ファイルシステムストレージ容量使用率アラームの作成 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ファイルシステムストレージ容量使用率アラームの作成

SSD ストレージ容量の平均使用率が一貫して 80% を超えないようにすることをお勧めします。SSD ストレージの使用率が 80% を超える場合もあるのは許容範囲です。平均使用率を 80% 未満に維持することで、問題なくストレージを増やすことができる十分な容量が確保できます。次の手順は、ファイルシステムの SSD ストレージ使用率が 80% に近づいたときに警告する CloudWatch アラームを作成する方法を示しています。

ファイルシステム SCU アラームを作成するには

StorageCapacityUtilization メトリクスを使用して、1 つ以上の FSx for ONTAP ファイルシステムがストレージ使用率のしきい値に達したときにトリガーされるアラームを作成できます。

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ で CloudWatch コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインのアラーム で、すべてのアラーム を選択します。次に、アラームの作成 を選択します。アラームの作成ウィザードで、メトリクスの選択 を選択します。

  3. グラフエクスプローラー で、マルチソースクエリタブを選択します。

  4. クエリビルダー で、以下を選択します。

    • 名前空間 で、AWS/FSx > 詳細なファイルシステムメトリクス を選択します。

    • メトリクス名 でMAX(StorageCapacityUtilization) を選択します。

    • によるフィルタリングでは、オプションで ID で特定のファイルシステムを含めたり除外したりできます。Filter by empty のままにすると、ファイルシステムがアラームのストレージ容量使用率のしきい値を超えると、アラームがトリガーされます。

    • 残りのオプションは空のままにして、グラフクエリ を選択します。

  5. [メトリクスの選択] を選択します。ウィザードのメトリクスセクションに戻り、メトリクスにラベル を付けます。期間を 5 分にしておくことをお勧めします。

  6. 条件 で、メトリクスが 80 より大きい/等しい場合は常に、静的しきい値タイプ を選択します。

  7. へ を選択して、「アクションの設定」ページに移動します。

アラームアクションを設定するには

アラームが設定したしきい値に達したときにトリガーするように、さまざまなアクションを設定できます。この例では、Simple Notification Service (SNS) トピックを選択しますが、Amazon CloudWatch ユーザーガイド「Amazon CloudWatch アラームの使用」で他のアクションについて学ぶことができます。

  1. 通知セクションで、アラームが ALARM状態になったときに通知する SNS トピックを選択します。既存のトピックを選択するか、新しいトピックを作成できます。E メールアドレスへのアラーム通知を受信する前に確認する必要があるサブスクリプション通知が送信されます。

  2. [次へ] をクリックします。

アラームを終了するには

以下の手順に従って、 CloudWatch アラームを作成するプロセスを完了します。

  1. 「名前と説明を追加」ページで、アラームに名前を付け、オプションで説明を指定して、次へ を選択します。

  2. プレビューと作成ページで設定した内容をすべて確認し、アラームの作成 を選択します。