ストレージ仮想マシンまたはボリュームは削除できません - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ストレージ仮想マシンまたはボリュームは削除できません

各 FSx for ONTAP ファイルシステムには、1 つ以上のストレージ仮想マシン (SVM) を含めることができ、各 SVM には 1 つ以上のボリュームを含めることができます。リソースを削除するときは、まず、その子がすべて削除されていることを確認する必要があります。例えば、SVM を削除する前に、まず SVM 内の非ルートボリュームをすべて削除する必要があります。

重要

ストレージ仮想マシンは、Amazon FSx コンソール、API、および CLI を使用してのみ削除できます。ボリュームで Amazon FSx バックアップが有効になっている場合にのみ、Amazon FSx コンソール、API、CLI を使用してボリュームを削除できます。

データと設定を保護するために、Amazon FSx は特定の状況で SVM とボリュームの削除を防止します。SVM またはボリュームを削除しようとして、削除リクエストが成功しなかった場合、Amazon FSx はリソースが削除されなかった理由に関する情報を AWS コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、および API に提供します。削除の障害の原因に対処した後、削除リクエストを再試行できます。

削除に失敗した場合の識別

Amazon FSx SVM またはボリュームを削除すると、通常、Amazon FSx コンソール、CLI、および API からリソースが消えるまでの最大数分間、リソースの Lifecycle 状態が DELETING に移行するのを確認できます。

リソースを削除しようと試みたところ、Lifecycle の状態が DELETING から CREATED に戻る場合、この動作はリソースが正常に削除されなかったことを示しています。この場合、Amazon FSx は、CREATED ライフサイクル状態の横のコンソールでアラートアイコンによって報告されます。アラートアイコンを選択すると、次の例に示すように、削除に失敗した理由が表示されます。

Amazon FSx コンソールに表示される、FSx for ONTAP リソースのライフサイクルの CREATED 状態に対するアラートとアラートメッセージの画像。

Amazon FSx が SVM とボリュームの削除を妨げる最も一般的な理由については、以下のセクションで説明します。また、これらの問題を解決する方法について step-by-step も説明します。

SVM 削除: ルートテーブルにアクセスできません

各 FSx for ONTAP ファイルシステムは、1 つ以上のルートテーブルエントリを作成して、アベイラビリティーゾーン間で自動フェイルオーバーとフェイルバックを提供します。デフォルトでは、これらのルートテーブルエントリは VPC のデフォルトルートテーブルに作成されます。オプションで、FSx for ONTAP インターフェイスを作成できる、デフォルト以外のルートテーブルを 1 つまたは複数指定できます。Amazon FSx は、ファイルシステムに関連付けられている各ルートテーブルに「AmazonFSx」タグを付けます。このタグを削除すると、Amazon FSx がリソースを削除できなくなる可能性があります。この状況が発生した場合、次の LifecycleTransitionReason が表示されます。

Amazon FSx is unable to complete the requested storage virtual machine operation because of an inability to access one or more of the route tables associated with your file system. Please contact AWS Support.

Amazon FSx コンソールのファイルシステムのルートテーブルは、ネットワークとセキュリティ タブのファイルシステムの概要ページに移動して見つけることができます。

Amazon FSx コンソールのネットワークとセキュリティタブ。

ルートテーブルリンクをクリックすると、ルートテーブルに移動します。次に、ファイルシステムに関連付けられている各ルートテーブルに、次のキーバリューペアでタグ付けされていることを確認します。

Key: AmazonFSx
Value: ManagedByAmazonFSx
Amazon FSx コンソールのタグパネルには、キーとそれに関連する値が表示されます。

このタグが存在しない場合は、タグを再作成し、SVM を再度削除してください。

SVM 削除: ピアリング関係

ピアリング関係に含まれる SVM またはボリュームを削除する場合は、SVM またはボリュームを削除する前に、まずピアリング関係を削除する必要があります。この要件により、ピアリングされた SVM が異常になるのを防ぎます。ピアリング関係が原因で SVM を削除できない場合は、次の LifecycleTransitionReason が表示されます。

Amazon FSx は SVM ピアリングまたはトランジションピアリング関係の一部であるため、ストレージ仮想マシンを削除できません。関係を削除して再試行してください。

SVM ピアリング関係は ONTAP CLI を使用して削除できます。ONTAP CLI にアクセスするには、ONTAPCLI によるファイルシステムの管理 のステップを実行します。ONTAP CLI を使用して、次のステップを実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、SVM ピアリング関係を確認します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789::> vserver peer show -vserver svm_name

    このコマンドが成功した場合は、以下のような出力が表示されます。

                Peer        Peer                           Peering        Remote
    Vserver     Vserver     State        Peer Cluster      Applications   Vserver
    ----------- ----------- ------------ ----------------- -------------- ---------
    svm_name    test2       peered       FsxId02d81fef0d84734b6
                                                           snapmirror     fsxDest
    svm_name    test3       peered       FsxId02d81fef0d84734b6
                                                           snapmirror     fsxDest
    2 entries were displayed.
  2. 次のコマンドを使用して、SVM ピアリング関係を確認します。svm_name および remote_svm_name を実際の値に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> vserver peer delete -vserver svm_name -peer-vserver remote_svm_name

    このコマンドが成功した場合は、次の出力が表示されます。

    Info: 'vserver peer delete' command is successful.

SVM またはボリュームの削除: SnapMirror

ピアリング関係を持つ SVM を、最初にピアリング関係を削除しないと削除できないのと同様に (「」を参照SVM 削除: ピアリング関係)、 SnapMirror 関係を持つ SnapMirror SVM を、最初に関係を削除しないと削除することはできません。関係を削除するには SnapMirror、ONTAP CLI を使用して、 SnapMirror 関係の宛先であるファイルシステムで次の手順を実行します。ONTAP CLI にアクセスするには、ONTAPCLI によるファイルシステムの管理 のステップを実行します。

注記

Amazon FSx バックアップは、 SnapMirror を使用して point-in-timeファイルシステムのボリュームの増分バックアップを作成します。ONTAP CLI では、バックアップのこの SnapMirror 関係を削除することはできません。ただし、この関係は、 AWS CLI、API、またはコンソールを使用してボリュームを削除すると自動的に削除されます。

  1. 次のコマンドを使用して、宛先ファイルシステム上の SnapMirror 関係を一覧表示します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> snapmirror show -vserver svm_name

    このコマンドが成功した場合は、以下のような出力が表示されます。

    Source            Destination    Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path           State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------    ------- -------------- --------- ------- --------
    sourceSvm:sourceVol
                XDP  destSvm:destVol Snapmirrored 
                                              Idle           -         true    -
  2. 宛先ファイルシステムで次のコマンドを実行して、 SnapMirror 関係を削除します。

    FsxId123456789abcdef::> snapmirror release -destination-path destSvm:destVol -source-path sourceSvm:sourceVol -force true

SVM 削除: Kerberos が有効の LIF

Kerberos が有効な論理的なインターフェイス (LIF) を持つ SVM を削除する場合は、SVM を削除する前に、まずその LIF で Kerberos を無効にする必要があります。

LIF の Kerberos は ONTAP CLI を使用して無効にすることができます。ONTAP CLI にアクセスするには、ONTAPCLI によるファイルシステムの管理 のステップを実行します。

  1. 次のコマンドを使用して ONTAP CLI で診断モードを入力します。

    FsxId123456789abcdef::> set diag

    続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、y を入力します。

    Warning: These diagnostic commands are for use by NetApp personnel only.
    Do you want to continue? {y|n}: y
  2. Kerberos が有効になっているインターフェイスを確認します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> kerberos interface show -vserver svm_name

    このコマンドが成功した場合は、以下のような出力が表示されます。

    (vserver nfs kerberos interface show)
                   Logical
    Vserver        Interface     Address         Kerberos SPN
    -------------- ------------- --------------- -------- -----------------------
    svm_name       nfs_smb_management_1
                                 10.19.153.48    enabled  
    5 entries were displayed.
  3. 次のコマンドを使用して Kerberos LIF を無効にします。svm_name を SVM の名前に置き換えます。この SVM をアクティブディレクトリに接続させるために使用したアクティブディレクトリのユーザーネームとパスワードを入力する必要があります。

    FsxId123456789abcdef::> kerberos interface disable -vserver svm_name -lif nfs_smb_management_1

    このコマンドがした場合は、次の出力が表示されます。この SVM をアクティブディレクトリに接続させるために使用したアクティブディレクトリのユーザーネームとパスワードを入力します。続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、y を入力します。

    (vserver nfs kerberos interface disable)
    Username: admin
    Password: *************
    
    Warning: This command deletes the service principal name from the machine account on the KDC.
    Do you want to continue? {y|n}: y
         
    Disabled Kerberos on LIF "nfs_smb_management_1" in Vserver "svm_name".
  4. 次のコマンドを使用して、SVM で Kerberos が無効であることを確認します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> kerberos interface show -vserver svm_name

    このコマンドが成功した場合は、以下のような出力が表示されます。

    (vserver nfs kerberos interface show)
                   Logical
    Vserver        Interface     Address         Kerberos SPN
    -------------- ------------- --------------- -------- -----------------------
    svm_name       nfs_smb_management_1
                                 10.19.153.48    disabled  
    5 entries were displayed.
  5. インターフェイスが と表示されている場合はdisabled、 AWS CLI、API、またはコンソールから SVM を再度削除してみてください。

    前述のコマンドを使用して LIF を削除できなかった場合は、次のコマンドを使用して Kerberos LIF を強制削除できます。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    重要

    次のコマンドは、アクティブディレクトリ上の SVM のコンピュータオブジェクトを保持できます。

    FsxId123456789abcdef::> kerberos interface disable -vserver svm_name -lif nfs_smb_management_1 -force true

    このコマンドが成功した場合は、以下のような出力が表示されます。続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、y を入力します。

    (vserver nfs kerberos interface disable)
     
    Warning: Kerberos configuration for LIF "nfs_smb_management_1" in Vserver "svm_name" will be deleted.
    The corresponding account on the KDC will not be deleted. Do you want to continue? {y|n}: y

SVM の削除: その他の理由

FSx for ONTAP SVM は、アクティブディレクトリに接続するときにアクティブディレクトリ (AD) にコンピュータオブジェクトを作成します。場合によっては、ONTAP CLI を使用して、Active Directory から SVM を手動で接続を解除することも可能です。ONTAP CLI にアクセスするには、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」のステップに従い、fsxadmin 認証情報でファイルシステムレベルの ONTAP CLI にログインします。ONTAP CLI を使用して、次のステップを実行して Active Directory から SVM の接続を解除します。

重要

この手順では、SVM のコンピュータオブジェクトがアクティブディレクトリ上に取り残される可能性があります。

  1. 次のコマンドを使用して ONTAP CLI でアドバンストモードを開始します。

    FsxId123456789abcdef::> set adv

    このコマンドを実行すると、この出力が表示されます。y を入力して続行します。

    Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when
          directed to do so by NetApp personnel.
          Do you want to continue? {y|n}: y
  2. 次のコマンドを使用して、アクティブディレクトリの DNS を削除します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> vserver services name-service dns dynamic-update record delete -vserver svm_name -lif nfs_smb_management_1
    注記

    DNS レコードがすでに削除されている場合、または DNS サーバーに到達できない場合、このコマンドは失敗します。その場合は、次のステップに進みます。

  3. 次のコマンドを使用して DNS を無効にします。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> vserver services name-service dns dynamic-update modify -vserver svm_name -is-enabled false -use-secure false

    このコマンドが成功した場合は、次の出力が表示されます。

    Warning: DNS updates for Vserver "svm_name" are now disabled.
         Any LIFs that are subsequently modified or deleted
         can result in a stale DNS entry on the DNS server,
         even when DNS updates are enabled again.
  4. アクティブディレクトリからデバイスの接続を解除します。svm_name を SVM の名前に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> vserver cifs delete -vserver svm_name

    このコマンドを実行すると、次の出力が表示されます。CORP.EXAMPLE.COM がドメインの名前に置き換えられています。プロンプトが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力します。サーバーを削除するかどうか尋ねられたら、y を入力します。

    In order to delete an Active Directory machine account for the CIFS server,
    you must supply the name and password of a Windows account with sufficient
    privileges to remove computers from the "CORP.EXAMPLE.COM" domain.
    Enter the user name: admin
    Enter the password:
    Warning: There are one or more shares associated with this CIFS server
         Do you really want to delete this CIFS server and all its shares? {y|n}: y
    Warning: Unable to delete the Active Directory computer account for this CIFS server.
         Do you want to continue with CIFS server deletion anyway? {y|n}: y

ボリュームの削除: FlexCache 関係

最初にキャッシュ FlexCache 関係を削除しない限り、関係のオリジンボリュームであるボリュームを削除することはできません。ONTAP CLI を使用して、関係がある FlexCacheボリュームを確認できます。ONTAP CLI にアクセスするには、ONTAPCLI によるファイルシステムの管理 のステップを実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、 FlexCache 関係を確認します。

    FsxId123456789abcdef::> volume flexcache origin show-caches
  2. 次のコマンドを使用して、キャッシュ関係を削除します。dest_svm_name および dest_vol_name を実際の値に置き換えます。

    FsxId123456789abcdef::> volume flexcache delete -vserver dest_svm_name -volume dest_vol_name
  3. キャッシュ関係を削除したら、 AWS CLI、API、またはコンソールを使用して SVM を再度削除してみてください。