自動スナップショットの無効化 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

自動スナップショットの無効化

自動スナップショットは、FSx for ONTAP ファイルシステム内のボリュームのデフォルトのスナップショットポリシーによって有効になります。データのスナップショットが必要ない場合 (テストデータを使用している場合など)、次の手順で説明するように、ボリュームのスナップショットポリシーを 、、API、および CLI を使用して に設定することで、スナップショットを無効にすることができます。 none AWS Management Console AWS CLI ONTAP

  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. [File systems] (ファイルシステム) に移動してボリュームを更新する ONTAP ファイルシステムを選択します。

  3. [Volumes] (ボリューム) タブを選択します。

  4. 更新するボリュームを選択します。

  5. [Action] (アクション) で、[Update volume] (ボリュームの更新) を選択します。

    [Update volume] (ボリュームの更新) ダイアログボックスに、現在のボリューム設定が表示されます。

  6. スナップショットポリシー でなし を選択します。

  7. [Update] (更新) をクリックして、ボリュームを更新します。

  • 次の例に示すように、update-volume AWS CLI コマンド (または同等の UpdateVolume API コマンド) を使用してnone、 を SnapshotPolicy に設定します。

    aws fsx update-volume \ --volume-id fsvol-1234567890abcdefa \ --name new_vol \ --ontap-configuration CopyTagsToBackups=true,JunctionPath=/new_vol, \ SizeInMegabytes=2048,SnapshotPolicy=none, \ StorageEfficiencyEnabled=true, \ TieringPolicy=all

ボリュームのスナップショットポリシーを設定して、noneデフォルトのポリシーを使用して自動スナップショットをオフにします。

  1. volume snapshot policy show ONTAP CLI コマンドを使用してnoneポリシーを表示します。

    ::> snapshot policy show -policy none Vserver: FsxIdabcdef01234567892 Number of Is Policy Name Schedules Enabled Comment ------------------------ --------- ------- ---------------------------------- none 0 false Policy for no automatic snapshots. Schedule Count Prefix SnapMirror Label ---------------------- ----- ---------------------- ------------------- - - - -
  2. volume modify ONTAP ClI コマンドを使用して、ボリュームのスナップショットポリシーを に設定noneし、自動スナップショットを無効にします。次のプレースホルダー値をデータに置き換えます。

    • svm_name — SVM の名前を使用します。

    • vol_name — ボリュームの名前を使用します。

    続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、y を入力します。

    ::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -snapshot-policy none Warning: You are changing the Snapshot policy on volume "vol_name" to "none". Snapshot copies on this volume that do not match any of the prefixes of the new Snapshot policy will not be deleted. However, when the new Snapshot policy takes effect, depending on the new retention count, any existing Snapshot copies that continue to use the same prefixes might be deleted. See the 'volume modify' man page for more information. Do you want to continue? {y|n}: y Volume modify successful on volume vol_name of Vserver svm_name.