ボリュームのストレージ容量の更新 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボリュームのストレージ容量の更新

ボリュームストレージ容量は、、、 API AWS Management Console、 AWS CLI および ONTAP CLI を使用して、ボリュームサイズを手動で増減することで管理できます。ボリュームの自動サイズ設定を有効にすることで、使用済みストレージ容量のしきい値に達すると、ボリュームサイズが自動的に拡大または縮小されます。ONTAP CLI を使用してボリュームの自動サイズ設定を管理します。

ボリュームのストレージ容量を変更するには (コンソール)
  • Amazon FSx コンソール、および API を使用して AWS CLI、ボリュームのストレージ容量を増減できます。詳細については、「ボリュームの更新」を参照してください。

CLI ONTAP を使用して、 volume modify コマンドを使用してボリュームのストレージ容量を変更することもできます。

ボリュームのサイズを変更するには (ONTAP CLI)
  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. volume modify ONTAP CLI コマンドを使用して、ボリュームのストレージ容量を変更します。次の値の代わりにデータを使用して、次のコマンドを実行します。

    • svm_name をボリュームが作成されているストレージ仮想マシン (SVM) の名前に置き換えます。

    • を、サイズを変更するボリュームの名前vol_nameに置き換えます。

    • vol_sizeinteger[KB|MB|GB|TB|PB] 形式のボリュームの新しいサイズに置き換えます。(例えば、ボリュームサイズを 100 ギガバイトに増やすには 100GB です)。

    ::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -size vol_size