を使用したスケジュールされたレプリケーション NetApp SnapMirror - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用したスケジュールされたレプリケーション NetApp SnapMirror

を使用して NetApp SnapMirror 、2 番目のファイルシステムとの間で FSx for ONTAP ファイルシステムの定期的なレプリケーションをスケジュールできます。この機能は、リージョン内とクロスリージョンデプロイの両方で使用できます。

NetApp SnapMirror はデータを高速でレプリケートするため、 の 2 つの Amazon FSx ファイルシステム間、またはオンプレミスから へレプリケートする場合にも AWS、ONTAP システム間で高いデータ可用性と高速データレプリケーションを実現できます AWS。レプリケーションは 5 分ごとにスケジュールできますが、RPO (目標復旧時点)、RTO (目標復旧時間)、パフォーマンスに関する考慮事項に基づいて間隔を慎重に選択する必要があります。

データを NetApp ストレージシステムにレプリケートし、セカンダリデータを継続的に更新すると、データは最新の状態に保たれ、必要なときにいつでも利用可能な状態に保たれます。外部レプリケーションサーバーは必要ありません。を使用してデータをレプリケート NetApp SnapMirror する方法の詳細については、NetApp BlueXP ドキュメント「レプリケーションサービスについて学ぶ」を参照してください。

NetApp ONTAP CLI および REST API に加えて、Amazon FSx コンソール、 AWS CLI、および Amazon FSx API を使用して、 の NetApp SnapMirrorデータ保護 (DP) 送信先ボリュームを作成できます。Amazon FSx コンソールと を使用して送信先ボリュームを作成する方法については AWS CLI、「」を参照してくださいボリュームの作成

NetApp BlueXP または NetApp ONTAP CLI を使用して、ファイルシステムのレプリケーションをスケジュールできます。

注記

SnapMirror レプリケーションには次の 2 つのタイプがあります。ボリュームレベル SnapMirror と SVM ディザスタリカバリ(SVMDR)。FSx for ONTAP では、ボリュームレベルの SnapMirror レプリケーションのみがサポートされています。

NetApp BlueXP を使用してレプリケーションをスケジュールする

NetApp BlueXP を使用して、FSx for ONTAP ファイルシステムで SnapMirror とのレプリケーションを設定できます。詳細については、「BlueXP ドキュメント」の「システム間でのデータのレプリケーション」を参照してください。 NetApp BlueXP

NetApp ONTAP CLI を使用してレプリケーションをスケジュールする

NetApp ONTAP CLI を使用して、スケジュールされたボリュームレプリケーションを設定できます。詳細については、NetApp ONTAP ドキュメントセンター SnapMirror 「ボリュームレプリケーションの管理」を参照してください。