ボリューム上の最大ファイル数を増やす - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボリューム上の最大ファイル数を増やす

FSx for ONTAP ボリュームは、使用可能な inode またはファイルポインタの数を使い切ると、ファイル容量が足りなくなることがあります。

ボリューム上のファイルの最大数を増やすには (ONTAP CLI)

volume modify ONTAP CLI コマンドを使用して、ボリューム上のファイルの最大数を増やします。詳細については、 NetApp ONTAPドキュメントセンターのvolume modify「」を参照してください。

  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. ユースケースに応じて、以下のいずれかを実行します。svm_name および vol_name を実際の値に置き換えます。

    • 使用可能なファイル (inode) が常に最大数になるようにボリュームを設定するには、次の手順を実行します。

      1. 次のコマンドを使用して ONTAP CLI でアドバンストモードを開始します。

        ::> set adv
      2. このコマンドを実行すると、この出力が表示されます。y を入力して続行します。

        Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel. Do you want to continue? {y|n}: y
      3. ボリューム上のファイルの最大数を常に使用するには、次のコマンドを入力します。

        ::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -files-set-maximum true
    • ボリュームで許可されるファイルの総数を max_number_files = (current_size_of_volume) × (1 file ÷ 4 KiB) を使用して手動で指定するには、使用可能な最大値である 20 億まで次のコマンドを使用します。

      ::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -files max_number_files