークプロセッサまたはモジュールにオフロードする場合は、この移植のセクションをスキップしてネットワークトランスポートインターフェイスの移植

FreeRTOS+TCPFreeRTOS カーネルのネイティブ TCP/IP スタックです。FreeRTOS+TCP は FreeRTOS エンジニアリングチームによって開発および管理されており、FreeRTOS で使用することをお勧めする TCP/IP スタックです。詳細については、「FreeRTOS+TCP の移植」を参照してください。または、サードパーティ製 TCP/IP スタックを使用することもできます。lwIP。このセクションで説明するテスト手順では、TCP プレーンテキストのトランスポートインターフェイステストを使用し、実装されている特定の TCP/IP スタックに依存しません。

FreeRTOS+TCP の移植

FreeRTOS+TCP は、FreeRTOS カーネル用のネイティブ TCP/IP スタックです。詳細については、「FreeRTOS.org」を参照してください。

前提条件

FreeRTOS+TCP ライブラリを移植するには、次のものが必要です。

移植

FreeRTOS+TCP ライブラリの移植を開始する前に、GitHubボードへの移植がすでに存在するかどうか確認するためのディレクトリ。

移植が存在しない場合は、次の操作を行います。

  1. FreeRTOS.org の「FreeRTOS+TCP を別のマイクロコントローラーへ移植する」の手順に従って、FreeRTOS+TCP をデバイスに移植します。

  2. 必要に応じて、FreeRTOS.org の「FreeRTOS+TCP を新しい Embedded C コンパイラへ移植する」の手順に従って、FreeRTOS+TCP を新しいコンパイラに移植します。

  3. ベンダー提供のイーサネットまたは Wi-Fi ドライバーを使用する新しい移植をというファイルに実装します。NetworkInterface.c。にアクセスしてください。GitHubテンプレートのリポジトリ。

移植を作成済みであるか、移植がすでに存在する場合は、FreeRTOSIPConfig.hを選択し、設定オプションをプラットフォームに適切な内容に設定します。設定オプションの詳細については、FreeRTOS.org の「FreeRTOS+TCP の設定」を参照してください。

テスト

FreerTOS+TCP ライブラリとサードパーティライブラリのどちらを使用するかは、以下の手順に従ってテストします。

  • の実装を提供するconnect/disconnect/send/receiveトランスポートインターフェイステストの API。

  • エコーサーバーをプレーンテキストの TCP 接続モードでセットアップし、トランスポートインターフェイステストを実行します。

注記

デバイスを正式に FreeRTOS 向けに資格認定するには、アーキテクチャで TCP/IP ソフトウェアスタックを移植する必要がある場合は、のプレーンテキスト TCP 接続モードで、デバイスの移植されたソースコードをトランスポートインターフェイスのテストに対して検証する必要があります。AWS IoT Device Tester。「」の指示に従って、を使用するAWS IoT Device TesterFreeRTOS の場合FreeRTOS ユーザーガイドをセットアップするにはAWS IoT Device Testerポート検証用。特定のライブラリのポートをテストするには、Device Tester configs フォルダの device.json ファイルで正しいテストグループを有効にする必要があります。