ストレージ容量の管理 - FSx for Lustre

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ストレージ容量の管理

追加のストレージとスループットが必要になるので、FSx for Lustre ファイルシステムで設定されているストレージ容量を増やすことができます。FSx for Lustre ファイルシステムのスループットは、ストレージ容量に応じて直線的に拡張されるため、スループット容量も同程度増加します。ストレージ容量を増やすには、Amazon FSx コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または Amazon FSx API を使用できます。

ファイルシステムのストレージ容量の更新をリクエストすると、Amazon FSx は自動的に新しいネットワークファイルサーバーを追加し、メタデータサーバーを拡張します。ストレージ容量のスケーリング中に、ファイルシステムが数分間使用できなくなる場合があります。ファイルシステムが利用できないときにクライアントによって発行されたファイルオペレーションは、透過的に再試行され、ストレージのスケーリングの完了後に成功します。ファイルシステムが使用できない間、ファイルシステムのステータスは UPDATING に設定されます。ストレージのスケーリングが完了すると、ファイルシステムのステータスは AVAILABLE に設定されます。

Amazon FSx は、既存のファイルサーバーと新しく追加されたファイルサーバー間でデータを透過的にリバランスするストレージ最適化プロセスを実行します。リバランシングは、ファイルシステムの可用性に影響を与えることなく、バックグラウンドで実行されます。リバランシング中に、データ移動のためにリソースが消費されるにつれて、ファイルシステムのパフォーマンスが低下することがあります。ほとんどのファイルシステムでは、ストレージの最適化には数時間から数日かかります。最適化フェーズでは、ファイルシステムにアクセスして使用できます。

Amazon FSx コンソール、CLI、および API を使用して、ストレージ最適化の進行状況をいつでも追跡できます。詳細については、「ストレージ容量の拡張をモニタリングする」を参照してください。

ストレージ容量を増やすときの考慮事項

ストレージ容量を増やすときに考慮すべき重要な事項をいくつか挙げます。

  • 増加のみ - ファイルシステムのストレージ容量を 増やす ことしかできません。ストレージ容量を減らすことはできません。

  • インクリメントの増加 - ストレージ容量を増やす場合は、[Increase storage capacity] (ストレージ容量増加) ダイアログボックスに記載されている増分値を使用します。

  • 増加の間の時間 - 最後の増加がリクエストされてから 6 時間後、またはストレージの最適化プロセスが完了するまでのどちらか長い期間は、ファイルシステムのストレージ容量をさらに増やすことはできません。

  • スループットキャパシティ – ストレージ容量を増やすとスループットキャパシティが自動的に増加します。SSD キャッシュを使用する永続的な HDD ファイルシステムでは、HDD ストレージ容量の 20% のサイズの SSD キャッシュを維持するために、リードキャッシュのストレージ容量も同様に増加します。Amazon FSx は、ストレージおよびスループット容量ー単位の新しい値を計算し、[Increase storage capacity] (ストレージ容量増加) ダイアログボックスに記入します。

    注記

    ファイルシステムのストレージ容量を更新しなくても、永続的な SSD ベースのファイルシステムのスループットキャパシティを個別に変更できます。詳細については、「スループット容量の管理」を参照してください。

  • デプロイタイプ - スクラッチ 1 ファイルシステムを除くすべてのデプロイタイプのストレージ容量を増やすことができます。スクラッチ 1 ファイルシステムがある場合、より大きなストレージ容量の新しいファイルシステムを作成できます。

ストレージ容量を増やす場合

空きストレージ容量が不足している場合は、ファイルシステムのストレージ容量を増やします。FreeStorageCapacity CloudWatch メトリクスを使用して、ファイルシステムで使用可能な空きストレージの量をモニタリングします。このメトリクスで Amazon CloudWatch アラームを作成し、特定のしきい値を下回ると通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon によるモニタリング CloudWatch」を参照してください。

CloudWatch メトリクスを使用して、ファイルシステムの継続的なスループット使用量レベルをモニタリングできます。ファイルシステムに、より高いスループット容量が必要であると判断した場合は、メトリクス情報を使用して、ストレージ容量を増やす量を決定できます。ファイルシステムの現在のスループットを確認する方法については、「Amazon FSx for Lustre メトリクスを使用する方法」を参照してください。ストレージ容量がスループット容量にどのように影響するかについては、「Amazon FSx for Lustre のパフォーマンス」を参照してください。

また、ファイルシステムのストレージ容量と総スループットは、ファイルシステム詳細ページの [Summary] (概要) パネルで表示できます。

ストレージのスケーリングおよびバックアップリクエストの同時処理方法

ストレージスケーリングワークフローの開始直前、または進行中にバックアップをリクエストできます。Amazon FSx が 2 つのリクエストを処理する順序は次のとおりです。

  • ストレージスケーリングワークフローが進行中の場合 (ストレージスケーリングのステータスは IN_PROGRESS およびファイルシステムのステータスは UPDATING) およびバックアップをリクエストすると、バックアップリクエストがキューに入れられます。バックアップタスクは、ストレージのスケーリングがストレージ最適化フェーズにあるときに開始されます (ストレージスケーリングのステータスは UPDATED_OPTIMIZING およびファイルシステムのステータスは AVAILABLE)。

  • バックアップが進行中で、(バックアップのステータスは CREATING) ストレージスケーリングをリクエストすると、ストレージスケーリングリクエストがキューに入れられます。ストレージスケーリングワークフローは、Amazon FSx が Simple Storage Service (Amazon S3) にバックアップを転送するときに開始されます (バックアップステータスは TRANSFERRING)。

ストレージスケーリングリクエストが保留中であり、ファイルシステムのバックアップリクエストも保留中の場合、バックアップタスクの優先順位が高くなります。ストレージスケーリングタスクは、バックアップタスクが完了するまでスタートされません。