ネットワーク問題のトラブルシューティング - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ネットワーク問題のトラブルシューティング

ネットワークに問題がある場合は、こちらに示す手順を使用することで問題を診断できます。

パケットトレースをキャプチャしたい

パケットトレースとは、レイヤーから宛先までのパケットのパスを検証するプロセスのことです。パケットトレースプロセスは、次の NetApp ONTAP CLI コマンドを使用して制御します。

  • network tcpdump start — パケットトレースを開始します

  • network tcpdump show — 現在実行しているパケットトレースを表示します

  • network tcpdump stop — 実行しているパケットトレースを停止します

これらのコマンドは、ファイルシステム上で fsxadmin のロールを持つユーザーが使用できます。

ファイルシステムからパケットトレースをキャプチャするには
  1. ファイルシステムの NetApp ONTAP CLI に SSH 接続するには、「Amazon FSx for NetApp ONTAP ユーザーガイド」のNetApp ONTAP CLI の使用「」セクションに記載されているステップに従います。

    ssh fsxadmin@file-system-management-endpoint-ip-address
  2. 次のコマンドを使用して、ONTAP CLI に診断特権レベルを入力します。

    ::> set diag

    続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、y を入力します。

    Warning: These diagnostic commands are for use by NetApp personnel only.
    Do you want to continue? {y|n}: y
  3. パケットトレースを保存するファイルシステムの場所を特定します。ボリュームはオンラインでなければなりません。また、有効なジャンクションパスを使って名前空間にマウントされている必要があります。この基準を満たしているボリュームを、次のコマンドを使用してチェックします。

    ::*> volume show -junction-path !- -fields junction-path vserver volume junction-path ------- --------- ------------- fsx test_vol1 /test_vol1 fsx test_vol2 /test_vol2 fsx test_vol2 /test_vol3
  4. 最低限必要な引数でトレースを開始します。以下に置き換えます:

    • node_name をノードの名前 (例: ) に置き換えますFsxId01234567890abcdef-01

    • svm_name をストレージ仮想マシンの名前 (例: ) に置き換えますfsx

    • Jump_path_name をボリュームの名前 (例: ) に置き換えますtest-vol1

    ::*> debug network tcpdump start -node node_name -ipspace Default -pass-through "-i e0e -w /clus/svm_name/junction_path_name" Info: Started network trace on interface "e0e" Warning: Snapshots should be disabled on the tcpdump destination volume while packet traces are occurring. Use the "volume modify -snapshot-policy none -vserver fsx -volume test_vol1" command to disable Snapshots on the tcpdump destination volume.
    重要

    パケットトレースをキャプチャできるのは、e0e インターフェイスと Default IP スペースでのみです。FSx for ONTAP では、すべてのネットワークトラフィックが e0e インターフェイスを使用します。

    パケットトレースを使用するときは、次の点に注意します。

    • パケットトレースを開始するときは、トレースファイルを保存する場所へのパスを /clus/svm_name / の形式で含める必要があります。junction-path-name

    • オプションで、パケットトレースのファイル名を指定します。filter_name が指定されていない場合は、node-name _port-name _yyyymmdd_hhmmss .trc という形式で自動的に生成されます。

    • ローリングトレースが指定されている場合、ローテーションシーケンス内の位置を示す番号がファイル名の末尾に付きます。

    • ONTAP CLIは、次のオプションの -pass-through 引数も受け入れます。

      -B, --buffer-size=<KiB> -c <number_of_packets> -C <file_size-mB> -F <filter_expression_filename> -G <rotate_seconds> --time-stamp-precision {micro|nano} -Q, --direction {in|out|inout} -s, --snapshot-length=<bytes> -U, --packet-buffered -W <rotate_file_count> <filter-expression>
    • フィルタ式の詳細については、「pcap-filter(7) man page」を参照してください。

  5. 実行中のトレースを表示します。

    ::*> debug network tcpdump show Node IPspace Port Filename ----------------------- -------- -------- -------- FsxId123456789abcdef-01 Default e0e /clus/fsx/test_vol1/FsxId123456789abcdef-01_e0e_20230605_181451.trc
  6. トレースを停止します。

    ::*> debug network tcpdump stop -node FsxId123456789abcdef-01 -ipspace Default -port e0e Info: Stopped network trace on interface "e0e"
  7. 管理者権限レベルに戻します。

    ::*> set -priv admin ::>
  8. パケットトレースにアクセスします。

    パケットトレースは、debug network tcpdump start コマンドを使用して指定したボリュームに保存され、NFS エクスポートまたはそのボリュームに対応する SMB 共有を介してアクセスすることができます。

パケットトレースのキャプチャの詳細については、「 NetApp ナレッジベース」の「ONTAP 9.10+ でデバッグネットワーク tcpdump を使用する方法」を参照してください。