NetApp アプリケーションを使用した FSx for ONTAP リソースの管理 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

NetApp アプリケーションを使用した FSx for ONTAP リソースの管理

AWS Management Console、 AWS CLI、 AWS API および SDKs に加えて、これらの NetApp 管理ツールとアプリケーションを使用して FSx for ONTAP リソースを管理することもできます。

重要

Amazon FSx は定期的に ONTAP と同期して、一貫性を確保します。 NetApp アプリケーションを使用してボリュームを作成または変更する場合、これらの変更が AWS Management Console、API AWS CLI、および SDKs に反映されるまでに数分かかることがあります。

NetApp アカウントにサインアップする

BlueXP SnapCenterや ONTAP ウイルス対策コネクタなどの NetApp ソフトウェアをダウンロードするには、 NetApp アカウントが必要です。 NetApp アカウントにサインアップするには、次のステップを実行します。

  1. NetApp ユーザー登録ページに移動し、新しい NetApp ユーザーアカウントを登録します。

  2. フォームに必要事項を入力します。NetApp 必ず顧客/エンドユーザーのアクセスレベルを選択してください。[シリアル番号] フィールドに、FSx for ONTAP ファイルシステムのファイルシステム ID をコピーして貼り付けます。次の例を参照してください。

    
       NetApp アカウントにサインアップするときに、ユーザーアクセスレベルを選択します。

登録後にできること

既存の NetApp 製品を持つお客様は、NSS アカウントが 1 営業日以内にカスタマーレベルアクセスにレベルアップされます。を初めてご利用になるお客様は、NSS アカウントを顧客レベルアクセスにレベルアップすることに加えて、標準のビジネスプラクティスを使用してオンボーディング NetApp されます。ファイルシステム ID を指定すると、このプロセスを迅速に行えます。NSS アカウントのステータスを確認するには、mysupport.netapp.com にログインし、「ようこそ」ページに移動します。アカウントのアクセスレベルはお客様レベルのアクセスである必要があります。

NetApp BlueXP の使用

NetApp BlueXP は、オンプレミス環境とクラウド環境全体のストレージとデータサービスの管理エクスペリエンスを簡素化する統合コントロールプレーンです。BlueXP は、 およびオンプレミスでの ONTAP デプロイを管理、モニタリング AWS 、および自動化するための一元化されたユーザーインターフェイスを提供します。詳細については、NetApp BlueXP ドキュメントNetApp BlueXP for Amazon FSx for NetApp ONTAP ドキュメントを参照してください。

注記

NetApp BlueXP はスケールアウトファイルシステムではサポートされていません。

BlueXP での NetApp システムマネージャーの使用

BlueXP から直接 System Manager を使用して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムを管理できます。BlueXP では、使い慣れた System Manager インターフェイスを使用できるため、ハイブリッドなマルチクラウドインフラストラクチャを 1 つのコントロールプレーンから管理できます。また、BlueXP の他の機能にもアクセスできます。詳細については、 NetApp ONTAP ドキュメントの「System Manager integration with BlueXP」トピックを参照してください。

注記

NetApp System Manager はスケールアウトファイルシステムではサポートされていません。

NetApp ONTAP CLI の使用

NetApp ONTAP CLI を使用して、Amazon FSx for NetApp ONTAP リソースを管理できます。リソースは、ファイルシステム ( NetApp ONTAP クラスターに類似) レベル、および SVM レベルで管理できます。

NetApp ONTAP CLI を使用したファイルシステムの管理

NetApp ONTAP CLI コマンドは、ONTAP NetApp クラスターで実行する場合と同様に、FSx for ONTAP ファイルシステムで実行できます。ファイルシステムの管理エンドポイントへのセキュアシェル (SSH) 接続を確立して、ファイルシステム上の NetApp ONTAP CLI にアクセスします。ログインするには、ファイルシステムを作成したときに作成した fsxadmin パスワードを使用します。次の図に示すように、ファイルシステムの管理エンドポイント [DNS name] (DNS 名) と [IP address] (IP アドレス) は、Amazon FSx コンソールの FSx for ONTAP ファイルシステムの詳細ページの [Administration] (管理) タブにあります。


      DNS 名と IP アドレスを指す矢印がある FSx for ONTAP コンソールの管理タブ。

SSH を使用してファイルシステムの管理エンドポイントに接続するには、ユーザー fsxadmin と、ファイルシステムの作成時に設定したパスワードを使用します。管理エンドポイントの IP アドレスまたは DNS 名を使用して、ファイルシステムと同じ VPC にあるクライアントからファイルシステムに SSH で接続できます。

ssh fsxadmin@file-system-management-endpoint-ip-address

SSH コマンドとサンプル値:

ssh fsxadmin@198.51.100.0

管理エンドポイント DNS 名を使用する SSH コマンド:

ssh fsxadmin@file-system-management-endpoint-dns-name

サンプル DNS 名を使用した SSH コマンド

ssh fsxadmin@management.fs-abcdef01234567892.fsx.us-east-2.aws.com
Password: fsxadmin-password This is your first recorded login. FsxIdabcdef01234567892::>

fsxadmin ユーザーは、ファイルシステムレベルでビューを持っています。これには、 NetApp ONTAP クラスター管理者と同等のファイルシステム内のすべての SVMs とボリュームが含まれます。ただし、ほとんどの NetApp ONTAP CLI cluster コマンドは実行できません。

NetApp ONTAP CLI を使用した SVMs の管理

SVM の管理エンドポイントへのセキュアシェル (SSH) 接続を確立することで、FSx for ONTAP SVM で ONTAP NetApp CLI コマンドを実行できます。SVM のファイルシステムで作成した fsxadmin ユーザーネームとパスワード、または SVM の作成時に指定した場合は vsadmin ユーザーネームとパスワードを使用できます。SVM の管理エンドポイントの DNS 名IP アドレス は、次の図に示すように、ストレージ仮想マシンの詳細ページの エンドポイント パネルにある Amazon FSx コンソールで確認できます。

ストレージ仮想マシンの詳細ページのエンドポイントパネルには、管理 DNS 名と管理 IP アドレスを指す矢印が表示されます。

SVM の管理エンドポイントに SSH で接続するには、SVM の作成時に設定した vsadmin ユーザーネームと vsadmin パスワードを使用します。vsadmin パスワードを設定していない場合は、ユーザーネーム fsxadmin と fsxadmin のパスワードを使用します。管理エンドポイントの IP アドレスまたは DNS 名を使用して、ファイルシステムと同じ VPC にあるクライアントから SVM に SSH 接続できます。

ssh vsadmin@svm-management-endpoint-ip-address

サンプル値を含むコマンド:

ssh vsadmin@198.51.100.10

管理エンドポイントの DNS 名を使用した SSH コマンド:

ssh vsadmin@svm-management-endpoint-dns-name

サンプル DNS 名を使用した SSH コマンド

ssh vsadmin@management.svm-abcdef01234567892fs-08fc3405e03933af0.fsx.us-east-2.aws.com
Password: vsadmin-password This is your first recorded login. FsxIdabcdef01234567892::>

Amazon FSx for NetApp ONTAP は NetApp ONTAP CLI コマンドをサポートしています。

NetApp ONTAP CLI コマンドの完全なリファレンスについては、「ONTAP コマンド: 手動ページリファレンス」を参照してください。

NetApp ONTAP REST API の使用

fsxadmin ログインで NetApp ONTAP REST API を使用して Amazon FSx for NetApp ONTAP にアクセスする場合は、次のいずれかを実行します。

  • TLS 検証を無効にします。

  • AWS 認証機関 (CAsを信頼する – 各リージョンの CAs の証明書バンドルは、次の URLsにあります。

    • https://fsx-aws-certificates.s3.amazonaws.com/bundle-aws-region .pem for Public AWS リージョン

    • AWS GovCloud リージョンの https://fsx-aws-us-gov-certificates.s3.us-gov-west-1.amazonaws.com/bundle-aws-region.pem

    • AWS 中国リージョン用の https://fsx-aws-cn-certificates.s3.cn-north-1.amazonaws.com.cn/bundle-aws-region.pem

NetApp ONTAP REST API コマンドの完全なリファレンスについては、NetApp 「ONTAP REST API オンラインリファレンス」を参照してください。