NetApp CLI を使用した SVM アクティブディレクトリ設定の管理 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

NetApp CLI を使用した SVM アクティブディレクトリ設定の管理

NetApp ONTAP CLI を使用して、SVM をアクティブディレクトリに接続および接続解除したり、既存の SVM アクティブディレクトリ設定を変更したりできます。

ONTAP CLI を使用して SVM をアクティブディレクトリに接続する

次の手順で説明するように、ONTAP CLI を使用して既存の SVMs をアクティブディレクトリに接続できます。これは、SVM がすでにアクティブディレクトリに参加している場合でも実行できます。

  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. 完全なディレクトリ DNS 名 (corp.example.com) と少なくとも 1 つの DNS サーバーの IP アドレスを指定して、Active Directory の DNS エントリを作成します。

    ::>vserver services name-service dns create -vserver svm_name -domains corp.example.com -name-servers dns_ip_1, dns_ip_2

    DNS サーバーへの接続を検証するには、次のコマンドを実行します。svm_name を自分の情報に置き換えます。

    FsxId0ae30e5b7f1a50b6a::>vserver services name-service dns check -vserver svm_name Name Server Vserver Name Server Status Status Details ------------- --------------- ------------ -------------------------- svm_name 172.31.14.245 up Response time (msec): 0 svm_name 172.31.25.207 up Response time (msec): 1 2 entries were displayed.
  3. SVM を Active Directory に参加させるには、次のコマンドを実行します。アクティブディレクトリにまだ存在しない computer_name を指定し、-domain のディレクトリ DNS 名を指定する必要があることに注意してください。-OU には、SVM を参加させる OU と、DC 形式の完全な DNS 名を入力します。

    ::>vserver cifs create -vserver svm_name -cifs-server computer_name -domain corp.example.com -OU OU=Computers,OU=example,DC=corp,DC=example,DC=com

    Active Directory 接続のステータスを確認するには、次のコマンドを実行します。

    ::>vserver cifs check -vserver svm_name Vserver : svm_name Cifs NetBIOS Name : svm_netBIOS_name Cifs Status : Running Site : Default-First-Site-Name Node Name DC Server Name DC Server IP Status Status Details --------------- -------------- --------------- ------ -------------- FsxId0ae30e5b7f1a50b6a-01 corp.example.com 172.31.14.245 up Response time (msec): 5 FsxId0ae30e5b7f1a50b6a-02 corp.example.com 172.31.14.245 up Response time (msec): 20 2 entries were displayed.
  4. この参加後に共有にアクセスできない場合は、共有にアクセスするために使用しているアカウントにアクセス許可が付与されていることを確認してください。例えば、 AWS マネージド Active Directory でデフォルトAdminアカウント (委任管理者) を使用している場合は、ONTAP で次のコマンドを実行する必要があります。netbios_domain は Active Directory のドメイン名に対応します (corp.example.com の場合、ここで使用される netbios_domainexample です)。

    FsxId0123456789a::>vserver cifs users-and-groups local-group add-members -vserver svm_name -group-name BUILTIN\Administrators -member-names netbios_domain\admin

ONTAP CLI を使用してアクティブディレクトリの設定を変更する

ONTAP CLI を使用して、既存の Active Directory 設定を変更できます。


  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. 次のコマンドを実行して、SVM の CIFS サーバーを一時的に停止します。


    FsxId0123456789a::>vserver cifs modify -vserver svm_name -status-admin down
  3. Active Directory の DNS エントリを変更する必要がある場合は、次のコマンドを実行します。


    ::>vserver services name-service dns modify -vserver svm_name -domains corp.example.com -name-servers dns_ip_1,dns_ip_2

    vserver services name-service dns check -vserver svm_name コマンドを使用して、Active Directory の DNS サーバーへの接続ステータスを検証できます。

    ::>vserver services name-service dns check -vserver svm_name Name Server Vserver Name Server Status Status Details ------------- --------------- ------------ -------------------------- svmciad dns_ip_1 up Response time (msec): 1 svmciad dns_ip_2 up Response time (msec): 1 2 entries were displayed.
  4. Active Directory の設定自体を変更する必要がある場合は、次のコマンドを使用して既存のフィールドを変更できます。

    • computer_name (SVM の NetBIOS (マシンアカウント) 名を変更する場合)。

    • domain_name (ドメインの名前を変更する場合)。これは、このセクションのステップ 3 に記載されている DNS ドメインエントリに対応している必要があります (corp.example.com)。

    • organizational_unit (OU (OU=Computers,OU=example,DC=corp,DC=example,DC=com) を変更する場合)。

    このデバイスを Active Directory に参加させるために使用した Active Directory 認証情報を再入力する必要があります。

    ::>vserver cifs modify -vserver svm_name -cifs-server computer_name -domain domain_name -OU organizational_unit

    vserver cifs check -vserver svm_name コマンドを使用して、Active Directory 接続の接続ステータスを確認できます。

  5. Active Directory と DNS の設定の変更が完了したら、次のコマンドを実行して CIFS サーバーをバックアップします。

    ::>vserver cifs modify -vserver svm_name -status-admin up

NetApp ONTAP CLI を使用して SVM からアクティブディレクトリの接続を解除する

NetApp ONTAP CLI は、以下の手順に従って SVM をアクティブディレクトリから接続解除するためにも使用できます。

  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. 次のコマンドを実行して、Active Directory からデバイスの接続を解除した CIFS サーバーを削除します。ONTAP が SVM のマシンアカウントを削除するには、SVM をアクティブディレクトリに接続させるために最初に使用した認証情報を指定します。

    FsxId0123456789a::>vserver cifs modify -vserver svm_name -status-admin down
  3. Active Directory の DNS エントリを変更する必要がある場合は、次のコマンドを実行します。


    FsxId0123456789a::vserver cifs delete -vserver svm_name In order to delete an Active Directory machine account for the CIFS server, you must supply the name and password of a Windows account with sufficient privileges to remove computers from the "CORP.ADEXAMPLE.COM" domain. Enter the user name: user_name Enter the password: Warning: There are one or more shares associated with this CIFS server Do you really want to delete this CIFS server and all its shares? {y|n}: y
  4. 次のコマンドを実行して、Active Directory の DNS サーバーを削除します。

    ::vserver services name-service dns delete -vserver svm_name

    を として削除dnsする必要があることを示す次のような警告が表示されns-switch、このデバイスを Active Directory に再結合する予定がない場合は、ns-switchエントリを削除できます。

    Warning: "DNS" is present as one of the sources in one or more ns-switch databases but no valid DNS configuration was found for Vserver "svm_name". Remove "DNS" from ns-switch using the "vserver services name-service ns-switch" command. Configuring "DNS" as a source in the ns-switch setting when there is no valid configuration can cause protocol access issues.
  5. (オプション) 以下のコマンドを実行して、dnsns-switch エントリを削除します。ソースの順序を確認し、リストされている他のソースのみが含まれるように sources を変更して、hosts データベースの dns エントリを削除します。この例では、他のソースは files のみです。

    ::>vserver services name-service ns-switch show -vserver svm_name -database hosts Vserver: svm_name Name Service Switch Database: hosts Name Service Source Order: files, dns
    ::>vserver services name-service ns-switch modify -vserver svm_name -database hosts -sources files
  6. (オプション) データベースホストが files のみを含むように sources を変更して dns エントリを削除します。

    ::>vserver services name-service ns-switch modify -vserver svm_name -database hosts -sources files